Chrome で同期のオンとオフを切り替える

Google アカウントに情報を保存するには、同期をオンにします。

同期をオンにした場合

  • すべてのデバイスで同期された情報(ブックマーク、履歴、パスワード、その他の設定)を表示し、更新することができます。
  • Gmail、YouTube、検索などの Google サービスを利用する際に、自動的にログインした状態になります。同期をオンにする前にログインしていた場合は、ログインした状態のままになります。
  • スマートフォンを紛失した場合や新しいノートパソコンを入手した場合など、デバイスが変わっても、同期された情報を以前と同じように利用できます。
  • ウェブとアプリのアクティビティを有効にしている場合は、Chrome の履歴を使用して、他の Google サービスを自分に合った設定で利用できます。
  • Google アカウントで年齢と性別を宣言している場合、Chrome ではすべてのユーザー層により適したサービスを構築する目的で、年齢と性別の情報が Google の統計情報と組み合わせられることがあります。この情報は集計された形式でのみ使用されます。

重要: Chrome の同期をオンにするのは所有しているデバイスのみにしてください。公共のパソコンを使用する場合は、代わりにゲストモードを使用します。

Chrome のプライバシー ポリシーについての記事をご覧ください。

ログインして同期をオンにする

同期をオンにするには Google アカウントが必要です。

  1. Android スマートフォンまたはタブレットで Chrome アプリ Chrome を開きます。
  2. アドレスバーの右にあるその他アイコン その他 次に [設定] 次に [同期を有効にする] をタップします。
  3. 使用するアカウントを選択します。
  4. 同期をオンにするには [有効にする] をタップします。

ログアウトして同期をオフにする

ログアウトして同期をオフにした後も、ブックマーク、履歴、パスワード、その他の設定はデバイスで引き続き使用できます。

  1. Android スマートフォンまたはタブレットで Chrome アプリ Chrome を開きます。
  2. アドレスバーの右のその他アイコン その他 次に [設定] をタップします。
  3. 名前をタップします。
  4. [ログアウトして同期をオフにする] をタップします。
    • 同期をオフにしてログアウトすると、Gmail などの他の Google サービスからもログアウトします。
    • 同期をオンにしなくても、再度ログインできます。

関連記事

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
true
237
false