サードパーティのログインについての詳細

サードパーティのログインはフェデレーション ログインの一種で、アクセスするウェブサイトごとに固有のログイン認証情報を作成する代わりに、アカウント管理サービスを使用してログインできます。サードパーティのログイン メッセージを許可すると、ウェブの閲覧中にアカウント管理サービスを使用してログインするかどうかを尋ねるダイアログが表示されることがあります。

Chrome では、任意のアカウント管理サービスを使用してウェブサイトにログインできます。アカウント管理サービスはユーザーの許可に基づき、ログイン情報と ID をウェブ上で保存、管理します。

サードパーティのログイン メッセージを管理する

サードパーティのログイン メッセージの設定を選択するには:

  1. パソコンで Chrome を開きます。
  2. 右上のその他アイコン 整理 次に [設定] をクリックします。
  3. 左側の [プライバシーとセキュリティ] 次に [サイトの設定] をクリックします。
  4. [コンテンツ] で [その他のコンテンツの設定] 次に [サードパーティのログイン] をクリックします。
  5. 設定を選択します。
    • サイトで ID サービスからのログイン メッセージを表示できるようにする
    • ID サービスからのログイン メッセージをブロックする

ヒント: この機能をブロックすると、ID サービスを使用してログインするためのネイティブ メッセージは表示されませんが、アクセス先のウェブサイトや ID サービスによって同様のメッセージが表示される場合があります。また、通常のログインボタンやユーザー名とパスワードを使用して ID サービスにログインすることは可能です。

関連リソース

この情報は役に立ちましたか?

改善できる点がありましたらお聞かせください。
パソコン Android
検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー