現在地情報を共有する

サイトに現在地情報の取得を許可すると、そのサイトをさらに活用できる可能性があります。たとえば、現在地情報を共有すると、近くの飲食店などをよりすばやく見つけることができます。

サイトに現在地情報の取得を許可する

デフォルトでは、サイトが現在地情報をリクエストしている場合に確認のメッセージが表示されます。サイトに現在地情報の取得を許可するには、[許可] を選択します。現在地情報を共有するにあたっては、サイトのプライバシー ポリシーをご確認ください。

スマートフォンで既定の検索エンジンに Google を使用している場合、Google 検索ではデフォルトで現在地情報が使用されます。

デフォルトの現在地設定を変更する

  1. Android スマートフォンまたはタブレットで Chrome アプリ Chrome を開きます。
  2. アドレスバーの右側で、その他アイコン 詳細 次に [設定] の順にタップします。
  3. [サイトの設定] 次に [現在地] の順にタップします。
  4. [位置情報] をオンまたはオフにします。

特定のサイトに対して設定を変更するには、下に表示されるサイト名をタップします。

Google が現在地情報にアクセスできるかどうかを変更する

Google を既定の検索エンジンに設定している場合は、アドレスバーでの検索や Google 検索で現在地情報が使用されます。

検索で自分の現在地が使用されないようにするには:

  1. Android スマートフォンまたはタブレットで Chrome アプリ Chrome を開きます。
  2. Google 検索ページ(google.co.jp)にアクセスします。
  3. ウェブアドレスの左にある鍵 保護 をタップします。
  4. [サイトの設定] 次に [現在地情報へのアクセス] をタップします。
  5. [現在の検索エンジンをブロックする] を選択します。

Chrome で現在地が共有される仕組み

Chrome に対してサイトとの現在地情報の共有を許可すると、現在地の推定に必要な情報が Chrome から Google 位置情報サービスに送信されます。現在地が推定されると、Chrome と現在地情報をリクエストしているサイトとの間で、情報の共有が可能になります。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。