検索
検索をクリア
検索終了
Google アプリ
メインメニュー

Chrome で現在地を共有する

サイトに現在地の取得を許可すると、そのサイトをさらに活用できる可能性があります。たとえば、現在地を共有している場合、Google マップで近くのレストランをすばやく見つけることができます。

サイトから現在地の取得がリクエストされると、Chrome 上にメッセージが表示されます。現在地情報の取得を許可するサイトを指定することもできます。

現在地の共有設定を管理する

パソコンの場合
  1. パソコンで Chrome を開きます。
  2. 右上のオプション アイコン その他 次へ [設定] をクリックします。
  3. 一番下にある [詳細設定を表示] をクリックします。
  4. [プライバシー] で [コンテンツの設定] をクリックします。
  5. 表示されるダイアログで、[現在地] セクションまで下にスクロールします。現在地の取得が今後リクエストされたときの既定の許可設定を選択します。
    • すべてのサイトに対して自分の物理的な現在地の追跡を許可する: すべてのサイトに対して現在地の取得を自動的に許可する場合は、このオプションを選択します。
    • サイトがあなたの物理的な現在地を追跡しようとしたときに確認する: サイトから現在地の取得がリクエストされるたびに Google Chrome でアラートが表示されるようにする場合は、このオプションを選択します。
    • すべてのサイトに対して自分の物理的な現在地の追跡を許可しない: 現在地の取得リクエストを自動的に拒否する場合は、このオプションを選択します。
  6. 以前に特定のサイトに付与した権限を削除するには、[例外を管理する] をクリックします。

会社や学校で Chrome 搭載デバイス端末をお使いの場合、既にネットワーク管理者が現在地に関する設定を行っていることがあります。その場合、この設定は変更できません。管理されている Chrome 搭載デバイスの使用について

Android 搭載端末の場合
  1. Android 搭載端末で、Google Chrome アプリ Chrome アプリ を開きます。
  2. オプション アイコン その他 次へ [設定] をタップします。
  3. [サイトの設定] 次へ [現在地] をタップします。
  4. 画面の上部にある青色のスライダーを使用して、現在地が取得される前に Chrome で確認のメッセージが表示されるようにするか、それとも、すべてのサイトで現在地を取得できないようブロックするかを指定します。
  5. 特定のブロックされたサイトや許可されたサイトをタップすると、例外を管理できます。
iPhone または iPad の場合
  1. 設定アプリを開きます。
  2. リストから、Chrome のアイコン Chrome アプリ をタップします。
  3. [現在地] をタップします。
  4. Chrome で現在地の取得が一切行われないようにするか、それとも、アプリの使用時にのみ Chrome に現在地の取得を許可するかを選択します。

現在地についての詳細

現在地に関するプライバシー

Google Chrome では、ユーザーの許可なく現在地が共有されることはありません。既定では、現在地の取得をリクエストするサイトを開くと、ページの上部にメッセージが表示されます。

現在地がサイトと共有されるのは、[許可] を選択した場合のみです。

以前に特定のサイトに付与した権限を削除する場合は、例外の管理についての説明をご覧ください。

Chrome で現在地が取得される仕組み

Google Chrome とサイトの間での現在地の共有を許可すると、Chrome から Google 位置情報サービスに、現在地の推定に必要な情報が送信されます。現在地が推定されると、Chrome は現在地の取得をリクエストしたサイトとの間で、その情報を共有することができます。

注: ウェブサイトと現在地を共有するにあたっては、そのサイトのプライバシー ポリシーを確認してください。

このページを作成した Google Chrome のエキスパートに下からフィードバックを送信し、この記事の改善にご協力ください。

この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。