Chrome でプラグインを使用する

プラグインをインストールすると、Chrome では Flash アニメーションや PDF、Windows Media ファイルを表示できるようになるなど、より多くの機能を使えるようになります。また、一部の動画ファイルや一部の音声ファイルは動作が向上します。

サポート対象のプラグイン

プラグインの動作はご利用のオペレーティング システムによって異なります。

  • Linux: Pepper API プラグインがサポートされます。
  • Mac: 一般的なプラグインのほとんどがサポートされます。
  • Windows 7 / Vista / XP: 一般的なプラグインのほとんどがサポートされます。
  • Windows 8: Chrome を Windows 8 アプリとして実行する場合、Pepper API を使用するプラグイン(Flash、ネイティブ クライアント、Chrome PDF ビューアなど)のみが機能します。詳しくは、プラグイン フリー閲覧を準備する(Microsoft の記事)をご覧ください。
  • Chromebook: Adobe Flash Player、Google トーク プラグイン、PDF ビューアがサポートされます。

注: ブラウザの拡張機能とプラグインは少し異なります。ブラウザの拡張機能の仕組みをご覧ください。

プラグインの実行またはブロックを指定する

ウェブページにプラグインを使用するコンテンツがある場合、Chrome ではそのプラグインにセキュリティ リスクがない限り、既定でそのプラグインが使用されるようになっています。

期限切れのプラグインや、多くのプログラムで使用されていないプラグインは自動的にブロックされます。また、いつでも手動でプラグインをブロックできます。

  1. Chrome メニュー Chrome menu をクリックします。
  2. [設定] > [詳細設定を表示] の順にクリックします。
  3. [プライバシー] セクションで [コンテンツの設定] をクリックします。
  4. [プラグイン] セクションで次のいずれかの項目を選択します。
    • プラグイン コンテンツをすべて実行する(推奨): すべてのプラグインを実行します。
    • 重要なプラグイン コンテンツを検出して実行する: ウェブサイトのメインのプラグイン コンテンツを実行します。
    • プラグイン コンテンツをいつ実行するかを選択する: プラグインを自動実行せず、プラグインを右クリックして [このプラグインを実行する] を選択したときだけそのプラグインを実行するようにします。

特定のウェブサイトに限定してプラグインを許可するには、[例外の管理] をクリックします。

注: [プラグイン] ページを表示するには、[コンテンツの設定] ダイアログの [プラグイン] セクションで [プラグインを個別に管理] をクリックする方法もあります。

特定のプラグインを有効または無効にする

特定のプラグインをいつでも有効または無効にできます。

プラグインを有効にする

  1. 「chrome://plugins/」でプラグイン ページを開きます。
  2. 使用するプラグインの横の [有効にする] をクリックします。

プラグインを無効にする

  1. 「chrome://plugins/」でプラグイン ページを開きます。
  2. 無効にするプラグインを探して [無効にする] をクリックします。

注: 無効にしたプラグインを使用しているページにアクセスすると、そのページの動画や音声は再生されず、プラグインが無効であるというメッセージが表示されます。

職場や学校のデバイスでプラグインを使用する

Chrome を職場や学校のパソコンで使用している場合(携帯端末も含みます)、Chrome プラグインへの対応についてはネットワーク管理者に問い合わせることをおすすめします。

プラグインの問題を解決する

プラグインが正常に機能しないかクラッシュする場合は、問題解決の手順を行ってみてください。

この記事はどの程度役に立ちましたか?

フィードバックが記録されました。ご協力ありがとうございました。
  • まったく役立たなかった
  • あまり役立たなかった
  • まあまあ役立った
  • かなり役立った
  • とても役立った