Chrome でプラグインを使用する

Chrome でプラグインを有効にすると、Chrome に機能が追加され、Flash アニメーションを表示したり PDF を表示したりできるようになります。また、プラグインにより、一部の動画ファイルや音声ファイルはより高度な方法で再生できるようになります。

使用できるプラグイン

Chrome には、Adobe Flash や PDF ビューアなどいくつかのプラグインが付属しています。これらのプラグインは、Chrome をサポートするすべてのデスクトップ オペレーティング システムで動作します。

Chrome では NPAPI プラグインがサポートされなくなったため、Silverlight、Java、Unity など一部のプラグインは Chrome で動作しません。

注: ブラウザの拡張機能とプラグインは少し異なります。ブラウザの拡張機能の仕組みをご覧ください。

プラグインの実行またはブロックを指定する

ウェブページにプラグインを使用するコンテンツがある場合、Chrome ではそのプラグインにセキュリティ リスクがない限り、既定でそのプラグインが使用されるようになっています。

期限切れのプラグインや、多くのプログラムで使用されていないプラグインは自動的にブロックされます。また、いつでも手動でプラグインをブロックできます。

  1. Chrome メニュー Chrome menu をクリックします。
  2. [設定] > [詳細設定を表示] の順にクリックします。
  3. [プライバシー] セクションで [コンテンツの設定] をクリックします。
  4. [プラグイン] セクションで次のいずれかを選択します。
    • プラグイン コンテンツをすべて実行する(推奨): すべてのプラグインを実行します。
    • 重要なプラグイン コンテンツを検出して実行する: ウェブサイトのメインのプラグイン コンテンツを実行します。
    • プラグイン コンテンツをいつ実行するかを選択する: プラグインを自動実行せず、プラグインを右クリックして [このプラグインを実行する] を選択したときだけそのプラグインを実行するようにします。

特定のウェブサイトに限定してプラグインを許可するには、[例外の管理] をクリックします。

注: [プラグイン] ページを表示するには、[コンテンツの設定] ダイアログの [プラグイン] セクションで [プラグインを個別に管理] をクリックする方法もあります。

特定のプラグインを有効または無効にする

特定のプラグインをいつでも有効または無効にできます。

プラグインを有効にする

  1. 「chrome://plugins/」でプラグイン ページを開きます。
  2. 使用するプラグインの横の [有効にする] をクリックします。

プラグインを無効にする

  1. 「chrome://plugins/」でプラグイン ページを開きます。
  2. 無効にするプラグインを探して [無効にする] をクリックします。

注: 無効にしたプラグインを使用しているページにアクセスすると、そのページの動画や音声は再生されず、プラグインが無効であるというメッセージが表示されます。

職場や学校のデバイスでプラグインを使用する

Chrome を職場や学校のパソコンで使用している場合(携帯端末も含みます)、Chrome プラグインへの対応についてはネットワーク管理者に問い合わせることをおすすめします。

プラグインのクラッシュ

ページ上部に「次のプラグインがクラッシュしました...」というメッセージが表示されるか、broken plugin アイコンが表示される場合は、表示中のページで使用されているプラグインが応答しなくなったか予期せず終了したことを意味します。この場合の対処としては、プラグインが自動的に再起動するのを待つか、手動でプロセスを強制終了します。問題を解決するには、ウェブページの再読み込みをお試しください。

このページを作成した Google Chrome のエキスパートへ、このページに関するご意見やご感想をお知らせください。

この記事は役に立ちましたか?