ウェブページの読み込みを高速化する

Google Chrome に対してリンクを事前レンダリング(事前読み込み)するよう指示すると、ウェブページをより速く表示できます。このとき、Google Chrome では、ユーザーがクリックする可能性のあるリンクが予測され、すぐ表示できるよう準備が行われます。

例:

  • ブログを閲覧しているユーザーは、記事を読み終わると「次の記事」をクリックする可能性があります。そのため、ブログでは Google Chrome に対し、「次の記事」を事前読み込みするよう指示することができます。そうすると、ユーザーがクリックしたときにページがすぐに表示されるようになります。
  • ユーザーがアドレスバーにウェブアドレスを入力し始めると、Chrome は、パソコンに保存されている履歴を基にアクセスしそうなページを特定し、そのページの事前レンダリングを始めます。その結果、Enter キーを押したときにそのページがよりすばやく表示されるようになります。
Google のインスタント ページ検索機能には、Chrome の事前レンダリング技術が使用されています。

ネットワーク動作の予測を有効にする

パソコンの場合

  1. ブラウザ ウィンドウの右上にある Chrome メニュー アイコン Chrome menu をクリックします。
  2. [設定] を選択します。
  3. ページの一番下で、[詳細設定を表示] をクリックします。
  4. [プライバシー] で [リソースをプリフェッチしてページをより迅速に読み込む] をオンにします。この指定を取り消す場合は、チェックボックスをオフにします。

Android 搭載端末の場合

  1. Chrome メニュー > [設定] をタップします。
  2. [詳細設定] で [プライバシー] をタップします。
  3. [ネットワーク操作の予測] をタップします。
  4. 次のいずれかのオプションを選択します。
    • 常時: モバイルデータの使用時にもウェブページのプリロードを有効にします。これにより、携帯端末のデータ使用量が大幅に増える可能性があります。データ使用量の節約について
    • Wi-Fi 接続時のみ(デフォルト): Wi-Fi ネットワークに接続している場合にのみ、ウェブページのプリロードを有効にします。
    • 許可しない: ウェブページのプリロードは行われません。

Cookie についての注意事項

Chrome でこの設定を有効にした場合、事前レンダリングまたは事前取得が行われるウェブサイト(とそのサイトに埋め込まれているリソース)では、ユーザーが最終的にアクセスしなかったとしても Cookie が設定されることがあり、そうして設定された Cookie が読み取られてアクセス済みと認識されることがあります。

ウェブ デベロッパー向けの関連情報: 事前レンダリングと事前取得の技術について詳しくは、ウェブ デベロッパー向けの Chrome の事前レンダリングに関するガイドをご覧ください。

このページを作成した Google Chrome のエキスパートへ、このページに関するご意見やご感想をお知らせください。

この記事は役に立ちましたか?