Chrome でパスキーを管理する

パスキーを使用すると、指紋認証や顔認証、画面ロックと同じように、簡単で安全にログインできます。Google アカウントと使用するすべてのサイトやアプリに、パスワードなしですばやく安全にログインできるので便利です。アカウントのセキュリティを強化するため、パスキーを使用してウェブサイトにログインするか、パスキーを作成するよう求められることがあります。

詳しくは、パスワードの代わりにパスキーでログインするをご覧ください。

ヒント: パスキーは業界基準に基づいて作成されるため、さまざまなプラットフォームで使用できます。

パスキーの詳細

パスキーは暗号鍵ペアであるという点でパスワードとは異なります。鍵ペアは各ウェブサイトに固有のものです。ペアの片方はウェブサイトと共有されますが、もう片方は共有されずにデバイスまたはパスワード マネージャーに保存されます。この技術により、盗まれたり漏洩したりするリスクのあるパスワードの代わりに、安全に生成されたコードを使用して、ウェブサイトやアプリへのアクセスを認証できます。

パスキーのメリットは次のとおりです。

  • 文字や数字の組み合わせを覚えておく必要がありません。
  • 指紋認証または顔認識テクノロジーを使用してアカウントにログインできます。
  • パスキーは、オペレーティング システムやブラウザのエコシステムの種類を問わず、ウェブサイトとアプリの両方で使用できます。
  • パスキーは安全性が非常に高く、推測や再利用が不可能なため、ハッカーの攻撃からも守られます。
  • パスキーは作成されたアプリやウェブサイトのみと関連付けられるため、パスキーを使用して不正なアプリやウェブサイトにログインしてしまうことはありません。
  • Google パスワード マネージャーのパスキーは、すべての Android アプリで利用できます。

パスキーを使用する

パスキーはデバイスに保存できます。手順はオペレーティング システムごとに異なり、システムによっては利用できない場合があります。

Android デバイスでパスキーを保存する

重要: パスキーを保存するには、Android 9.0 以降を搭載したデバイスで画面ロックをオンにする必要があります。

Android デバイスでパスキーを使用する場合、パスキーは Google パスワード マネージャーに保存され、Android デバイス間で安全にバックアップおよび同期されます。

パスワードからパスキーに切り替える

 パスワードからパスキーに切り替える

パスキーを作成するとログインを簡素化できます。

パスキーでログインする

 パスキーでログインする

Google アカウントにログインすると、利用可能なパスキーが一覧表示されます。

パスキーを管理する
  1. Android デバイスでデバイスの設定を開きます。
  2. [パスワード] を選択します。

ヒント: Android デバイスを紛失した場合は、新しいデバイスでパスキーを復元できます。これには、アカウントにログインし、紛失したデバイスのセキュリティ PIN、パターン、またはパスワードを入力します。

別のデバイスでパスキーを使用する

パソコンの Chrome を使用してパスキーを作成し、別のデバイスで使用することができます。パスキーは別のデバイスに保存されます。

  1. パソコンで Chrome を開きます。
  2. ログインしたいサイトのログインページに移動します。
  3. パスキーを使用するように求められたら、[別のデバイス] を選択します。
    • 場合によっては、[別の方法を試す] を選択する必要があります。
  4. Android または iOS デバイスで QR コードをスキャンします。

ヒント: Android デバイスで QR コードをスキャンした後、パソコンを記憶するかどうかを選択できます。記憶しておくと、パスキーが必要な場合に Android デバイスが選択項目としてパソコンに表示されます。選択すると、デバイスに本人確認の通知が届きます。

関連リソース

この情報は役に立ちましたか?

改善できる点がありましたらお聞かせください。
検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー
5523384026120938567
true
ヘルプセンターを検索
true
true
true
true
true
237