バックグラウンド ページとバックグラウンド アプリを管理する

多くの拡張機能ウェブアプリではバックグラウンド ページが使用されています。バックグラウンド ページは、ユーザーに見えないところで動作します。たとえば、Google Mail Checker を使用している場合は、バックグラウド ページが動作し、新しいメッセージ アラートを表示します。

アプリの中には、完全にバックグラウンドで動作し、Chrome ウィンドウを閉じた後も動作し続けるものがあります。これらはバックグラウンド アプリと呼ばれます。

バックグラウンド ページとバックグラウンド アプリではパソコンのリソースが使用されます。リソースの使用状況を確認して、必要に応じてバックグラウンド ページやバックグラウンド アプリをオフにすることができます。

バックグラウンド ページをオフにする

バックグラウンド ページのリソース使用状況を確認し、必要な場合にオフにする方法は次のとおりです。

  1. ブラウザのツールバーの Chrome メニュー Chrome menu をクリックします。
  2. [ツール] を選択します。
  3. [タスク マネージャ] を選択します。
  4. 最初の列で、「バックグラウンド ページ」と書かれているアイテムを探します。このアイテムの詳細は、他の列で確認できます。
  5. バックグラウンド ページをオフにするには、リストの中で選択します。
  6. [プロセスを終了] をクリックします。

バックグラウンド アプリをオフにする

バックグラウンド アプリが実行中の場合は、パソコンのシステムトレイに Chrome アイコンが表示されます。Windows の場合はデスクトップ画面の右下、Mac の場合は画面の下部の Dock をご確認ください。

実行中のバックグラウンド アプリのリストを表示するには、アイコンを右クリックします。

Mac の場合

バックグラウンド アプリをオフにするには、Chrome を完全に終了する必要があります。

  1. デスクトップ画面の左上の Chrome メニューに移動します。
  2. [Google Chrome を終了] をクリックします。
  3. Chrome が完全に閉じられ、動作していたバックグラウンド アプリはオフになります。

Windows と Linux の場合

  1. ブラウザのツールバーの Chrome メニュー Chrome menu をクリックします。
  2. [設定] を選択します。
  3. ページの下部にある [詳細設定を表示] をクリックします。
  4. [システム] セクションで、[Google Chrome を閉じた際にバックグラウンド アプリの処理を続行する] をオフにします。
  5. これで、Chrome のタブをすべて閉じたときに毎回バックグラウンド アプリがオフになります。

この記事はどの程度役に立ちましたか?

フィードバックが記録されました。ご協力ありがとうございました。
  • まったく役立たなかった
  • あまり役立たなかった
  • まあまあ役立った
  • かなり役立った
  • とても役立った