プライバシー設定を選択する

ウェブサービスを使用して、より快適にブラウザを閲覧することができます。たとえば Chrome では、アドレスバーで入力を始めたときに候補となる検索キーワードやウェブアドレスを自動的に表示するウェブサービスを使用できます。

こうした設定のほとんどはデフォルトで有効になっていますが、設定を選択して有効または無効にすることもできます。

  1. Android スマートフォンまたはタブレットで Chrome アプリ Chrome を開きます。
  2. アドレスバーの右のその他アイコン その他 次に [設定] をタップします。
  3. [詳細設定] の [プライバシー] をタップします。
  4. 更新する機能をタップします。
    • アクセスエラー時の候補表示: ページが読み込まれない場合に、アクセスしようとしていたページに代わる他の候補を表示します。
    • 検索とサイトの候補を表示: アドレスバーに入力する際に、Chrome で予測サービスを使って、関連する検索語句、閲覧履歴からの一致項目、アクセス数の多いウェブサイトを表示します。
    • セキュリティ レポート: セキュリティに関する事象についての詳細を Chrome から Google に自動送信します。この情報は、すべてのユーザーに対する今後の安全性の向上に役立てられます。
    • セーフ ブラウジング: セーフ ブラウジング技術をオンにすると、不正なソフトウェアやフィッシングなどの攻撃から保護されます。
    • 自動的にページをダウンロードする: Chrome では、ウェブページ上のすべてのリンクのアドレスを事前に確認できます。これにより、ユーザーが実際にリンクをクリックしたときの読み込み時間が短縮されます。ウェブサイトによっては、ユーザーが次にクリックする可能性のあるリンクを読み込むこともできます。
    • 利用状況と障害レポート: 使用統計データや障害レポートを Google に送信します。
    • トラッキング拒否: 閲覧トラフィックと一緒に「トラッキング拒否」リクエストを送信できます。ただし、ウェブサイトがこのリクエストに応答するかどうかによって結果は異なります。多くのウェブサイトではユーザーの閲覧データが収集され利用されます。
    • タップして検索: Chrome で語句をタップして強調表示すると、その語句に関する検索結果がページの下部に表示されます。
    • 閲覧履歴データを消去する: 閲覧に関するデータ(閲覧履歴、フォームで保存した入力項目など)を管理できます。すべての閲覧データを消去する、または特定の期間のデータのみを消去することが可能です。

関連トピック

  • Google によるユーザー情報の取り扱いについて詳しくは、プライバシー ポリシーをご覧ください。
  • Chromebook を職場や学校で使用している場合、ネットワークの管理者がプライバシー設定を適用していることがあります。その場合、この設定を変更することはできません。管理対象の Chromebook の使用について
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。