プライバシー設定を選択する

ウェブサービスを使用して、より快適にブラウザを閲覧することができます。たとえば Chrome では、アドレスバーで入力を始めたときに候補となる検索キーワードやウェブアドレスを自動的に表示するウェブサービスを使用できます。

こうした設定のほとんどはデフォルトで有効になっていますが、設定を選択して有効または無効にすることもできます。

  1. パソコンで Chrome を開きます。
  2. 右上のその他アイコン その他 次に [設定] をクリックします。
  3. 下の [詳細設定] をクリックします。
  4. [プライバシーとセキュリティ] で無効にする設定を選択します。
    • Chrome によるサイトのコンテンツや権限の処理方法を指定するには、[サイトの設定] をクリックします。
    • 履歴、Cookie、保存したパスワードなど、閲覧行動に関する情報を削除するには、[閲覧履歴データを削除する] をクリックします。

個々のプライバシー オプションについては、以下をご覧ください。

  • Chrome へのログインを許可する: Gmail などの Google サービスで Google アカウントにログインすると、Chrome にも自動的にログインした状態になります。この設定を無効にすると、Chrome に自動的にログインすることなく Gmail などの Google サイトにログインできます。詳しくは、Chrome からログアウトする方法をご覧ください。
  • ページをプリロードして閲覧と検索をすばやく行えるようにする: ブラウザではウェブページの読み込みに IP アドレスが使用されます。ウェブページにアクセスすると、Chrome ではページ内にあるすべてのリンクの IP アドレスが参照され、リンクが読み込まれます。この設定を有効にすると、事前読み込みが行われたウェブサイトとそこに埋め込まれているコンテンツによって Cookie が設定される可能性があります。つまり、サイトにアクセスしなくても、次回その Cookie が読み取られ、以前アクセスがあったと認識される可能性があります。
  • 閲覧トラフィックと一緒に「トラッキング拒否」リクエストを送信する: 閲覧トラフィックと一緒に「トラッキング拒否」リクエストを送信できます。しかし多くのウェブサイトでは、このリクエストを送信しても、セキュリティの強化や、ウェブサイトでのコンテンツ、サービス、広告、おすすめ情報の表示、レポートの統計情報の作成などの目的で、ユーザーの閲覧データが収集、使用されるのが現状です。
  • お支払い方法を保存しているかどうかの確認をサイトに許可する: Chrome にお支払い情報を保存している場合、保存した情報をフォームへの入力時に候補として表示するよう指定できます。フォームに自動入力する方法をご覧ください。

関連トピック

  • Google によるユーザー情報の取り扱いについて詳しくは、プライバシー ポリシーをご覧ください。
  • Chromebook を職場や学校で使用している場合、ネットワークの管理者がプライバシー設定を適用していることがあります。その場合、この設定を変更することはできません。管理対象の Chromebook の使用について
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。