検索
検索をクリア
検索終了
Google アプリ
メインメニュー

Chrome の更新に関する問題を解決する

パソコンで Chrome を更新できない場合、以下のようなエラーが表示されることがあります。

  • 更新できませんでした: 更新は管理者によって無効になっています
  • 更新できませんでした(エラー: 3)更新の確認中にエラーが発生しました: 更新サーバーにアクセスできません
  • 更新できませんでした(エラー: 4)更新の確認中にエラーが発生しました: 更新チェックを起動できませんでした
  • 更新できませんでした(エラー: 7)更新の確認中にエラーが発生しました: ダウンロードできませんでした
  • Windows XP と Windows Vista はサポートされなくなったため、このパソコンでは今後 Chrome のアップデートは受信されません
  • その他の「更新できませんでした」エラー

以下の解決方法をお試しください。

パソコンを再起動する

更新が途中で停止する場合は、パソコンを再起動してから、もう一度 Chrome を更新してください。

不正なソフトウェアがないか確認する

Chrome の更新を妨げている迷惑ソフトウェアがインストールされている場合があります。この問題を解決するには、パソコンで次の手順を行ってください。

Windows の場合

Chrome クリーンアップ ツールをダウンロードして実行します。これは、パソコンにインストールされている不審なプログラムを検索して削除するアプリケーションです。

Mac の場合

インストールした覚えのない不正なソフトウェアやその他のプログラムをパソコンから削除します。

  1. 画面左下の Finder を開きます。
  2. 表示されたボックスの左側で [アプリケーション] をクリックします。
  3. 見覚えのないプログラムがあれば次のいずれかの操作を行います。
    • [アンインストール] または [アンインストーラ] をダブルクリックして、画面に表示される手順を行います。
    • これらのオプションが表示されない場合は、削除するプログラムのアイコンをアプリケーション フォルダから [ゴミ箱] にドラッグします。
  4. 最後にゴミ箱を空にします。

削除するプログラム

設定を変えてしまう可能性があり、問題を引き起こすことがわかっている一般的なプログラムを以下に示します。

  • BrowseFox
  • PullUpdate
  • Vitruvian
  • V-Bates
  • SearchProtect
  • SupTab
  • MySearchDial
  • SaveSense
  • Price Meter
  • Mail.ru Sputnik/Guard
  • Conduit Toolbars, Community Alerts & ValueApps
  • Wajam
  • Multiplug
  • Shopper Pro
  • Stormwatch
  • SmartBar
  • Dealply
  • SmartWeb
  • MySearch123
  • AdPea
  • Etranslator
  • CouponMarvel
  • PriceFountain
  • Techsnab
  • Colisi 
  • BrApp
  • LuckyTab
  • OneCall
  • Crossrider
  • Eorezo
  • Consumer Input
  • Content Defender
  • Movie Dea
     

Chrome をもう一度ダウンロードする

一部のファイルがパソコンから削除されている場合があります。これを解決するには、いったん Chrome をアンインストールします。システム要件を満たしていることを確認したうえで、google.com/chrome から Chrome をもう一度ダウンロードして再インストールしてください。

パソコンで上記の手順を行う権限がない場合は、パソコンの管理者に Chrome の更新を依頼してください。

システム要件を満たしていることを確認する

Microsoft と Apple で積極的なサポートをとりやめることになったプラットフォームについては、Chrome でもサポートを終了しました。たとえば以下が該当します。

  • Windows XP
  • Windows Vista
  • Mac OS X 10.6、10.7、10.8

最新の Chrome バージョンと機能を引き続き受信するには、新しいオペレーティング システムに移行することをおすすめします。ご使用のパソコンで Chrome を使用するための要件をご確認ください。

Windows の場合
Windows で Chrome を使用するための要件は次のとおりです。
  • Windows 7、Windows 8、Windows 8.1、Windows 10 以降
  • Intel Pentium 4 以降のプロセッサ(SSE2 対応)
Mac の場合

Mac で Chrome を使用するための要件は次のとおりです。

  • OS X Mavericks 10.9 以降

Linux の場合

Linux で Chrome を使用するための要件は次のとおりです。

  • 64 ビット Ubuntu 14.04 以降、Debian 8 以降、openSUSE 13.1 以降、Fedora Linux 21 以降のいずれか
  • Intel Pentium 4 以降のプロセッサ(SSE2 対応)


Windows の最新バージョンを使用しているのに警告バーが表示される場合

Chrome が Windows の互換モードで実行するよう設定されている可能性があります。Chrome 対応のオペレーティング システムを使用しているのに、「Windows XP と Windows Vista はサポートされなくなったため、このパソコンでは今後 Google Chrome のアップデートは受信されません」というエラーが表示される場合や、Chrome が正常に起動しない場合は、互換モードをオフにしてください。

  1. パソコンで Chrome アイコンを右クリックします。
  2. [プロパティ] > [互換性] の順にクリックします。
  3. [互換モードでこのプログラムを実行する] の横にあるチェックボックスがオフになっていることを確認します。

問題が解決しない場合: Chrome プロダクト フォーラムに質問を投稿してください。または、Chrome のインストールに関する問題を解決する方法をご覧ください。

このページを作成した Google Chrome のエキスパートに下からフィードバックを送信し、この記事の改善にご協力ください。

この記事は役に立ちましたか?