Chrome でのパスワード保護の仕組み

Chrome では、データ侵害により不正使用されたパスワードを確認、変更して、認証情報を安全に保つことができます。認証情報には、サイトやアプリへのログインに使用するユーザー名やパスワードなどが含まれます。
パスワード保護の仕組み

ウェブサイトへのログインに使用するユーザー名とパスワードがデータ侵害の対象となっている場合に、警告を表示するよう設定できます。この設定はデフォルトでオンになっています。

Chrome では、保存したすべての認証情報をまとめて確認することもできます。保存したパスワードにデータ侵害で漏洩したものがある場合は通知されます。

認証情報を確認する際、Chrome ではまずユーザー名とパスワードが暗号化されます。こうして暗号化された認証情報が Google に送信され、既知の侵害されたデータの暗号化リストと照合されます。暗号化されたデータセットに一致するものがある場合は、パスワードの変更を促す警告が表示されます。このプロセスでユーザー名やパスワードが Google に記録されることはありません。

データ保護の仕組み
Chrome を使用してウェブサイトにログインすると、ユーザー名とパスワードがデバイス固有の秘密鍵で暗号化されます。こうして暗号化されたデータのコピーが Google に送信されます。情報は Google のサーバーに送信される前に暗号化されるため、ユーザー名やパスワードが Google を含む第三者に知られることはありません。
ユーザーが設定可能

保存したユーザー名やパスワードがデータ侵害によって漏洩していないか確認できます。データ侵害が検出されたサイトにログインする際、認証情報に関する警告を自動的に表示するよう選択することもできます。

パソコンで、保存したパスワードを確認するには:
  1. Chrome を開きます。
  2. その他アイコン 整理 次に [パスワードと自動入力] 次に [Google パスワード マネージャー] を選択します。
  3. 左側の [チェックアップ] を選択します。
パソコンで、データ侵害が発生した場合に警告を自動的に表示するよう設定するには:
  1. Chrome を開きます。
  2. その他アイコン 整理 次に [設定] 次に [プライバシーとセキュリティ] を選択します。
  3. [プライバシーとセキュリティ] で [セキュリティ] を選択します。
  4. [データ侵害によりパスワードが漏洩した場合に警告する] をオンにします。
    • このオプションは [標準保護機能] の下にあります。
    • 保護強化機能を有効にしている場合、このオプションはデフォルトでオンになっています。

モバイル デバイスを使用している場合は、保存したパスワードを確認して、警告を自動的に表示するよう設定する方法をご覧ください。

関連リソース

この情報は役に立ちましたか?

改善できる点がありましたらお聞かせください。
検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー
2777947552182162124
true
ヘルプセンターを検索
true
true
true
true
true
237