Chromebooks を長期間保管する

学校の年度が終了したら Chromebooks をどのように保管すればよいでしょうか。翌年度の授業で端末が想定どおり動作するように、おすすめの保管方法をご紹介します。

推奨事項

バッテリーに関するヒント
  • 休みの間に Chromebook のバッテリー残量がゼロにならないようにしてください。Chromebook がオフになっていても、バッテリー残量は少しずつ減っていきます。長時間そのままにしておくと、バッテリーが機能しなくなり、充電できなくなる場合があります。
  • 一方で、数か月間保管する際は、Chromebooks を端末保管用カートや充電器に接続したままにしないでください。接続したままにすると、バッテリーの寿命が短くなったり、その他の問題が発生したりする可能性があります。Chromebooks を長期間保管する場合は、下記の手順に沿って、バッテリー残量が 80% 以上になるまで充電した状態で電源から外してください。
保存に関するヒント

Chromebooks を長期間保管する予定の場合は、以下の手順に沿って対応してください。

  • 複数の Chromebooks の重さで画面が損傷する可能性があるため、端末を重ねる場合は最大で 7 台までにしてください。Chromebooks が誤って倒れないように、キャビネットやカートなどの安全な場所に配置してください。
  • Chromebooks は涼しく乾燥した場所に保管し、直射日光が当たらないようにしてください。
  • 以下の手順に沿って対応してください。

Chromebooks を長期間保管するための準備をする

  1. バッテリー残量が 80% 以上になるまで Chromebooks を充電します。
    こうすることで、休みの間に電源から外してバッテリー残量が減っても、ゼロになることはありません。
  2. 保管中のバッテリー残量が減る速度を遅くするには、Chromebook からバッテリーを物理的には取り外さず、次の手順を行います。
    1. 端末を充電器に接続し、電源をオンにします。
    2. 更新ボタン 更新 と電源ボタン 電源 を同時に長押しします。
    3. これらのボタンを押したまま端末から電源ケーブルを取り外し、ボタンを離します。
      端末はシャットダウンされ、電源はオフのままになります。
    4. 電源ボタンを押して、バッテリーが接続されていない状態になっていることを確認します。
      バッテリー残量があっても、端末の電源はオンになりません。端末をもう一度電源に接続するまで、電源ボタンを押したりフタを開けたりしても Chromebook の電源はオンになりません。

これは端末を保管するための理想的な方法です。バッテリー残量が減るのを最小限に抑え、何度も充電を繰り返してバッテリー寿命が短くなるのを防ぎます。また、Chromebook を安定した電源オフの状態に維持できます。

注: ご使用の Chromebook のモデルで、上記のようなバッテリーが接続されていない状態にできない場合は、バッテリー残量が 80% 以上になるまで充電してください。その後、Chromebook をオフにして電源から取り外し、涼しく乾燥した場所に保管してください。

Chromebooks を学校で使用するための準備をする

授業が再開される 1 週間前に、生徒が使用できるように Chromebooks の準備を行います。

  1. Chromebooks を充電器や電源に接続します。
    こうすることで、バッテリーが接続されていない状態から元の状態に戻ります。
  2. 端末の電源をオンにします。
  3. Chromebooks を Wi-Fi に接続し、最新の Chrome OS のリリースに更新します。
    端末が最後に更新されてから複数の Chrome OS のバージョンがリリースされている可能性があるため、この処理には時間がかかることがあります。詳しくは、Chrome Enterprise のリリースノートをご覧ください。
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。