アプリや拡張機能のポリシーを設定する

Google 管理コンソールから Chrome ポリシーを設定する管理者を対象としています。

Chrome Enterprise 管理者は管理コンソールを使用して、アプリと拡張機能に関するポリシーを複数のアプリにまとめて適用できすることができます。たとえば、ユーザーに自動インストールしたり、ユーザーの Chrome タスクバーに固定表示したりするアプリをすべて指定できます。

始める前に

  • 特定のユーザー グループや登録済みの Chrome ブラウザに対して設定を行うには、そのユーザー アカウントまたはブラウザを 1 つの組織部門に配置します。
  • Windows、Mac、Linux パソコンで動作する Chrome ブラウザのユーザーに対して設定を適用するには、所属する組織部門で Chrome ブラウザ管理をオンにします。詳しくは、Chrome ブラウザ管理をオンにするをご覧ください。

すべて開く   |   すべて閉じる

アプリのポリシーを設定する

Chrome ブラウザや Chrome OS 搭載端末で管理対象の Google アカウントにユーザーがログインすると、以下が適用されます。

アプリのポリシーまたは拡張機能のポリシーを設定する(主な手順)
  1. Google 管理コンソールログインします。

    管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないアカウント)でログインしてください。

  2. 管理コンソールのホームページから、[デバイス] 次に [Chrome 管理] にアクセスします。

    [デバイス] がホームページに表示されていない場合は、画面下部の [その他の設定] をクリックします。

  3. [アプリと拡張機能] をクリックします。
  4. すべてのユーザーと登録済みブラウザに設定を適用する場合は、最上位の組織部門を選択したままにします。それ以外の場合は、子組織部門を選択します。
  5. 上部の [ユーザーとブラウザ] をクリックします。
  6. 右側にある設定アイコン 設定 をクリックします。
  7. 変更するアプリや拡張機能のポリシーを設定します。下記の各設定の詳細をご覧ください。
  8. [保存] をクリックします。

各設定の詳細

Chrome デバイス上の Android アプリ

デフォルトでは、この組織部門のユーザーは Google Play アプリや Android アプリをデバイスにインストールできません。Chrome デバイスで Google Play ストアの承認済みアプリにアクセスできるようにするには、[許可] を選択します。

許可されているアプリ / 拡張機能のタイプ

許可するアプリの種類のチェックボックスをオフにすることで、ユーザーが特定の種類のアプリをインストールできないようにすることが可能です。

アプリの種類:

アプリと拡張機能のインストール元

拡張機能、アプリ、テーマのインストールを許可する URL を指定できます。たとえば、.crx ファイルの場所を示す URL がリストと一致する場合、ユーザーがこの URL をクリックすると、Chrome のインストール プロンプトが表示されます。指定する際は 1 行に 1 つずつ URL パターンを入力します。パターンの例については、Chrome デベロッパー サイトをご覧ください。

このポリシーは、Chrome OS 上で実行される Android アプリには適用されません。Chrome デバイス上の Android アプリにポリシーを設定するには、Chrome デバイスで Android アプリを使用するをご覧ください。

拡張機能の安全でない状態でのパッケージ化の許可

安全でない拡張機能のパッケージ化を許可するかどうかを選択できます。詳細については、Chromiumをご覧ください。

権限と URL

この設定には次の 2 通りの使い方があります。

アプリの種類でインストールをブロックする

組織部門で許可されていない特定の権限をリクエストするアプリや拡張機能を、ユーザーが実行できないようにします。

詳しくは、権限に基づいてアプリや拡張機能をブロックするをご覧ください。

アプリがウェブページを変更できないようにする

管理者が指定したウェブページの変更をアプリや拡張機能に許可するかどうかを管理します。

詳しくは、Chrome 拡張機能によるウェブページの変更を禁止するをご覧ください。

  • [ランタイムでブロックされているホスト] - アプリによる変更を禁止するページの URL です。
  • [ランタイムで許可されたホスト] - アプリによる変更を許可するページの URL です。[ブロックされている URL] で定義されているページへのアクセスも許可されます。
Chrome ウェブストアのホームページ

ユーザーがログインしたときに表示される Chrome ウェブストアのホームページをカスタム ホームページに変更できます。また、ドメインの名前を付けたカスタム コレクションを作成し、ドメインでおすすめのアプリや拡張機能を Chrome ウェブストア内で紹介できます。

Chrome ウェブストアのアクセス許可

Chrome ウェブストアでドメイン専用の限定公開アプリを公開するには、[ドメイン専用の限定公開アプリを Chrome ウェブストアに公開できるようにする] を選択します。

関連トピック: Chrome アプリ コレクションを作成するカスタムの Chrome アプリと拡張機能を作成して公開する

ユーザーとデバイスに対する Android のレポート機能

管理コンソールにあるレポートツールを使用して、ネットワーク上のユーザーとデバイスに対するインストールの成功と失敗を監視できます。

設定の詳細については、Android アプリの自動インストールを監視するをご覧ください。

注: レポートに表示されるのは、managed Google Play 対応の管理対象 Chrome デバイスを使用している管理対象ユーザーに関する情報のみです。

関連トピック

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。