Chrome ポリシー管理の概要

このページは、企業または学校の Chrome ブラウザや Chrome 端末を管理する IT 管理者を対象としています。

エンタープライズ機能を Chrome ユーザーに導入するには、当該のユーザーの端末または Google アカウント(Chrome プロフィール)にポリシーと設定を強制的に適用します。ポリシーを使用して、ユーザーのホームページの設定、ユーザーが使用するアプリのプレインストール、ユーザーにアクセスを許可するサイトの指定などを行えます。

Chrome ポリシーを強制的に適用する方法

ユーザーにポリシーを強制的に適用するには、いくつかの方法があります。管理している端末と、使用する設定ツールに応じて選択してください。

図の説明

  • ユーザーの端末: Windows、Mac、Linux のパソコン、または Chromebook などの Chrome デバイスで Chrome ブラウザを管理している。

  • 管理者用ツール: 任意のオンプレミス ツールを使用して、社内ファイアウォール内ですべての管理業務を行う。または、Google の安全なクラウドベースの管理コンソールでポリシーを管理する。

  • ポリシー: 端末レベルで Chrome ポリシーを強制的に適用して、その端末を使用するすべてのユーザーにポリシーが適用されるようにする。もしくは、OS ユーザーレベルまたは Chrome プロファイル レベルでポリシーをカスタマイズする

Chrome ポリシーの優先順位

Chrome ポリシーを端末レベルで設定して、その端末を使用するすべてのユーザーにポリシーが適用されるようにすることができます。または、ポリシーをユーザーレベルで設定して、管理対象アカウントにログイン中のユーザーにのみ適用するようにすることもできます。同じポリシーが同時に複数のレベルで設定されている場合、いずれか 1 つのみが下記の優先順位で適用されます。  

Chrome policy precedence

1. デバイス / パソコンレベルのポリシー 

  • 使用しているブラウザや、アカウントにログインしているかどうかに関係なく、端末のすべてのユーザーに適用されます。
  • 常にユーザーレベルのポリシーより優先されます。
  • Windows グループ ポリシー、Chrome デバイスの Google 管理コンソール、Mac の Managed Preferences のいずれかを使用して設定します。Linux 向けに設定することも可能です。Windows、Mac、Linux ではコンピューター ポリシーとも呼ばれます。

2. OS ユーザーレベルのポリシー

  • 会社が管理する Windows または Mac のパソコンからユーザーが各自のアカウントにログインすると適用されます。
  • 管理コンソールで行った Chrome プロファイル設定より優先されます。
  • Windows グループ ポリシーまたは Mac の Managed Preference を使用して設定します。

3. Chrome プロファイルのポリシー

  • ユーザーが Windows、Mac、Linux のいずれかのパソコン、または Chrome デバイスで Chrome ブラウザにログインした場合の Chrome のユーザー エクスペリエンスを参照します。
  • 会社が管理するパソコン用に設定された社内ポリシーが優先されます。
  • クラウドベースのユーザー ポリシーとも呼ばれ、管理者が管理コンソールを使用して設定します。

関連トピック

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。