セキュリティとプライバシーに関するポリシー

このページは、企業または学校の Chrome ブラウザや Chrome 端末を管理する IT 管理者を対象としています。

Chrome ユーザーのプライバシーとデータ セキュリティを保護するために適用できるポリシーの一部をご紹介します。下記のポリシーを確認し、ご使用のプラットフォームのリンクをクリックして、ポリシーを適用してください。

ご利用にあたり、Chrome ポリシー管理の概要をご覧ください。

Chrome のセキュリティに関するポリシー

以下のポリシーを適用することで、ユーザーやデータを保護し、不正なソフトウェアやその他の脅威にさらされるリスクを軽減できます。

ポリシーの説明 各プラットフォームでの操作手順
Chrome リモート デスクトップの利用を制御します。   Windows Mac  

管理対象パソコンで企業アカウントにログインして、Chrome ブラウザを使うことをユーザーに強制します。

Google 管理コンソールで設定したポリシーを確実に適用します。

  Windows Mac  
Google セーフ ブラウジングの警告を有効にして、ユーザーが有害なファイルをダウンロードできないようにします。   Windows Mac Linux
サイト分離を有効にして、信頼できないサイトからユーザーを保護します。 管理コンソール Windows Mac Linux
サイトをホワイトリスト(ユーザー アクセス可)またはブラックリスト(ユーザー アクセス不可)に登録します。 管理コンソール Windows Mac Linux

Chrome のプライバシーに関するポリシー

以下のポリシーを無効にすると、ユーザーが Chrome で入力した情報が Google に送信されなくなります。

フォームの自動入力

ユーザーがフォームに入力した情報(名前、住所、電話番号など)を Chrome に保存しないようにするには、このポリシーを無効にします。

以下の場所で設定できます。

Windows、Mac、Linux のポリシーの詳細: AutoFillEnabled

Google 翻訳

Chrome で、ユーザーの [言語設定] で指定されていない言語へのページ翻訳を行わないようにするには、このポリシーを無効にします。

以下の場所で設定できます。

Windows、Mac、Linux のポリシーの詳細: TranslateEnabled

統計情報の報告

Chrome で、使用状況を示す指標、障害レポート、その他の診断データを Google に報告しないようにするには、このポリシーを無効にします。

以下の場所で設定できます。

Windows、Mac、Linux のポリシーの詳細: MetricsReportingEnabled

パスワード マネージャ

ユーザーのパスワードを Chrome に保存しないようにするには、このポリシーを無効にします。

以下の場所で設定できます。

Windows、Mac、Linux のポリシーの詳細: PasswordManagerEnabled

検索候補

Chrome で、ユーザーがアドレスバーに入力したウェブアドレスや検索キーワードを補完する予測サービスを使用しないようにするには、このポリシーを無効にします。

以下の場所で設定できます。

Windows、Mac、Linux のポリシーの詳細: SearchSuggestEnabled

スペルチェック

会社の端末上の Chrome で、つづりの修正候補を表示する Google のオンライン スペルチェック サービスを使用しないようにするには、このポリシーを無効にします。

以下の場所で設定できます。

Windows、Mac、Linux のポリシーの詳細: SpellCheckServiceEnabled

その他のポリシー

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。