在宅勤務からオフィス勤務に戻すことをご検討中のお客様は、Chrome OS の活用方法をご覧ください。

デバイスの現在の Chrome ポリシーを表示する

管理対象の Chrome ブラウザと ChromeOS デバイスが対象です。

ChromeOS デバイスのポリシーをリモートで設定することを検討されている場合は、 まず Chrome Enterprise Upgrade を無料で試してみてください

Chrome 管理者は次のことを行えます。

  • 組織で管理されている端末に適用されている Chrome ポリシーを確認する
  • 特定のポリシーのソース(設定されていたレベル)を確認する

デバイスで有効になっているすべての Chrome ポリシーを表示する

Chrome 搭載の管理対象デバイスで chrome://policy にアクセスします。

そのデバイスで現在有効になっているすべての Chrome ポリシーが [適用先] 列に表示されます。

  • 現在のユーザー: 適用先が「現在のユーザー」になっているポリシーはユーザーレベルのポリシーで、管理コンソールで設定できます。または、Windows グループ ポリシー経由で設定されている OS ユーザーレベルのポリシーである可能性もあります。
  • マシン: 適用先が「マシン」になっているポリシーは、Windows、Mac、Linux パソコンでデバイスレベルで設定されているポリシーです。これらのポリシーは、オンプレミスの設定ツール(Windows グループ ポリシー、Mac の Managed Preference など)を使用して適用されます。
  • デバイス: 適用先が「デバイス」になっているポリシーは、管理コンソールで Chrome OS デバイスに対して設定されているデバイスレベルのポリシーです。

[マシン] や [デバイス] の設定は、使用しているブラウザや、アカウントにログインしているかどうかに関係なく、デバイスのすべてのユーザーに適用されます。デフォルトでは、デバイスレベルのポリシーは、その他のレベルで設定されているポリシーよりも優先されます。

Chrome ポリシーのソースを確認する

管理対象端末で特定の Chrome ポリシーのソースを確認するには:

  1. 管理対象端末で、chrome://policy にアクセスします。
  2. [ポリシーを再読み込み] をクリックします。
  3. 右上の [ポリシーを名前でフィルタ] ボックスに検索するポリシーを入力します。
  4. [値が設定されていないポリシーを表示する] チェックボックスをオンにします。
  5. [ソース] の値が [プラットフォーム]、[クラウド]、[企業のデフォルト] のいずれかに正しく設定されていることを確認します。ポリシーが設定されていない場合、値は [未設定] となります。
    • プラットフォーム ポリシーは、Windows グループ ポリシー、Mac の Managed Preference、または Windows、Mac、Linux 用の別の帯域外管理システムを使用してユーザーにプッシュされます。プラットフォーム ポリシーは、ユーザーが管理対象アカウントにログインしていなくてもリストに表示されます。
    • クラウド ポリシーは、管理コンソールを使用して設定され、管理対象の Google アカウントで Chrome にログインしたユーザーに適用されます。
    • 企業のデフォルト ポリシーは、Chrome デベロッパーが企業ユーザー向けに設定するポリシーで、デフォルト値が企業以外のユーザー向けとは異なります。管理者は、管理コンソールで対応するクラウド ポリシーを設定することで、デフォルト値をオーバーライドできます。

関連トピック

Google および関連するマークとロゴは Google LLC の商標です。その他すべての企業名および商品名は関連各社の商標です。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

次の手順をお試しください。

検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
true
true
true
true
410864
false
false