Chrome サービスのコンプライアンスに関する修正条項

この操作を行うには、特権管理者としてログインする必要があります。

データ処理の修正条項

2018 年 5 月 25 日、欧州連合(EU)において、1995 年のデータ保護指令に代わる一般データ保護規則(GDPR)が施行されました。これは過去 20 年間に制定されたヨーロッパのデータ保護法の中でも特に重要な法律です。この新たな規制に対応することは、多くのお客様と同様に、Google にとっても優先事項です。

2018 年 5 月 25 日の GDPR 発効に伴い、Google ではすべてのコア Chrome サービスデータ処理の修正条項を提供しています。

Google によるお客様のデータの処理が GDPR の適用対象になる場合(たとえば、お客様の組織の所在地が EU 圏内にある場合や、組織の所在地は EU 圏外でも EU 圏内のデータ主体に商品やサービスを提供している場合)、特定のデータ処理規約を含む契約を Google と締結していただく必要があります。

Chrome 利用規約改訂版に同意しない場合、契約はデータ処理の規約が欠落した状態になります。組織を代表して Chrome 利用規約改訂版に同意するか、法的助言を受けることをおすすめします。

Chrome Enterprise 向けデータ処理の修正条項に同意する

  1. Google 管理コンソールログインします。

    管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないもの)でログインします。

  2. 管理コンソールのホームページから、[デバイス管理] にアクセスします。

    [デバイス管理] が表示されていない場合は、画面下部の [その他の設定] をクリックして表示します。

  3. [Chrome 管理] をクリックします。
  4. 利用規約にまだご同意いただいていない場合はポップアップ ウィンドウが表示され、利用規約のコピーと利用規約に関する追加情報を確認できます。
  5. ご自身でまたは組織内の適切な人物が、利用規約改訂版とデータ処理の修正条項の内容をよく確認します。
  6. [同意する] をクリックします。
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。