ワイプされた Chrome 端末を自動的に再登録する

Chrome(バージョン 35 以降)

企業や学校で使う Chrome デバイスの管理者向けの内容です。

ワイプまたは復元された Chrome 端末は、デフォルトでは自動的にドメインに再登録されます。再登録されることで管理者は従来どおり端末を管理できます。また、管理者が設定したポリシーは自動的に端末に適用されます。

考慮事項

  • デベロッパー モードで使用される端末は、強制的に再登録しないようにしてください。デベロッパー モードで使用するには、端末を別の組織部門に移動し、その組織の強制再登録をオフにしてください。
  • 端末がドメインでの管理対象ではなくなった場合は、端末をデプロビジョニングしてください。

強制再登録がオンの場合

ユーザーは端末を使用する前に端末を再登録する必要があります。端末を再登録しないと、ユーザーはログインやゲストモードでのブラウジングを行えず、一般ユーザー向けのログイン画面も表示されません。

強制再登録をオンまたオフにする

  1. Google 管理コンソールログインします。

    管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないアカウント)でログインしてください。

  2. 管理コンソールのホームページから、[デバイス] 次に [Chrome 管理] にアクセスします。

    [デバイス] がホームページに表示されていない場合は、画面下部の [その他の設定] をクリックします。

  3. [端末の設定] をクリックします。
  4. 左側で、強制再登録をオンまたはオフにする組織を選択します。
    すべてのユーザーを対象とする場合は、最上位の組織を選択します。それ以外の場合は子組織を選択します。
  5. [強制的に再登録] の設定を行います。
    • オンにするには、[ワイプ後に端末をこのドメインに再登録します] を選択します。
    • オフにするには、[ワイプ後に端末を再登録しません] を選択します。
  6. [保存] をクリックします。

設定は通常数分で有効になりますが、組織全体に反映されるまで 1 時間ほどかかる場合もあります。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。