アプリや拡張機能を表示、設定する

Google 管理コンソールから Chrome ポリシーを設定する管理者を対象としています。

Chrome Enterprise 管理者は管理コンソールを使用して、特定の Chrome アプリ、拡張機能、またはサポートされている Android アプリに対するポリシーを設定できます。たとえば、アプリを自動インストールしてユーザーの Chrome タスクバーに固定することができます。

始める前に

  • 特定のユーザー グループや登録済みの Chrome ブラウザに対して設定を行うには、そのユーザー アカウントまたはブラウザを 1 つの組織部門に配置します。
  • Windows、Mac、Linux パソコンで動作する Chrome ブラウザのユーザーに対して設定を適用するには、所属する組織部門の Chrome ブラウザ管理をオンにします

すべて開く   |   すべて閉じる

アプリ管理を設定する

Chrome ブラウザや Chrome OS 搭載端末で管理対象の Google アカウントにユーザーがログインすると、以下が適用されます。

1 つのアプリにポリシーを設定する(主な手順)
  1. Google 管理コンソールログインします。

    管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないアカウント)でログインしてください。

  2. 管理コンソールのホームページから、[デバイス] 次に [Chrome 管理] にアクセスします。

    [デバイス] がホームページに表示されていない場合は、画面下部の [その他の設定] をクリックします。

  3. [アプリと拡張機能] をクリックします。
  4. 全ユーザーに設定を適用する場合は、最上位の組織部門を選択したままにします。それ以外の場合は、子組織部門を選択します。
  5. 上部で、設定するアプリや拡張機能の種類をクリックします。
    • ユーザーとブラウザ - 管理対象の Google アカウントを使用してデバイスにログインするユーザーと、登録済みのブラウザに対して、アプリを設定します。
    • キオスク - 管理対象 Chrome デバイスにキオスクアプリとしてアプリをデプロイします(アプリのマニフェスト ファイルで kiosk-enabled が true になっている場合)。Chrome OS 搭載デバイスを単一の用途に特化したデバイスにする方法については、Chrome キオスクアプリを作成してデプロイするをご覧ください。
    • 管理対象のゲスト セッション - 管理対象の Chrome デバイスで管理対象のゲスト セッションにログインするユーザーに対してアプリを設定します。
  6. 管理するアプリを見つけてクリックします。詳しくは、下記のアプリを表示するをご覧ください。
  7. 変更するアプリや拡張機能のポリシーを設定します。詳しくは、各設定の詳細をご覧ください。
  8. [保存] をクリックします。
アプリを表示する

管理コンソールでは、ポリシーを設定したすべてのアプリと拡張機能(該当する組織部門に含まれるもの)を一覧表示できます。

  1. Google 管理コンソールログインします。

    管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないアカウント)でログインしてください。

  2. 管理コンソールのホームページから、[デバイス] 次に [Chrome 管理] にアクセスします。

    [デバイス] がホームページに表示されていない場合は、画面下部の [その他の設定] をクリックします。

  3. [アプリと拡張機能] をクリックします。
  4. 全ユーザーに設定を適用する場合は、最上位の組織部門を選択したままにします。それ以外の場合は、子組織部門を選択します。
  5. 上部で、表示するアプリや拡張機能の種類をクリックします。
    • ユーザーとブラウザ
    • キオスク
    • 管理対象のゲスト セッション
  6. 上部の [フィルタを追加] をクリックし、次の条件で検索します。
    • 全文 - アプリまたは拡張機能の名前か ID を入力します。
    • タイトル - アプリまたは拡張機能の名前を入力します。
    • ID - アプリまたは拡張機能の ID を入力します。
    • 種類 - Android アプリまたは Chrome アプリを表示するかどうかを指定します。
    • インストール ポリシー - インストール ポリシーに応じてアプリを表示するかどうかを指定します。
  7. [適用] をクリックします。
アプリを追加する

Chrome ウェブストアまたは Google Play で追加、設定するアプリを検索できます。または、ユーザー用のプログレッシブ ウェブアプリをインストールする場合や、ウェブサイトへのショートカットを作成する場合は、URL を使用してアプリを追加できます。

  1. Google 管理コンソールログインします。

    管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないアカウント)でログインしてください。

  2. 管理コンソールのホームページから、[デバイス] 次に [Chrome 管理] にアクセスします。

    [デバイス] がホームページに表示されていない場合は、画面下部の [その他の設定] をクリックします。

  3. [アプリと拡張機能] をクリックします。
  4. 全ユーザーに設定を適用する場合は、最上位の組織部門を選択したままにします。それ以外の場合は、子組織部門を選択します。
  5. 表示するアプリや拡張機能の種類に応じて、上部にある [ユーザーとブラウザ]、[キオスク]、[管理対象ゲスト セッション] のいずれかをクリックします。
  6. 有料の Chrome ウェブストア アプリを追加するには、追加アイコン 追加 をクリックして [Chrome アプリや拡張機能を ID で追加] を選択します。
  7. 無料のアプリを追加するには、追加アイコン 追加 をクリックして以下のいずれかを選択します。
    • Chrome ウェブストアから追加
    • Google Play から追加
    • Chrome アプリや拡張機能を ID で追加します
    • URL で追加(ユーザーとブラウザの場合にのみ使用可能)
  8. Chrome ウェブストアまたは Google Play からアプリを追加する場合は、アプリを見つけて [選択] をクリックします。プロンプトが表示されたら、組織に代わってアプリの権限を許可します。
  9. ID を追加する場合は、ID を入力して [保存] をクリックします。拡張機能が Chrome ウェブストア以外の場所にある場合は、ID を入力して [カスタム URL] を選択し、URL を入力します。[保存] をクリックします。
  10. URL を追加する場合は、ユーザー用のプログレッシブ ウェブアプリの URL またはウェブサイトへのショートカットを入力し、ウェブサイトの表示方法を選択して [保存] をクリックします。

インストール ポリシーの詳細

利用可能なインストール ポリシーは、更新するアプリや拡張機能の対象(ユーザー、ブラウザ、キオスク、管理対象ゲスト セッション)によって異なります。

インストール ポリシー 機能 適用先
インストールを許可する ユーザーがアプリをインストールできるようにします。 ユーザーとブラウザ
ブロックする ユーザーがアプリをインストールできないようにします。
アプリがインストールされているユーザーからアプリを削除します。
ユーザーとブラウザ
自動インストールする アプリを自動的にインストールし、ユーザーによる
アンインストールを防止します。

ユーザーとブラウザ

管理対象ゲスト セッション

自動インストールして固定する アプリを自動的にインストールし、ユーザーによる
アンインストールを防止します。Chrome OS 搭載デバイスでは、
アプリをタスクバーに固定します。

ユーザーとブラウザ

管理対象ゲスト セッション

インストール済み アプリを自動的にインストールし、ユーザーによる
アンインストールを防止します。
キオスク
インストールされていません アプリを自動的にアンインストールします。 キオスク

アプリと拡張機能の設定の詳細

利用可能な設定は、更新するアプリや拡張機能の対象(ユーザー、ブラウザ、キオスク、管理対象ゲスト セッション)によって異なります。

ユーザーとブラウザ、管理対象ゲスト セッションの設定

Chrome ウェブストア コレクションに追加
Chrome ウェブストアでアプリをユーザーに推奨します。
権限と URL アクセス

組織で許可されていないアクセス権限を要求するアプリや拡張機能を、ユーザーが実行できないようにします。詳しくは、権限に基づいてユーザーがアプリを実行できないようにするをご覧ください。

管理者が指定したウェブページをアプリや拡張機能で変更できるかどうかを制御します。詳しくは、Chrome 拡張機能によるウェブページの変更を禁止するをご覧ください。

エンタープライズ キーの本人確認へのアクセスを許可する

自動インストールされたアプリに chrome.enterprise.platformKeys.challengeUserKey API と challengeMachineKey API の呼び出しを許可します。詳しくは、Verified Access API Developer Guide をご覧ください。

ユーザーとブラウザ、キオスク、管理対象ゲスト セッションの設定

拡張機能のポリシー

一部のアプリや拡張機能では、カスタム ポリシーを適用できます。たとえば、デジタル サイネージ キオスクアプリでは、JSON ファイルにイベントのスケジュールを含めることができます。

カスタム ポリシーを適用する前に、アプリや拡張機能のドキュメントでカスタム ポリシーがあるかどうか、設定可能かどうかを確認してください。次に、テキスト欄に JavaScript® Object Notation(JSON)データを入力します。こちらのサードパーティの JSON 圧縮ツールを使用してポリシーを検証できます。

キオスクの設定

アプリによる電源の管理を許可
アプリから電源の API を呼び出して、デフォルトの Chrome デバイスの動作を変更できるようにします。
デスクトップ統合を使用
アプリを同じ解像度の複数のモニターや TV に拡張表示できます。最多で 2 台の外付けモニターを接続できます。デスクトップ統合が有効になっている場合は、デバイスにモニターを接続するとデフォルトでデスクトップ統合モードになります。この設定が無効の場合でも 2 台の外付けモニターを使用できますが、デスクトップを 2 台のモニターにまたがるように拡張させても、各ウィンドウはどちらか 1 台のモニターにしか表示されません。
仮想キーボードを許可
アプリの仮想キーボードを許可します。無効にすると、デバイスにタッチ スクリーン機能がある場合や、デバイスでタッチ スクリーンが有効になっている場合でも、仮想キーボードがポップアップ表示されなくなります。
プラグインを有効にする
ウェブサイトでのプラグインの実行を許可するかどうかを設定します。プラグインは、Chrome では本来処理できない特定の種類のウェブ コンテンツ(Adobe® Flash® など)を表示するためにウェブサイトで使用されます。デフォルトでは、プラグインはキオスクで自動実行されます。
キーボードの最上段のキーをファンクション キーとして設定
キーボードの最上段のキーのデフォルトの動作を指定します。この設定をオンにすると、キーはファンクション キーとして機能します(例: F1、F2)。この設定をオフにすると、キーは再生や一時停止などのメディアキーとして機能します。Chromebook キーボードの検索キーを長押しすることで、メディアキーからファンクション キー、およびファンクション キーからメディアキーに切り替えることができます。
メンテナンス時間枠
キオスクアプリのメンテナンス時間の開始時刻と終了時刻(現地時間)を指定します。開始時刻になると、キオスクアプリは自動的に停止します。その後、アプリのメンテナンス作業(保留中のアプリ更新など)を行います。終了時刻になると、アプリは自動的に再開します。

キオスクアプリの設定を自動起動する

稼働状況の監視を有効にする
[稼働状況の監視を有効にする] を選択すると、キオスクの稼働状況に関するレポートを取得できます。この設定を行うと、デバイスがオンラインで正常に動作しているかどうかを確認できます。
システムログのアップロード有効化

[システムログのアップロード有効化] を選択すると、キオスク デバイスのシステムログが自動的に取得されます。ログは 12 時間おきに取得され、管理コンソールにアップロードされます。ログは最長で 60 日間保存されます。1 回につき 7 件のログをダウンロードできます(内訳は過去 5 日間の日次ログ(計 5 件)、30 日前のログ(1 件)、45 日前のログ(1 件)です)。

詳しくは、キオスクの稼働状況を確認するをご覧ください。

注: ログのアップロードを有効にする前に、デバイスの操作が監視されている可能性があること、デバイスに入力したデータが誤ってログに記録され、共有される可能性があることを、管理対象のキオスク デバイスのユーザーに通知することが義務付けられます。上の内容をユーザーに通知せずにこの設定を有効にした場合は、Google との契約条項違反となります。

画面の回転(右回り)
キオスク端末の画面の向きを設定するには、目的の画面の向きを選択します。たとえば、画面を回転して縦向きにするには、[90 度] を選択します。デバイスの画面の向きを手動で設定すると、このポリシーをオーバーライドできます。

関連トピック

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。