1 つのアプリに Chrome ポリシーを設定する

Google 管理コンソールから Chrome ポリシーを設定する管理者を対象としています。

Chrome Enterprise 管理者は、管理コンソールで特定の Chrome アプリ、拡張機能、サポート対象の Android アプリにポリシーを適用できます。たとえば、アプリを自動インストールしてユーザーの Chrome タスクバーに固定できます。

アプリ管理を設定する

Chrome ブラウザや Chrome OS 搭載端末で管理対象の Google アカウントにユーザーがログインすると、以下が適用されます。

ヒント: ブラウザ拡張機能のリストを使用して、登録されているブラウザ用の拡張機能の自動インストールやブロックを簡単に行うことができます。

1 つのアプリにポリシーを設定する(主な手順)

始める前に: 特定のグループのユーザーや登録済みの Chrome ブラウザの設定を行うには、ユーザー アカウントやブラウザを 1 つの組織部門に配置します。

  1. Google 管理コンソールログインします。

    管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないもの)でログインします。

  2. 管理コンソールのホームページから、[デバイス管理] 次に [Chrome 管理] にアクセスします。

    [デバイス管理] がホームページに表示されていない場合は、画面下部の [その他の設定] をクリックします。

  3. [アプリの管理] をクリックします。
  4. 左側の [アプリの種類] フィルタを使用して [Chrome アプリ] または [Android アプリ] を表示します。
  5. 左側の [タイプ] フィルタを使用して次のアプリを表示します。
    • 承認済みまたは設定済みの Android アプリ
    • ドメインのアプリ、ビジネス用アプリ、設定済みの Chrome アプリ
    • ビジネス拡張機能
  6. 管理するアプリのタイトル(アイコンではありません)をクリックします。
  7. 次のいずれかをクリックします。
    • ユーザー設定 - ユーザーが管理対象の Google アカウントで任意のデバイスにログインしたときに、ユーザーレベルでアプリを設定します。Windows、Mac、Linux パソコンでユーザーレベルの設定を機能させるには、Chrome ブラウザ管理をオンにする必要があります。

      これらの設定の一部は、Windows、Mac、Linux パソコンの登録済み Chrome ブラウザにも適用できます。ただし、登録済みのブラウザのアプリケーションと拡張機能をブラウザ拡張機能のリストから管理する方が簡単な場合があります。

    • 公開セッションの設定 - 管理対象の Chrome OS デバイスで公開セッションにログインするユーザー向けにアプリを設定します。
    • キオスクの設定 - アプリをキオスクアプリとしてデプロイします(アプリのマニフェスト ファイルで kiosk-enabled が true になっている場合)。
  8. [組織] で、設定を適用するユーザー アカウントまたは登録済みのブラウザが含まれている組織部門を選択します。
    すべてのユーザーやブラウザの設定を行う場合は、最上位の組織部門を選択します。それ以外の場合は子組織を選択します。詳細
  9. 変更するアプリや拡張機能のポリシーを設定します。詳しくは、各設定の詳細をご覧ください。

    初期設定では、組織部門の設定は親組織から継承されます。子組織の設定を変更する場合は、次の操作を行います。

    • 継承した値をオーバーライドするには、[オーバーライド] をクリックします。設定を変更します。
    • オーバーライドした設定を親組織の値に戻すには、[継承] をクリックします。
  10. [保存] をクリックします。
アプリを表示、検索する

管理コンソールでは、ポリシーを設定したすべてのアプリや拡張機能を表示できます。また、他に設定するアプリを Chrome ウェブストアで検索することもできます。

  1. Google 管理コンソールログインします。

    管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないもの)でログインします。

  2. 管理コンソールのホームページから、[デバイス管理] 次に [Chrome 管理] にアクセスします。

    [デバイス管理] がホームページに表示されていない場合は、画面下部の [その他の設定] をクリックします。

  3. [アプリの管理] をクリックします。
  4. 左側の [検索] で、検索キーワードを入力して特定のアプリを探します。

    検索対象は Chrome ウェブストアと設定済みのすべてのアプリで、検索結果ごとにアプリがブロックされているかどうか、インストールされているかどうか、Chrome ウェブストアでおすすめになっているかどうか、キオスクアプリかどうかなどの詳細が表示されます。

アプリのカスタム ポリシーをインストールする

一部のアプリや拡張機能については、設定ファイルをアップロードすることでそのアプリのカスタム ポリシーをインストールできます。たとえば、デジタル サイネージ キオスクアプリ用の設定ファイルにイベントのスケジュールを含めたり、コールセンターのキオスクアプリ用の設定ファイルに VoIP サーバーの IP アドレスやポート番号を含めたりすることができます。

始める前に: アプリが設定ファイルをサポートしているかどうか、またサポートしている場合どのようなカスタム ポリシーを設定できるかを確認するには、そのアプリのドキュメントをご覧ください。

  1. 上記の手順に沿って、アプリまたは拡張機能のポリシーを設定します。
  2. カスタム ポリシーをインストールするアプリを見つけます。
  3. 設定する組織部門を選んだら、ボタンをクリックして設定ファイルをアップロードします。

    [設定] オプションが表示されない場合、そのアプリはカスタマイズできません。

  4. インストールする新しいポリシーを記述した設定ファイルをアップロードします。

キオスクの設定

各設定の詳細

使用できる設定は、ユーザー公開セッションキオスクの設定のどれを更新するかで異なります。詳しくは、上記の説明をご覧ください。

ユーザー設定、公開セッションの設定、キオスクの設定

クライアント証明書とキーへのアクセスを許可

ユーザー設定、公開セッションの設定、キオスクの設定に適用されます。

クライアント証明書の読み取りと使用をアプリに許可します。

例外: 組織内でサポートされる Chrome デバイスに対して Android アプリを有効にしていても、このポリシーを使用してクライアント証明書やキーへのアクセスを Android アプリに許可することはできません。

設定

ユーザー設定、公開セッションの設定、キオスクの設定に適用されます。

設定ファイルをアップロードして、アプリでサポートするカスタマイズ済みのポリシーや設定をインストールします。[設定] は、アプリで設定ファイルをサポートしている場合にのみ表示されます。

詳細は下記のページをご覧ください。

ユーザー設定、公開セッションの設定

インストールを許可

ユーザー設定と公開セッションの設定に適用されます。

ユーザーがアプリをインストールできるようにします。

タスクバーに固定

ユーザー設定と公開セッションの設定に適用されます。

(Chrome OS のみ)アプリをタスクバーに固定します。

自動的にインストール

ユーザー設定と公開セッションの設定に適用されます。

現在のアプリを自動的にインストールし、ユーザーによるアンインストールを防止します。

詳しくは、アプリや拡張機能を自動インストールするをご覧ください。

ユーザー設定のみ

権限で拡張機能をブロック

ユーザー設定に適用されます。

この設定には 2 通りの使い方があります。

アプリの種類でインストールをブロックする

組織で許可されていないアクセス権限を要求するアプリや拡張機能を、ユーザーが実行できないようにします。特定のアクセス権限を要求するアプリを許可するかブロックするかを選択してから、許可やブロックの対象にする権限のチェックボックスをオンにします。

詳しくは、アクセス権限に基づいて、ユーザーによるアプリの実行を禁止するをご覧ください。

アプリに対して会社のウェブページの変更を禁止する

指定したウェブページをアプリや拡張機能が変更できるかどうかを制御します。

詳しくは、Chrome 拡張機能によるウェブページの変更を禁止するをご覧ください。

  • ブロックされている URL - このアプリによる変更をブロックするウェブページの URL。
  • 許可されている URL - このアプリによる変更を許可するページの URL。[ブロックされている URL] で定義されているページにもアクセスが許可されます。

URL の構文

ホストパターンの形式は、[http|https|ftp|*]://[<サブドメイン>|*].[<ホスト名>|*].[eTLD|*] です。

  • [http|https|ftp|*]、[<ホスト名>|*]、[eTLD|*] は必須です。
  • [<サブドメイン>|*] は省略可能です。
有効なホストパターン 一致する 一致しない
*://*.example.* http://example.com
https://test.example.co.uk
https://example.google.com
http://example.google.co.uk
http://example.* http://example.com http://example.ly https://example.com
http://test.example.com
http://example.com http://example.com https://example.com
http://test.example.co.uk
http://*.example.com http://example.com
http://test.example.com
http://t.t.example.com
https://example.com
https://test.example.com
http://example.co.* http://example.co.com
http://example.co.co.uk
http://example.co.uk
http://*.test.example.com http://t.test.example.com
http://test.example.com
http://not.example.com
*://* すべての URL  

 

無効なホストパターン

  • http://t.*.example.com
  • http*://example.com
  • http://*example.com
  • http://example.com/
  • http://example.com/*
Chrome ウェブストア コレクションに追加

ユーザー設定に適用されます。

Chrome ウェブストアでアプリをユーザーに推奨します。

エンタープライズ キーの本人確認へのアクセスを許可する

ユーザー設定に適用されます。

自動インストールされたアプリが chrome.enterprise.platformKeys.challengeUserKey API と challengeMachineKey API を呼び出せるようにします。詳しくは、Verified Access API Developer Guide(英語)をご覧ください。

キオスクの設定のみ

アプリに電源の管理を許可する

キオスクの設定に適用されます。

アプリから電源の API を呼び出して、デフォルトの Chrome 端末の動作を変更できるようにします。

端末設定ページ

キオスクの設定に適用されます。

キオスクアプリを自動的に起動するように [端末の設定] ページで設定します。1 台の端末に複数のキオスクアプリを導入できますが、端末の起動時に自動的に起動できるキオスクアプリは 1 つだけです。

アプリをシングルアプリ キオスクとして設定するには:

  1. [端末設定ページ] をクリックします。
  2. [キオスクの設定] に移動します。
  3. [キオスクアプリを自動起動] から自動的に起動するキオスクアプリを選択します。
仮想キーボードを無効にする

キオスクの設定に適用されます。

アプリの仮想キーボードを無効にします。無効にすると、端末にタッチ スクリーン機能がある場合や、端末でタッチ スクリーンが有効になっている場合も、仮想キーボードはポップアップ表示されなくなります。

デスクトップ統合(ベータ版)を有効にする

キオスクの設定に適用されます。

アプリを同じ解像度の複数のモニターや TV に拡張表示できます。最多で 2 台の外付けモニターを接続できます。デスクトップ統合が有効の場合、端末にモニターを接続すると、デフォルトでデスクトップ統合モードになります。この設定が無効の場合でも 2 台の外付けモニターを使用できますが、デスクトップを 2 台のモニターにまたがるように拡張させても、各ウィンドウはどちらか 1 台の画面にしか表示されません。

自動的にインストール

キオスクの設定に適用されます。

キオスク端末にアプリを自動的にインストールします。

メンテナンス時間枠

キオスクの設定に適用されます。

キオスクアプリのメンテナンス時間の開始時刻と終了時刻(現地時間)を指定します。開始時刻にキオスクアプリは自動停止し、保留中のアプリ更新などのメンテナンス作業をアプリに対して行います。終了時刻になると、アプリは自動的に再開します。

プラグイン

キオスクの設定に適用されます。

ウェブサイトでのプラグインの実行を許可するかどうかを設定します。プラグインは、Chrome では本来処理できない特定の種類のウェブ コンテンツ(Adobe® Flash® など)を表示するためにウェブサイトで使用されます。デフォルトでは、プラグインはキオスクで自動的に実行されます。

詳しくは、Chrome で Flash を管理するをご覧ください。

最上段のキーをファンクション キーとして使用

キオスクの設定に適用されます。

キーボードの最上段のキーのデフォルトの動作を指定します。この設定をオンにすると、キーはファンクション キーとして機能します(例: F1、F2)。この設定をオフにすると、キーは再生や一時停止などのメディアキーとして機能します。Chromebook キーボードの検索キーを押し続けることで、メディアキーからファンクション キー、およびファンクション キーからメディアキーに切り替えることができます。

関連トピック

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。