Windows 向けの従来のブラウザのサポート

2)「従来のブラウザのサポート」Chrome 拡張機能をインストールする

この早期導入グループに対して、Chrome に「従来のブラウザのサポート」拡張機能が自動的にインストールされるように設定するには、ExtensionInstallForcelist ポリシーを設定または更新し、ID: heildphpnddilhkemkielfhnkaagiabh;https://clients2.google.com/service/update2/crx を追加します。

任意のソフトウェア プロビジョニング ツールを使用して、提供された msi ファイルから「従来のブラウザのサポート」ネイティブ ホスト アドオンをインストールします。32 ビット版と 64 ビット版があり、32 ビット版は古いシステムに使用できます。64 ビット版は、Windows 32 ビット版と 64 ビット版の両方に対応しています。

「従来のブラウザのサポート」Chrome 拡張機能が適切に動作するには、このパッケージが必要です。
  1. Windows 32 ビット版または Windows 64 ビット版用の「従来のブラウザのサポート」MSI インストーラの最新バージョンをダウンロードします。「従来のブラウザのサポート」のバージョン履歴については、従来のブラウザのサポートのリリースノートをご覧ください。

  2. 任意のソフトウェア プロビジョニング ツールを使用してインストーラを展開します。

  3. ネイティブ ホスト アドオンを使用するには、Chrome 拡張機能が適切に動作することが条件となります。Chrome で拡張機能が読み込まれ、レジストリからポリシーが読み取られると、このアドオンが機能するようになります。

重要: 従来のブラウザで開きたいページが閉じられる場合は、こちらの「どのブラウザでも移行を行わないホスト」ポリシーを設定する必要があります。

Windows グループ ポリシー(GPO)の設定方法については、Microsoft のドキュメントをご覧ください。

この拡張機能の動作: Chrome で入力またはクリックした URL を表示するのに従来のブラウザが必要な場合、ページが自動的に代替ブラウザで開かれます。

指定された URL がブラウザ以外のアプリ(Microsoft Outlook® など)でクリックされた場合、Chrome がデフォルトのブラウザであっても、この拡張機能によってサイトが指定の代替ブラウザで開かれます。必要に応じて、Chrome をこのテストグループのユーザーのデフォルト ブラウザにすることもできます。

関連情報

この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。