Chrome のサービス

企業や学校で使う Chrome デバイスの管理者向けの内容です。

Chrome サービス ライセンス契約が適用されるサービス

Chrome Enterprise Upgrade、Chrome Education Upgrade、Chrome Nonprofit Upgrade、Chromebook Enterprise の各サービスでは、特定の Chrome デバイスに対して設定を行ったり、ポリシーを適用したりできます。ユーザー アクセスの管理、機能のカスタマイズ、ネットワーク アクセスの設定などが可能です。ご自分の組織に適したサービスをお選びください。

Chrome Kiosk サービスでは、シングルアプリ キオスクとして利用する Chrome デバイスを設定、導入、モニタリングするために必要な設定を行うことができます。デジタル署名や店舗の POS システムなど、キオスクとして利用するデバイスに最適です。ただし、管理対象のゲスト セッション キオスクには使用できません。このサービスは、企業のお客様のみご利用いただけます。

Chrome ブラウザ クラウド管理ライセンス契約が適用されるサービス

管理者は Chrome ブラウザ クラウド管理(CBCM)を使用して、CBCM に登録されたデバイスでの Chrome ブラウザの使用に関するレポートを閲覧できます。また管理コンソールからデバイスを組織部門ごとに分類したり、拡張機能を管理したりできるほか、登録済みのすべてのデバイスにポリシーを設定することもできます。CBCM は監査対象サービスではありません。

Chrome Enterprise がサポートされている国や地域

拠点とする国または地域で Chrome ライセンスを利用できるかどうかを確認するには、Chrome Enterprise のセールスチームにお問い合わせください。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。