Chrome ブラウザのトラブルシューティング

インストールに関する問題

ファイアウォールの内側でインストールを実行するとタイムアウトになり、インストールできない

デフォルトでは、インストール時に Google アップデータがアップデートを確認しようとしますが、ファイアウォールがあると確認できません。

この確認作業をスキップするには、次のようにパラメータ「NOGOOGLEUPDATEPING=1」を渡します。

msiexec /i GoogleChromeStandaloneEnterprise.msi NOGOOGLEUPDATEPING=1 /l*v log.txt
既存の MSI インストールに上書きする形で MSI をインストールすると、「より新しいバージョンが存在します」というエラーが表示される

自動更新が有効になっている場合、インストールしようとしている MSI のバージョンが既に古くなっているという可能性があります。Dev チャンネルや Beta チャンネルをインストールしている場合、これらのチャンネルは新しいバージョンに属しているため、MSI では上書きできません。

Windows 用の Chrome の最新の公開バージョンを確認するには、こちらをクリックしてください。最新バージョンはこちらからダウンロードできます。

インストールを修復しようとしても失敗する

自動更新が有効になっている場合、より新しいバージョンでインストールが自動更新されていると考えられます。この場合、修復が失敗するのは、MSI よりも新しいバージョンになっていることが原因です。

公開版の最新の MSI をダウンロードして、修復にお使いください。

MSI を以前のインストールに適用すると、必要なプログラムを実行できないというメッセージが表示される

インストール実行時に /f フラグを指定する(つまり、マイナー アップグレードとして実行する)と、このエラー メッセージが表示されます。

Windows インストーラ パッケージに問題があり、このインストールを完了するのに必要なプログラムを実行できませんでした。サポート担当者またはパッケージ製造元に問い合わせてください。

代わりに、/i フラグを指定してインストールをメジャー アップグレードとして実行する必要があります。

バージョンに関する問題

MSI の古いバージョンまたは最新バージョンを入手したい

古いバージョンは入手できません。公開版の最新バージョンはいつでもこちらからダウンロードできます。

Google では、約 6 週間ごとに公開チャンネルに新しい「メジャー」バージョンをリリースしています。また、重大な問題が発生した場合や、セキュリティの問題が発生した場合は、次のメジャー アップデートの前でも必要に応じてこの公開チャンネルを更新しています。

既存の MSI インストールを修復する必要があり、自動更新が有効になっている場合は、公開版の最新の MSI で修復することができます。

一般向け Chrome をインストール済みの場合に Chrome for Work をプッシュするとどうなるか

1 台のマシンにインストールできる Chrome のバージョンは 1 つのみです。一般向け Chrome が既に存在することが MSI によって検出された場合、一般向けの Chrome は削除され、ユーザーのショートカットが更新されます。そのユーザーが次回 Chrome を起動したときは、Chrome for Work が使用されます。

この処理はシームレスに行われますが、ときに動作に不整合が生じることがあります。MSI をプッシュ送信する前に、一般向け Chrome をアンインストールすることをおすすめします。

Chrome for Work をプッシュする前にプッシュ先マシンから一般向け Chrome を完全にアンインストールするには

次のレジストリ キーを、追加のパラメータと共に付加して実行します。

HKEY_CURRENT_USER\Software\Google\Update\ClientState\{8A69D345-D564-463c-AFF1-A69D9E530F96}\UninstallString +
HKEY_CURRENT_USER\Software\Google\Update\ClientState\{8A69D345-D564-463c-AFF1-A69D9E530F96}\UninstallArguments + '--force-uninstall'

コマンドは次のようになります。

[ユーザーのデータ ディレクトリへのパス]\setup.exe --uninstall --force-uninstall'
一般向け Chrome をアンインストールした場合にユーザーのデータは消去されるか

ユーザー データは Chrome インストールとは別に保持されます。

ただし、ユーザーが使用していた Chrome の方がバージョンが新しい場合、プロフィール データが古いバージョンの Chrome で動作しない可能性があり、実行しようとすると警告が表示されます。プッシュ送信する Chrome が公開チャンネルの最新バージョンであることを確認してください。

新バージョンがリリースされたが、自分のマシンにインストールされている Chrome が自動更新されない

通常、更新後数日間は、安定度合いを観察し、適切なアップデートをプッシュしていることを確認するために、アップデートを制限しています。すべてのユーザーがすぐにアップデートを入手できるわけではないため、その間は、自動更新されるマシンとそうでないマシンが混在することもあります。

最新版が今すぐ必要な場合は、最新の MSI をダウンロードして、手動でプッシュすることをおすすめします。

その他の問題

デフォルトの検索プロバイダを設定しようとしてもうまくいかない

デフォルトの検索プロバイダのポリシーで使用する検索プロバイダの URL 形式は、オプション ダイアログに表示される形式とは異なります。オプション ダイアログの形式を使用した場合、そのポリシーは無視されます。

検索 URL で検索キーワードを引用するには、%s ではなく {searchTerms} を使用します。Google の検索 URL を例にすると、次のようになります。

誤: http://www.google.com/?q=%s

正: http://www.google.com/?q={searchTerms}

ユーザーの Chrome プロフィールをローミング プロフィールに保存する、またはネットワーク ドライブと同期する場合の問題

Chrome のユーザー プロフィールには、後方互換性がありません。バージョンが一致しないプロフィールや Chrome を使用しようとすると、クラッシュやデータ損失が発生することがあります。このような不一致がよく起きるのは、Chrome プロフィールをローミング プロフィールに同期したり、異なるバージョンの Chrome がインストールされた複数のマシンでネットワーク ドライブに同期したりする場合です。Chrome Sync の使用をご検討ください。このツールを使用すると、このような場合でもローミング プロフィールを使用せずに複数のマシンで同じユーザー設定を使用できます。

このことを考慮して、ユーザー プロフィールとキャッシュの場所を管理するための次のポリシーが定義されています。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。