検索
検索をクリア
検索終了
Google アプリ
メインメニュー

Chrome 端末の管理

Chromebook icon updated Dec 2013

管理者は、Chrome 管理によって組織の Chrome 端末を 1 か所で管理できます。組織のユーザー向けに Chrome 機能を設定したり、VPN や Wi-Fi ネットワークへのアクセスを設定したり、Chrome アプリや拡張機能を強制的にインストールしたりすることが可能です。

端末の各設定は特定の組織部門のみに適用することも、組織全体に適用することもできます。また、ほとんどの設定で、特定の設定を強制的に適用することも、ユーザーによる選択を許可することもできます。たとえば、管理者はすべての端末で最初に表示されるホームページを統一したり、ユーザーがホームページを変更することを許可したりできます。

ライセンスの取得、登録、端末の設定

組織で管理するすべての Chrome 端末に Chrome ライセンスが必要です。ライセンスの購入については、Chrome チームか Google for Education チームまでお問い合わせください。オンラインで Chrome Enterprise ライセンスを購入することもできます。

端末のライセンスを購入したら、Google 管理コンソールで登録を行い、設定やポリシーを適用します。

Chrome の設定

  1. Google 管理コンソールログインします。

    管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないもの)でログインします。

  2. 管理コンソールのダッシュボードから [端末管理]次へ[Chrome 管理] にアクセスします。

    ダッシュボードに [端末管理] が見当たらない場合は、画面下部の [その他の設定] をクリックします。

  3. 設定を適用する組織を選択します。
    注: 組織部門の設定は、デフォルトでは組織ツリー内の親部門から継承されますが、継承した設定は、子部門の設定を明示的に変更することでオーバーライドできます。新しい設定は、その組織部門のユーザーに適用され、その組織部門のすべての子部門にも継承されます。
  4. 下記の Chrome 設定のカテゴリをご覧ください。
  5. [保存] をクリックします。

設定は通常数分で有効になりますが、組織全体に反映されるまで 1 時間ほどかかる場合もあります。

Chrome 設定のカテゴリ

ユーザー設定

注: ユーザー設定は、シングルアプリの Chrome キオスク ライセンスで登録した端末では使用できません。

これらの設定は、管理対象ユーザーの Chrome セッションに適用されます。Chrome 端末を含むあらゆるプラットフォーム上の Chrome セッションが適用の対象になります。ゲストモードでログインしたユーザーや、会社や組織以外の Google アカウントでログインしたユーザーには適用されません。ほとんどの設定で、特定の設定を強制的に適用することも、ユーザーによる選択を許可することもできます。たとえば、すべての端末で最初に表示されるホームページを統一したり、ユーザーがホームページを変更することを許可したりできます。

[ユーザー設定] ページでは以下を設定できます。

詳しくは、ユーザー用 Chrome ポリシーの設定をご覧ください。

公開セッションの設定

注: 公開セッションの設定は、シングルアプリのキオスク ライセンスで登録した端末では使用できません。

公開セッションを使用すると、複数のユーザーが各自の Google アカウントでログインしなくても 1 台の Chrome 端末を共有できます。公開セッションは一般に、図書館、インターネット カフェ、ビジネス センターのレンタル端末などに使用します。学生の試験や、店舗の POS キオスク端末などにも使用できます。詳しくは、公開セッション端末を管理するをご覧ください。

端末の設定

注: 一部の端末設定は、シングルアプリのキオスク ライセンスで登録した端末では使用できません。

これらの設定は、端末を使用するすべてのユーザーに適用されます。ゲストモードや組織外の Google アカウントでログインしたユーザーにも適用されます。

詳しくは、端末設定の管理をご覧ください。

端末

Chrome 端末の詳細な情報(ハードウェア情報、OS 情報、システム アクティビティ、トラブルシューティングのための情報など)を確認できます。

詳しくは、Chrome 搭載端末情報の表示をご覧ください。

アプリの管理

個別の Chrome アプリに対してポリシーや設定を適用します(ユーザー設定の場合は、組織部門内のすべての Chrome アプリを同時に管理できる点が異なります)。ユーザー設定で適用できるアプリのポリシー(ブロック、許可、強制インストール、Chrome ウェブストアでアプリをおすすめするなど)は、アプリの管理でもすべて使用できます。

さらにアプリの管理では、ドメイン内のすべての組織部門にある設定済みアプリの統一的なリストを表示することもできます。アプリの設定を変更して、アプリをカスタマイズしたりキオスクアプリとして導入したりすることもできます。

詳しくは、Chrome アプリを個別に管理するをご覧ください。

レポート

このページでは、Chrome 端末のレポートを表示できます。7 日間アクティブだった Chrome 端末、端末のリリース チャンネル、端末のブートモード、バージョン別の端末台数などのレポートを利用できます。

配送

このページでは、端末の配送状況を確認できます。このオプションは、端末を Google から直接購入した場合にのみ表示されます。

[配送] ページに表示されるのは、Google から出荷された端末のみです。ベンダーや販売パートナーなど、Google 以外のサイトから注文した端末はこのページに表示されません。Google からの出荷は 2013 年後半で終了したため、その後注文したハードウェアの情報はこのページに表示されません。配送の詳細については、販売パートナーまでお問い合わせください

注: 変更が Google のシステムに反映されるまでに最大で 24 時間かかることがありますが、通常はより短時間で反映されます。

詳しくは、Chrome 端末の注文を確認するをご覧ください。

推奨事項

  • 印刷の設定 - Google クラウド プリントを設定すると、組織の Chrome 端末から印刷できるようになります。
  • 端末の情報の表示 - 管理コンソールで [端末管理] > [Chrome 搭載端末] をクリックすると、ドメイン内の Chrome 端末の情報を確認できます。
  • リリース方式 - ほとんどの Chrome 端末は Stable リリース チャンネルを使用するように設定し、一部の端末には Beta リリース チャンネルや Dev リリース チャンネルを設定します。これにより、Chrome の新機能をテストしたり、Chrome と環境の互換性を確認したりできます。リリース チャンネルの詳細については、Chrome 端末の設定の管理をご覧ください。

関連トピック

この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。