在宅勤務からオフィス勤務に戻すことをご検討中のお客様は、Chrome OS の活用方法をご覧ください。

Chrome のアプリまたは拡張機能の更新を固定する

Google 管理コンソールから Chrome ポリシーを設定する管理者を対象としています。

Chrome Enterprise の管理者は Chrome のアプリまたは拡張機能を最新のバージョンに固定して、新しいバージョンに更新するタイミングを制御できます。

始める前に

  • バージョンを固定できるのは、[ユーザーとブラウザ] または [管理対象のゲスト セッション] で自動インストールするように設定した Chrome のアプリと拡張機能のみです。詳しくは、アプリと拡張機能を自動的にインストールするをご覧ください。
  • アプリと拡張機能のバージョンの固定を解除し忘れると、重要なセキュリティ アップデートや互換性に関わる更新が適用されないままになったり、新機能を使用できなくなったりするおそれがあります。
  • 現在のところ、マルチプラットフォームの zip ファイルには対応していません。マルチプラットフォームの zip ファイルについて詳しくは、Chrome デベロッパー向けのドキュメントをご覧ください。
  • 固定できるのは、Chrome ウェブストアから入手できる最新バージョンか、現在組織部門で利用可能なバージョンのみです。以前固定していたバージョンが使用されなくなった場合、2 か月後にはそのバージョンに固定できなくなります。
  • アプリまたは拡張機能のバージョンをアップグレードすることはできますが、ダウングレードすることはできません。たとえば、特定のアプリまたは拡張機能の上位バージョンを使用している組織部門から Chrome OS デバイスを移動しても、そのアプリまたは拡張機能がダウングレードされることはありません。
  • 古いアプリまたは拡張機能には、新しいバージョンが利用可能なことを知らせる情報アイコンが表示されます。

Chrome ウェブストア アプリを固定する

  1. Google 管理コンソールログインします。

    管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないもの)でログインします。

  2. 管理コンソールのホームページで、[デバイス] 次に [Chrome 管理] に移動します。
  3. [アプリと拡張機能] をクリックします。
  4. 特定のバージョンに固定するアプリまたは拡張機能の種類をクリックします。
    • ユーザーとブラウザ — バージョン 89 以降の Chrome OS デバイスの場合
    • 管理対象のゲスト セッション — バージョン 98 以降の Chrome OS デバイスの場合
  5. 全ユーザーに設定を適用する場合は、最上位の組織部門を選択したままにします。それ以外の場合は、子組織部門を選択します。
  6. 固定するアプリを探します。
  7. [バージョンの固定] で、固定するバージョンを選択します。
    アプリと拡張機能を初めて固定する場合は、利用可能な最新バージョンにのみ固定できます。固定済みのアプリと拡張機能については、引き続きそのバージョンに固定できます。新しいバージョンが利用可能な場合は、最新バージョンに固定することもできます。
    注: アプリまたは拡張機能が特定のバージョンに固定されないようにするには、[固定しない] を選択します。
  8. [OK] をクリックして確定します。

自己ホスト型のアプリを固定する

  1. Google 管理コンソールログインします。

    管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないもの)でログインします。

  2. 管理コンソールのホームページで、[デバイス] 次に [Chrome 管理] に移動します。
  3. [アプリと拡張機能] をクリックします。
  4. 特定のバージョンに固定するアプリまたは拡張機能の種類をクリックします。
    • ユーザーとブラウザ — バージョン 89 以降の Chrome OS デバイスの場合
    • 管理対象のゲスト セッション — バージョン 98 以降の Chrome OS デバイスの場合
  5. 全ユーザーに設定を適用する場合は、最上位の組織部門を選択したままにします。それ以外の場合は、子組織部門を選択します。
  6. 固定するアプリの行を見つけてクリックします。サイドパネルが開き、詳細情報を確認したり、ポリシーを設定したりできます。
  7. [デプロイの設定] に移動します。
  8. [インストール URL] には、Chrome アプリまたは拡張機能を追加したときに使用したカスタム URL を入力します。入力する URL が「http://」ではなく「https://」で始まっていることを確認してください。
  9. [URL を更新] で、次のどちらかを選択します。
    • インストール URL(上記を参照): 常にインストール URL(マニフェスト ファイル)を使用して、バージョンの設定やインストールを行います。
    • 拡張機能のマニフェストに記載された Updatecheck URL: アプリまたは拡張機能のマニフェストで指定した URL を使用して更新します。
  10. [保存] をクリックします。

関連トピック

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
true
410864
false
false