Google Chat で履歴をオンまたはオフにする

Google Chat でユーザーまたはグループにメッセージを送信する際に、その会話を保存するのか、24 時間後に自動的に削除されるようにするのかを選択できます。

チャットの参加者の誰かが履歴をオンまたはオフにした場合:

  • 履歴がオンまたはオフになったことを知らせるメモがメッセージ ストリームに表示されます。
  • [履歴がオンになっています] または [履歴がオフになっています] というメッセージが入力ボックスに表示されます。

会話の履歴を管理できるユーザー

  • 仕事用または学校用アカウントで Google Chat を使用している場合: チャットの履歴設定を使用してチャットを保存できるかどうかは、組織の設定によって決まります。
  • 個人アカウントで Google Chat を使用している場合: 履歴を有効にするかオフにするかをユーザーが選択できます。

会話の履歴を管理する

  1. パソコンで Google Chat または Gmail を開きます。
    • Gmail の場合: 左側の [チャット] をクリックします。
  2. 会話を開きます。
  3. 上部の会話名 次に [履歴をオンにする] または [履歴をオフにする] をクリックします。

スペースの履歴について

履歴がオンの場合

  • 会話がトピック別にグループ化されるスペースでは履歴が常にオンになります。
  • インライン スレッド形式のスペースでは、履歴がデフォルトでオンになります。ただし、Workspace アカウントをご利用の場合は、管理者の方がデフォルトの履歴設定を変更することがあります。
  • 履歴がオンの場合、スペースに追加されたユーザーは、自分がスペースに参加する前に投稿された過去のメッセージも閲覧できます。

履歴がオフの場合

検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー