Google Chat でチャットの履歴をオンまたはオフにする

組織で許可されている場合は、履歴設定を使用して、チャットを保存するかどうかを選択できます。履歴がオフの場合、メッセージは 24 時間後に削除されます。

チャットの参加者の誰かが履歴をオンまたはオフにすると、次のようになります。

  • 履歴がオンまたはオフになったことを示すメモがメッセージ ストリームに表示されます。
  • [履歴がオンになっています] または [履歴がオフになっています] というメッセージが入力ボックスに表示されます。

注:

  • 会話がスレッド化されるチャットルームでは履歴が常にオンになります。新しい会話スレッドを開始する手順をご覧ください。
  • 会話がスレッド化されないチャットルームでチャットの履歴がオフになっている場合でも、メッセージを Gmail の受信トレイに転送しておけば、そのメッセージがメールで残ります。
  • チャットルームの履歴がオフになっている場合、ファイルを共有しても、そのチャットルームの [ファイル] セクションには表示されません。共有したファイルが他のユーザーにも表示されるようにするには、チャットルームの履歴をオンにしてからファイルを共有してください。Gmail のチャットルームでファイルを管理する方法をご覧ください。
  • チャットの履歴がオンの場合、チャットルームに追加されたユーザーは過去のメッセージも閲覧できます。

Chat で履歴をオンまたはオフにする

  1. Google Chat にアクセスします。
  2. 会話を選択します。
  3. 上部の連絡先または会話の名前の横にある下矢印 "" をクリックします。
  4. [履歴をオンにする] または [履歴をオフにする] をクリックします。

Gmail でチャットの履歴をオンまたはオフにする

  1. Gmail にアクセスします。
  2. 会話を選択します。
  3. その他アイコン "" 次に [履歴をオンにする] または [履歴をオフにする] をクリックします。

関連記事

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。