Google Chat の「チャットルーム」の名称が「スペース」に変更されました。名称の変更がすべての場所に反映されるまでに時間がかかることがあります。詳細

Google Chat で履歴をオンまたはオフにする

Google Chat でユーザーまたはグループにメッセージを送信する際に、その会話を保存するのか、24 時間後に自動的に削除されるようにするのかを選択できます。

チャットの参加者の誰かが履歴をオンまたはオフにした場合:

  • 履歴がオンまたはオフになったことを知らせるメモがメッセージ ストリームに表示されます。
  • [履歴がオンになっています] または [履歴がオフになっています] というメッセージが入力ボックスに表示されます。

仕事用、学校用、個人用アカウント

  • 仕事用または学校用アカウントで Google Chat を使用している場合: チャットの履歴設定を使用してチャットを保存できるかどうかは、組織の設定によって決まります。
  • 個人アカウントで Google Chat を使用している場合: 履歴を有効にするかオフにするかをユーザーが選択できます。

ヒント: 履歴がオフの場合、メッセージは 24 時間後に削除されます。

履歴をオンまたはオフにする

  1. Chat アプリ "" または Gmail アプリ "" を開きます。
  2. 目的のチャットの会話を選択します。
  3. 上部の連絡先または会話の名前の横にある右矢印 "" をタップします。
  4. [会話オプション] セクションの [履歴] の横にある [オン] または [オフ] をタップします。

ヒント:

  • 会話がスレッド化されるスペースでは履歴が常にオンになります。Google Workspace アカウントをお使いの場合は、新しい会話スレッドを開始する方法をご確認ください
  • 会話がスレッド化されないスペースで履歴がオフになっている場合でも、メッセージを Gmail の受信トレイに転送しておけば、そのメッセージがメールで残ります。
  • スペースの履歴がオフの場合、共有ファイルはそのスペースの [ファイル] セクションには表示されません。共有したファイルが他のユーザーにも表示されるようにするには、スペースの履歴をオンにしてからファイルを共有してください。Gmail のスペースでファイルを管理する方法をご覧ください。
  • 履歴がオンの場合、スペースに追加されたユーザーは、スペースに参加する前に送信された過去のメッセージも閲覧できます。
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
検索
検索をクリア
検索終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
true
1026838
false