チャットルームとグループ メッセージについて

Google Chat のチャットルームまたはグループ メッセージを使用すると、複数のユーザーとコミュニケーションをとることができます。

  • チャットルーム - プロジェクト チームの継続的なコミュニケーションと共同作業のための中心的な場所です。チャットルームを作成することで、チームのメンバーはファイルの共有、タスクの割り当て、連携の維持をすべて 1 か所で行うことができます。
  • グループ メッセージ - グループのメンバー同士が、臨機応変に直接チャットできます。たとえば、会議の終了後、特定の問題についてその場で話し合うことができます。

チャットルームとグループ メッセージの使い分け

  チャットルーム グループ メッセージ
目的 チームまたはプロジェクトでのコラボレーションとコミュニケーション 複数のユーザー同士でのダイレクト メッセージ
チャットできるユーザー いつでもユーザーを追加または削除できます チャットを開始した後に、他のユーザーを追加または削除することはできません
会話 複数のスレッド化された会話 スレッド化されないメッセージ
メッセージ履歴 常に有効で、組織のポリシーに基づいて保持されます

組織の設定に応じて、次の状態にすることができます

  • 無効(メッセージは 24 時間後に削除されます)
  • 有効(メッセージは組織のポリシーに基づいて保持されます)
名前 チャットルームの作成者が名前を選択します(「Solarmora プロジェクト」など) メンバー名のリストが表示されます(鈴木、佐藤、高橋など)
通知 自分が参加している会話についての通知、または名前リンクされた場合の通知が届きます メンバーにはメッセージごとに通知が届きます
メンバー メンバーは退出、再参加ともに可能です メンバーは退出できませんが、サイドバーでチャットを非表示にすることができます
同じユーザーによる複数のチャットスペース 同じグループで複数のチャットルームを開くことができます 同じグループで複数のグループ メッセージを作成することはできません
タスクの作成と割り当て タスクを作成して、他のチャットルーム メンバーに割り当てることができます 利用できません
ファイルの共有 チャットルームで共有しているファイルのリストを表示できます ファイルの共有はできますが、共有ファイルのリストを表示することはできません
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。