Chat と従来のハングアウトの相互運用

同僚が従来のハングアウトを使っている場合でも、Google Chat からダイレクト メッセージを送ることができます。送信したダイレクト メッセージは Chat に表示され、相手側では従来のハングアウトに表示されます。これはダイレクトメ ッセージにのみ適用されます。グループ メッセージを Chat と従来のハングアウトの間でやり取りすることはできません。

メッセージ

従来のハングアウトと同様、Chat にもダイレクト メッセージとグループ メッセージの両方の機能があります。

  • ダイレクト メッセージ - 従来のハングアウトまたは Chat から送信されたダイレクト メッセージは、他方のサービスからも閲覧、返信することができます。
    注: この機能を使用するには、メッセージの送信時に両方のサービスが組織で有効になっている必要があります。別の組織のユーザーとチャットする場合は、その組織でも両方のサービスを有効にする必要があります。
  • グループでの会話 - 従来のハングアウトまたは Chat で行われるグループでの会話は、他方のサービスからは閲覧、返信できません。グループ メッセージには、従来のハングアウトと Chat 間の互換性がありません。

    従来のハングアウトで行っていたグループ会話を Chat で続けたい場合は、再度グループ会話を作成することをおすすめします。

Chat でメッセージを編集または削除しても、従来のハングアウトを使用する相手側ではそのメッセージは編集も削除もされません。

メッセージの添付ファイル

種類 Chat > 従来バージョン 従来バージョン > Chat
絵文字 従来バージョンに転送 Chat に転送
画像 メッセージへのリンクを送信 Chat に転送
動画 メッセージへのリンクを送信 メッセージへのリンクを送信
ファイル メッセージへのリンクを送信 なし - ファイルの送信は不可能
ステッカー なし - ステッカーなし Chat に転送
場所 なし - 場所の共有は不可能 Chat に転送
リアクション 従来バージョンでは非表示 なし - リアクションの追加は不可能

音声通話とテキスト メッセージ

  • Chat からの電話は、組織で G Suite 版 Google Voice が使用できるように設定されている場合にかけることができます。Chat で電話をかけると、G Suite 版 Voice が開いて発信されます。Chat からのテキスト メッセージの送信は現在のところできませんが、
  • 従来のハングアウトから Chat のユーザーに電話をかけると相手のデバイスの呼び出し音が鳴り、テキスト メッセージを送信すると相手はテキスト メッセージング クライアントでそのメッセージを受信します。

ビデオ通話

  • Chat から従来のハングアウトのユーザーへのビデオ通話 - Chat からのビデオ会議には Meet が使用されます。従来のハングアウトのユーザーには、会議へのリンクが届きます。
  • 従来のハングアウトから Chat ユーザーへのビデオ通話 - 従来のハングアウトにはビデオハングアウト機能が搭載されており、Chat ユーザーには会議へのリンクが届きます。

チャットの履歴の設定

  • チャットの参加者に従来のハングアウトと Chat のユーザーが混在している場合、従来のハングアウトの履歴設定(有効 / 無効)が反映されます。詳細

検索

  • 1 対 1 のダイレクト メッセージ - 1 対 1 のダイレクト メッセージは、従来のハングアウトのものでも Chat のものでも、すべて Gmail で検索できます。
  • グループ メッセージとチャットルーム - 従来のハングアウトのグループ メッセージはすべて、Gmail で検索できます。Chat のグループ メッセージとチャットルームは、Chat で検索できます。

Chat の保持ルールまたは記録保持(リティゲーション ホールド)が Google Vault で設定されている場合、Gmail、従来のハングアウト、Chat のメッセージはその設定に従って保持されます。

関連トピック

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。