チャット メッセージでファイルを送信、共有する

パソコン、モバイル デバイス、Google ドライブから Google Chat メッセージに直接ファイルを追加できます。200 MB までのファイルを送信可能で、BMP、GIF、JPEG、PNG、WBMP、HEIC 形式の画像ファイルを添付できます。一部のファイル形式は送信できません(以下を参照)。チャットルームでは、共有しているファイルのリストを表示したり、ファイルを開いたり、ファイルをドライブに追加したりすることができます。

チャット メッセージでファイルを送信する

  1. Chat または Gmail にログインします。
  2. メッセージを入力し、必要に応じて次のことを行います。
    • パソコンにあるファイルを添付するには、アップロード アイコン "" をクリックします。
      ファイルはドライブには追加されません。他のユーザーはメッセージ内のファイルを直接取得します。
    • ドライブにあるファイルを添付するには、Google ドライブ アイコン "" をクリックします。
      チャットルームまたはダイレクト メッセージの相手にファイルへのアクセス権がない場合は、送信時に警告が表示されます。ファイルの編集権限がある場合は、アクセス権を付与するオプションが表示されます。チャットルームにアクセス権を付与すると、その権限はチャットルームに後で参加するユーザーにも適用されます。チャットルームから退出したユーザーは、個別にまたは別のグループからアクセス権を付与されない限り、そのファイルにアクセスできなくなります。
  3. 送信するファイルを選択します。
  4. 送信アイコン "" をクリックします。

チャットルームでファイルを表示、管理する

現在のところ、chat.google.com では、チャットルームでファイルを表示、管理することはできません。

チャットルームで共有されたファイルのリストを表示したり、ファイルを開いたり、Google ドライブにファイルを追加したりすることができます(画像ファイルはリストに含まれません)。ファイルが含まれていたチャット メッセージを削除すると、そのファイルもチャットルームから削除されます。ただし、Google ドライブからは削除されません。

  1. Gmail を開きます。
  2. チャットルームを選択します。
  3. 上部にある [ファイル] タブをクリックします。
    [ファイル] タブを表示するには、チャットルームを展開しなければならない場合があります。
  4. ファイルの名前をクリックすると、ファイルが開きます。
    • Google ドキュメント - チャット ウィンドウ内の会話の横でファイルが開きます。
    • その他の Google ファイル - 新しいブラウザタブでファイルが開きます。
    • その他の形式のファイル - 全画面表示でプレビューとしてファイルが開きます。ドライブにないファイルはダウンロードされます。例外として、PDF ファイルと動画ファイルは新しいブラウザタブで開きます。
  5. (省略可)ファイルを表示または保存するには、ファイルの横にある次のアイコンをクリックします。
    • "" - ファイルをドライブで開きます。
    • "" - ファイルをドライブに保存します。
    • "" - ファイルが共有されたチャット メッセージを開きます。

Google ドライブにファイルを追加できない場合は、Google Workspace 管理者の方にお問い合わせください。なお、この機能を使用するには組織で Google ドライブと Google ドキュメントのサービスが有効になっている必要があります。

チャットルームからファイルを削除する

  1. Gmail を開きます。
  2. チャットルームを選択します。
  3. 上部の [ファイル] タブをクリックします。
    [ファイル] タブを表示するには、チャットルームを展開しなければならない場合があります。
  4. ファイルの横にある「チャットで表示」アイコンをクリック "" 次に ファイルが共有されたチャット メッセージまでスクロールします。
  5. 削除アイコン "" 次に [削除] をクリックします。

ファイルを削除すると、そのファイルはチャットルームの [ファイル] タブからも削除されます。ただし、Google ドライブからは削除されません。

チャットルームでドキュメントを共同編集する

チャットルームでは、Google ドキュメントの共有ファイルをチームのメンバーと直接、共同編集できます。ドキュメントはチャット ウィンドウの会話の横で開くため、編集しながらチャットできます。

  1. Gmail を開きます。
  2. チャットルームを選択し、まだ全画面表示になっていない場合は展開します。
  3. 次のいずれかの方法でドキュメントを開きます。
    • 会話の中でドキュメントをクリックします。
    • [ファイル ] タブで、ファイル名をクリックします。
  4. 編集が完了したら、右上にある閉じるアイコン "" をクリックします。
  5. (省略可)ドキュメントを新しいブラウザタブで開くには、次のいずれかを行います。
    • ドキュメントが全画面表示の場合は、右上にある新しいタブアイコン "" をクリックします。
    • 会話のプレビューで、新しいタブアイコン "" をクリックします。

ドキュメントを編集できない場合は、Google Workspace 管理者の方にお問い合わせください。なお、この機能を使用するには組織で Google ドライブと Google ドキュメントのサービスが有効になっている必要があります。

ヒント: ファイルを共同編集するときは、Gmail の画面上でドキュメントの編集、書式設定、共有、名前の変更を行うことができますが、Google ドキュメントのその他の機能(コメント機能など)を使用する場合は、新しいタブでドキュメントを開く必要があります。

Chat でブロックされるファイル形式

Google Chat でアップロード エラーが表示される場合は、さまざまな原因が考えられます。Chat では、実行可能ファイルや特定のリンクを含むファイルなど、ウィルスを拡散させる可能性があるファイルがブロックされます。有害なソフトウェアに対処するために、Chat でブロックされるファイル形式は定期的に更新されます。

次の形式のファイルは添付できません。

  • ADE、ADP、APK、BAT、CAB、CHM、CMD、COM、CPL、DLL、DMG、EXE、HTA、INS、ISP、JAR、JS、JSE、LIB、LNK、MDE、MSC、MSI、MSP、MST、NSH、PIF、SCR、SCT、SHB、SYS、VB、VBE、VBS、VXD、WSC、WSF、WSH
    これには、圧縮形式のファイル(GZ や BZ2)や、アーカイブに格納されているファイル(ZIP や TGZ)も含まれます。
  • 悪質なマクロが埋め込まれているドキュメント。
  • アーカイブが格納された、パスワードで保護されているアーカイブ。

ブロックされたファイルがこれらのいずれにも該当せず、安全であることを確認できたら、ファイルをドライブにアップロードしてドライブの添付ファイルとして送信してみてください。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。