スペースの設定を管理する

スペースの管理者は、次のことを行えます。

  • スペースに参加できるユーザーを設定する
  • メンバーとグループを管理できるユーザーを設定する
  • スペースに組織内の全員がアクセスできるようにするか、招待したユーザーだけがアクセスできるようにするかの設定を変更する
  • スペースのメンバーの権限を管理する

重要:

  • スペースの設定を管理するには、Google Workspace アカウントが必要です。
  • スペースを作成する際、組織外のユーザーをスペースに招待できます。ただし、スペースの詳細の更新やユーザーの追加など、一部の機能の使用は許可できません。詳しくは、組織外のユーザーとのチャットについての記事をご覧ください。

スペースへのアクセス設定を更新する

スペースの管理者は、スペースに組織内の全員がアクセスできるようにするか、招待したユーザーだけがアクセスできるようにするかを設定できます。

  1. パソコンで Google Chat または Gmail を開きます。
    • Gmail の場合: 左側の [チャット] をクリックします。
  2. 左側で、更新するスペースを選択します。
  3. 上部のスペース名の横にある下矢印 下矢印 をクリックし 次に [スペースの設定] をクリックします。
  4. [アクセス] で、現在アクセス可能なユーザーの横にある下矢印 下矢印 をクリックします。
  5. プルダウン メニューから、対象ユーザーのオプションを選択します。
    • 制限付きスペースを検出可能にするには、ドメイン全体の対象ユーザーを選択します。
    • 検出可能なスペースを制限付きにするには、[制限付き] を選択します。
  6. [メンバーとグループを管理できるユーザー] で、[すべてのメンバー] または [スペースの管理者のみ] を選択します。

ヒント:

  • 検出可能なスペースは検索とブラウジングが可能です。検出可能なスペースへのリンクを共有できます。
  • あなたが招待を受けた制限付きスペースは検索可能です。
  • 組織外のユーザーにスペースへの参加を許可している場合、そのスペースを検出可能に設定することはできません。

スペースに対する権限を更新する

  1. パソコンで Google Chat または Gmail を開きます。
    • Gmail の場合: 左側の [チャット] をクリックします。
  2. 左側で、更新するスペースを選択します。
  3. 上部のスペース名の横にある下矢印 下矢印 をクリックし 次に [スペースの設定] をクリックします。
  4. [権限] で、以下の操作をスペースのすべてのメンバーに許可するか、スペースの管理者のみに許可するかを選択します。
    • スペースの詳細の変更
    • 履歴をオンまたはオフにする
    • @all の使用
    • アプリの管理
    • Webhook を管理
  5. [保存] をクリック
検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー
6014747368386817759