移行した顧客の課金

Google Workspace のようなサービスの移管されたアカウントは、すべて新規サブスクリプションとして扱われ、販売パートナーに対してライセンスの請求が行われます。

顧客が使用しているすべてのサービスが貴社による管理に移行されるため、貴社でそれらすべてのサービスを扱っている必要があります。たとえば、Google Workspace アカウントのみ、またはドライブ ストレージ ライセンスのみを移行する、といったことはできません。

年間プランの途中解約料金

年間プラン(年払い)

移行後、前払い済みの期間に対する払い戻しはありません。もともと年間プラン(年払い)を利用している顧客は、サービス期間の終了時、つまり更新の際に移行することをおすすめします。

年間プラン(月払い)

移管日までの料金が顧客に直接請求されます。最終の請求額は残余期間に応じて算出されます。

お支払いプラン

コンソールに、顧客が利用できるお支払いプランが表示されます。

フレキシブル プランを利用中の場合

  • 新しいフレキシブル プランまたは年間プラン(年払いまたは月払い)を選択します。年間プランはドライブ ストレージや Vault などのアドオン サービスでは利用できません。

年間プランを利用中の場合

  • 新しい年間プラン(年払いまたは月払い)を選択します。
  • 更新日まで 30 日以内であれば、フレキシブル プランを選択可能です。

ユーザー ライセンスの要件

新しいサブスクリプションは、以前の契約と同数以上のライセンスで契約する必要があります。たとえば、現在の契約が 200 ユーザー ライセンスである場合、移行時にその契約数を 150 ユーザー ライセンスに減らすことはできません。

例外: 顧客が年間プランを利用しており、残りの契約期間が 30 日以下の場合は、移行前よりも少ないライセンス数で新しい注文を行うことができます。

移行した顧客向けの 30 日間無料試用

顧客のサブスクリプションが 30 日の試用期間中の場合は、次のいずれかに移行できます。
  • 販売パートナーの 30 日間無料試用。
  • 販売パートナーが管理する新しいサブスクリプション。

顧客が 30 日間の試用期間を満了した場合、販売パートナーが管理する新しいサブスクリプションに移行できます。

 

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。