G Suite Essentials の注文


G Suite Essentials と G Suite Enterprise Essentials は 2020 年 9 月 30 日まで無料でご利用いただけます。2020 年 9 月 30 日を過ぎると有料サービスが開始され、組織内のアクティブ ユーザー数に応じて毎月料金が請求されます。

G Suite Essentials では、Google Meet の安全性の高いビデオ会議、クラウド ストレージとして使える Google ドライブのほか、Google ドキュメント、スプレッドシート、スライド、管理機能も利用できます。他の G Suite エディションの機能の多くを使用できる一方で、Gmail やカレンダーといった必要のない G Suite サービスのための追加コストがかかりません。

G Suite Enterprise Essentials には、高度なセキュリティ機能と Meet 機能が追加されています。主な機能の比較をご確認ください。

G Suite Enterprise Essentials のご注文には、Partner Sales Tool(契約シートベースのご請求)をご利用ください。

機能

G Suite Essentials のヘルプサービスのサイト

互換性
  • G Suite のどのエディションとも互換性がありません。
  • Cloud Identity または Chrome Enterprise サブスクリプションは、G Suite Essentials へのアップグレードが可能です。
プラン

無料試用とフレキシブル プラン。アクティブ ユーザー数に基づいて月単位で課金されます。詳しくは、G Suite Essentials ご利用料金お支払いの仕組みをご覧ください。

アップグレード G Suite Enterprise にアップグレード

G Suite Essentials の機能のご利用

新規の顧客は、メールアドレスまたはドメインの所有権を証明することで G Suite Essentials を使用できるようになります。メールアドレスの所有権証明のほうが簡単かもしれませんが、それだけでは G Suite Essentials の一部の機能をご利用になれません。機能の比較

  • メールアドレスの所有権を証明済み(新規の顧客のみが対象): G Suite Essentials の一部のサービスと機能を提供可能です。メールアドレスの所有権を証明済みの顧客は、ドメインの所有権を証明することで、データ損失防止(DLP)や Google Vault などを含むすべての機能を使用できるようになります。
     
  • ドメインの所有権を証明済み: G Suite Essentials のすべてのサービスと機能を提供可能です。

どちらの所有権証明が行われた場合でも、販売パートナーはチャネル サービス コンソールと顧客の管理コンソールからその顧客のアカウント、サービス、機能を管理することができます(管理コンソールを使用するには、顧客からアクセス権を付与されている必要があります)。

G Suite Essentials を注文する

  1. [サブスクリプション] の下で、[新しいサービス] をクリックします。
  2. [G Suite Essentials] > [選択] をクリックします。
  3. [ライセンス数の上限] に、上限とするライセンス数を入力します(このサブスクリプションはフレキシブル プランでのみご利用いただけます)。
  4. 注文を確認します。変更するには、[有効な SKU の選択] または上部にある [購入オプション] をクリックします。
  5. [ご注文を確認] をクリックし、注文します。

G Suite Essentials を設定する

注: 顧客が利用規約に同意すると、登録ステータスが [停止中] から [アクティブ] に変わります。

ドメイン所有権を証明済みの顧客向けの手順

  1. Google 管理コンソールにログインし、利用規約に同意します。
  2. ドメインの所有権を証明します。
  3. ユーザーに G Suite Essentials のライセンスを割り当てます。詳細

メールアドレスを確認済みの顧客向けの手順

  1. アカウントの設定に関する詳細を記載した Google からの招待メールが自動的に送信されます。
  2. Google 管理コンソールにログインしてメールアドレスを確認し、アカウントを作成して利用規約に同意します。

メールアドレス確認済みからドメイン所有権証明済みへの変更

メールアドレスを確認済みの顧客がドメインの所有権を証明すると、チャネル サービス コンソールでドメインのステータスが「確認済み」に変わります。

重要: 30 日以内に顧客のお支払い情報を設定し直す必要があります。顧客のドメイン管理者が交代する可能性があるため、お支払い情報は削除され、30 日間の猶予期間が設定されます。チャネル サービス コンソールにログインし、お支払いプランを追加します。この期間中にサービスのエディションを G Suite Basic、G Suite Business、G Suite Enterprise に切り替えることもできます。30 以内に顧客のお支払い情報とお支払いプランを設定されなかった場合は、設定が行われるまでお客様のアカウントはご利用を停止されていただきます。
 

 

 

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。