広告主を管理する

サードパーティによる自動検証を使用する

サードパーティによる自動検証を使用すると、キャンペーン マネージャー 360 から直接、第三者ベリフィケーション プロバイダや視認性測定プロバイダに接続できます。

これまでの方法では、このような第三者サービスを使用するには、キャンペーン マネージャー 360 でプレースメント タグを設定し、測定パートナーに送信する必要がありました。そこでプレースメント タグにさらにコードが追加されます(タグのラップと呼ばれます)。ラップ済みタグをパブリッシャーに送信すると、配信しようとしているインプレッションがブランド適合性要件を満たすかどうかを第三者プロバイダが判断し、満たさない場合は配信をブロックします。視認性の測定も同じプロセスで行われます。

これに対し、この機能を使用して第三者測定プロバイダをキャンペーン マネージャー 360 にリンクすることで、上記のような手動によるタグのラップのワークフローを回避できるようになります。キャンペーン マネージャー 360 により、測定プロバイダが追加するコードを含んだプレースメント タグが自動的に生成されます。この自動作成されたプレースメント タグを使用することで、手動でタグのラップを行った場合と同じ第三者ベリフィケーションと視認性の機能および測定値が得られます。

サードパーティによる自動検証は、現在 Integral Ad Science で利用できます。詳しくは、Integral Ad Science のサイトをご覧ください。

ご利用前の準備

サードパーティによる自動検証をセットアップするには、第三者測定プロバイダの協力が必要です。この機能を有効にするために、プロバイダ側で設定変更が必要になる場合があります。

第三者プロバイダから、下記の手順でキャンペーン マネージャー 360 に追加する次の 2 つの ID を入手してください。

  1. パートナー広告主 ID: 第三者測定パートナーから提供されるキャンペーン マネージャー 360 広告主の一意の識別子。
  2. パートナー キャンペーン ID: 第三者測定パートナーから提供されるキャンペーンの一意の識別子。

測定プロバイダを広告主にリンクする

まず、第三者測定プロバイダをキャンペーン マネージャー 360 広告主にリンクします。

  1. アカウント レベルの左側のメニューで [すべての広告主] をクリックし、広告主を選択して編集します。
  2. [プロパティ] タブで、[第三者による測定] まで下にスクロールします。
  3. [パートナー / 広告主 ID を有効にしてください] チェックボックスをオンにします。
  4. 第三者測定プロバイダの名前を選択します。
  5. この広告主のパートナー広告主 ID を入力します。これは、第三者測定パートナーから提供されたキャンペーン マネージャー 360 広告主の一意の識別子です。
    1. 注: 第三者測定プロバイダをリンクした後は、それを無効にしたり、パートナー広告主 ID を編集したりすることはできません。
  6. 広告主を [保存] します。

キャンペーンに対してサードパーティによる自動検証を有効にする

測定プロバイダをキャンペーン マネージャー 360 の広告主にリンクしたら、以下の手順で特定のキャンペーンの第三者測定を有効にできます。

  1. アカウント レベルの左側のメニューで [すべてのキャンペーン] をクリックし、キャンペーンを選択して編集します。
  2. ページの右上にある [プロパティ] を選択し、[第三者による測定] まで下にスクロールします。
  3. このキャンペーンのパートナー キャンペーン ID を入力します。これは、第三者測定パートナーから提供されたキャンペーンの一意の識別子です。
    1. 注: パートナー キャンペーン ID を追加した後は、それを無効にしたり編集したりすることはできません。
  4. プレースメントのディスプレイ&ビデオ 360 への同期に関する諸事項に同意する旨のチェックボックスをオンにします。
  5. キャンペーンを [保存] します。
キャンペーンで新たに作成するプレースメントはすべて、サードパーティによる自動検証が有効になります。既存のプレースメントは自動的には有効になりませんが、手動で有効にできます。

プレースメント単位の設定を更新する

必要に応じて、サードパーティによる自動検証の設定をプレースメント単位で更新できます。

個々のプレースメントの設定を更新する手順は次のとおりです。

  1. 対象のプレースメントに移動して、[第三者による測定] まで下にスクロールします。
  2. [タグのラップ] をオンまたはオフに切り替えます。

[タグのラップ] をオンにすると、このプレースメントに対する第三者パートナーからのタグの URL が表示されます。これは参考情報にすぎないため、パブリッシャーにそのまま送信することは避けてください。

  1. パブリッシャーの要件に応じて、ベンダータグのタイプを選択します。
    • 統合動画タグ(UVT): このメインの動画タグタイプでは、パブリッシャーに応じて VAST レスポンスの内容を切り替えることができます。
    • VPAID: UVT は受け入れないが標準の VPAID ラッパーは受け入れるというメディア パブリッシャーもあります。
    • 統合動画ピクセル(UVP)
    • CTV: IAS が CTV 広告枠を明確に把握できるようにします(VPAID は認められない)。
  2. 必要に応じてプレースメントの測定モードを更新します。
  3. プレースメントを [保存] します。

複数のプレースメントに対してこの設定を更新するには、一括編集オプションを使用します。

キャンペーンの [表示] メニューで [タグのラップ] を選択すると、キャンペーン内のどのプレースメントがサードパーティによる自動検証を使用しているかをすばやく確認できます。

測定モードについて

Integral Ad Science には、ブロックとモニタリングの 2 つの測定モードがあります。

  • ブロック: 測定ベンダーに対する設定に基づいて、広告配信がブロックされます。
  • モニタリング: 広告のモニタリングはベリフィケーション測定のためにのみ行われます。このモードでは、どの広告もブロックされません。

パブリッシャーやプレースメントによっては、ブロックモードを使用できない場合があります。その場合、当該プレースメントの [第三者による測定] の設定には、モニタリング モードのオプションのみが表示されます。

プレースメント タグをダウンロードして QA を行う

通常の手順に沿って、プレースメント タグをダウンロードまたは送信します。タグが次のように更新されます。

  • トラッキング広告用の第三者ベンダー トラッキング タグ列: サードパーティによる自動検証を使用するトラッキング広告用の個別のタグタイプが表示されます。
  • 他のすべてのタグタイプ: これらのタグは通常どおり生成されます。サードパーティによる検証と測定を有効にするタグは、キャンペーン マネージャー 360 タグの後に配信されます。

QA プリフェッチ タグ

パブリッシャーがキャンペーン マネージャー 360 のサードパーティによる自動検証機能を使用して動画タグをラップするときに、VAST タグ(XML)で動画ファイルの QA を行う必要がある場合の手順は次のとおりです。

動画タグ

キャンペーン マネージャー 360 タグのダウンロード シートでは、IAS VAST ラッパーと Google キャンペーン マネージャー 360 トラッキング イベントのみがレンダリングされます。VAST XML 内のメディア ファイルを直接確認することはできませんが、VAST XML 内のメディア ファイルを確認する必要がある場合は、次のようにします。

注: CM360 のベリフィケーションを有効にしているか無効にしているかによって、URL の特定方法が異なります。

CM360 のベリフィケーションを有効にしている場合は、VAST XML の <AdParemeter> ノード内のメディア ファイルを確認します。

  1. タグのダウンロード スプレッドシートから VAST URL を開きます。
  2. <AdParameters> ノードで VASTAdTagURI を検索します。
  3. VASTAdTagURI&gt;&lt;![CDATA[」と「]]&gt;&lt;/VASTAdTagURI」の間の URL をコピーします。
<AdParameters>
<![CDATA[ &lt;?xml version=&quot;1.0&quot; encoding=&quot;UTF-8&quot;?&gt; &lt;VAST xmlns:xsi=&quot;http://www.w3.org/2001/XMLSchema-instance&quot; xsi:noNamespaceSchemaLocation=&quot;vast.xsd&quot; version=&quot;2.0&quot;&gt; &lt;Ad id=&quot;477128384&quot;&gt; &lt;Wrapper&gt; &lt;AdSystem&gt;DCM&lt;/AdSystem&gt; &lt;VASTAdTagURI&gt;&lt;![CDATA[https://unified.adsafeprotected.com/v2/503312/50247312?mon=50247313&amp;omidPartner=%5BOMIDPARTNER%5D&amp;apiframeworks=[APIFRAMEWORKS]&amp;bundleId=[BUNDLEID]&amp;blockedAdTracking=https://googleads4.g.doubleclick.net/pcs/view%3Fxai%3DAKAOjstHzERUEUObXOp1l2EKjV4zSk9zWhEFlJFtw1avCrowXYgWZmzprSKHp57uBfe0QN3HnTD0It63OtzJ555A0vNtcSgMMePkQuB_RFnn7IdtUMVKgm%26sai%3DAMfl-YQikugEvGsNJeVSAgZj1EWmREO-D0A2mqOALCTH0j08N31BHITDNU_jurKXtsCSxw19_Qy7eaenx-y_K6eo1eE_KgqZoH23ctf5_YvvvaMcF%26sig%3DCg0ArKJSzBAeO5n2KdpBEAE%26urlfix%3D1%26vt%3D13%26adurl%3D&amp;originalVast=https://ad.doubleclick.net/ddm/pfadx/N13133459.3417852QA/B24768456.2502816%3Bsz%3D0x0%3Bord%3D%255Btimestamp%255D%3Bdc_lat%3D%3Bdc_rdid%3D%3Btag_for_child_directed_treatment%3D%3Btfua%3D%3Bdcmt%3Dtext/xml%3Bdc_sdk_apis%3D%255BAPIFRAMEWORKS%255D%3Bdc_omid_p%3D%255BOMIDPARTNER%255D%3Bgdpr%3D%24%257BGDPR%257D%3Bgdpr_consent%3D%24%257BGDPR_CONSENT_755%257D%3Bdc_ves%3DdGltZXN0YW1wOiAxNjE3MTIwMDcyMTU1Cg%3Bdc_cid%3D138441802%3Bdc_adid%3D477128384%3Bdc_vpaid%3D0%3B]]&gt;&lt;/VASTAdTagURI&gt;

CM360 のベリフィケーションを無効にしている場合は、VAST XML の <VASTAdTagURI> ノード内のメディア ファイルを確認します。

  1. タグのダウンロード スプレッドシートから VAST URL を開きます。
  2. VASTAdTagURI ノードを検索します。
  3. <![CDATA[」と「]]>」の間の URL をコピーします。
<VASTAdTagURI>
<![CDATA[ https://unified.adsafeprotected.com/v2/602541/52724316?mon=52724317&omidPartner=[OMIDPARTNER]&apiframeworks=[APIFRAMEWORKS]&bundleId=[BUNDLEID]&vastVersion=2&mode=strict&blockedAdTracking=https://googleads4.g.doubleclick.net/pcs/view%3Fxai%3DAKAOjssCnP7raVGxhIdr7pfKhRBpNl0Uggg6R3qMjYgeV-X1pc9vChmtK-uui5R2gtehyybEYeCNSrjzXEG10786yh5PSkB2LSdIqs09bFLawT8yZhB37ZsSq0aaUzfVCvxZ5Pm9bzKgU2VHkGpQh%26sai%3DAMfl-YT40FGeFByUN9Rv3DmCU0DZCrFBRmgekjyEKfXCarTgOXKOHzWAz1N7gtgggeeyyX1mg6hMvovWtz8KgMaUsAUqrn0HZleklNxa79YtXNQkRLXeUQXml%26sig%3DCg0ArKJ11SzJFBAShIO0nwEAE%26urlfix%3D1%26vt%3D13%26adurl%3D&originalVast=https://ad.doubleclick.net/ddm/pfadx/N7372.245881CADREON/B25378404.295478605%3Bdc_ves%3DdGltZXN0YW1wOiAxNjE2NzcyMDE3Njg1Cg%3Bdc_cid%3D146135407%3Bdc_adid%3D488799022%3Bdc_ves%3DdGltZXN0YW1wOiAxNjE3MzA5MjQ3MzU3Cg%3Bdc_cid%3D146135407%3Bdc_adid%3D488799022%3Bdc_vpaid%3D0%3B ]]>
</VASTAdTagURI>

プレースメントのディスプレイ&ビデオ 360 への同期

サードパーティによる自動検証が有効なプレースメントは、ラップされたクリエイティブとしてディスプレイ&ビデオ 360 に同期されます。ディスプレイ&ビデオ 360 で、第三者ベリフィケーションを有効にするための作業は必要ありません。

プレースメントに対して行った第三者測定設定の変更は、すべてディスプレイ&ビデオ 360 に同期されます。

サードパーティによる自動検証のレポート

キャンペーン マネージャー 360 のレポートに「ベンダーがブロックしている広告」指標を含めると、第三者プロバイダによってブロックされた広告の数を確認できます。インプレッションの総試行回数、配信数、ブロックされた数を確認できるよう、「インプレッション数」と「ベンダーがブロックしている広告」の両方の指標を含めることをおすすめします。

たとえば、あるプレースメントについて 10,000 回のインプレッションが試行され、2,000 回が第三者プロバイダにブロックされた場合は、次のように表示されます。

  • インプレッション数: 8,000
  • ベンダーがブロックしている広告: 2,000

注: ディスプレイ&ビデオ 360 で購入したディスプレイ広告のインプレッション数については、ディスプレイ&ビデオ 360 の「インプレッション数」指標にインプレッションの総試行回数が表示されます。

制限事項

  • キャンペーン スプレッドシートは、サードパーティによる自動検証をサポートしていません。
  • サードパーティによる自動検証を使用するカスタム クリエイティブは、プレースメントのサイズの同一生成元 iframe でレンダリングされます。iframe で正しくレンダリングされるように、クリエイティブの HTML コードの更新が必要になる場合があります。
  • Integral Ad Science を使用したサードパーティによる自動検証は、インストリーム オーディオ プレースメントをサポートしていません。
  • サードパーティによる自動検証を使用するインストリーム動画プレースメントでは、メディア ファイルは HTML タグ内には存在せず、個別に取得されます。
  • %edclid! マクロは、サードパーティによる自動検証を使用するプレースメント タグではサポートされていません。
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。

検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
true
69192
false