拡張アトリビューション

Google タグ マネージャーのコンバージョン リンカーを使用して Floodlight アクティビティを実装していることを確認してください。Google タグ マネージャーのコンバージョン リンカーの詳細をご確認ください。

拡張アトリビューションを有効にすると、ディスプレイ広告枠と動画広告枠のアトリビューション シグナルが Google マーケティング プラットフォーム全体で向上します。ユーザーが広告をクリックすると、DCLID 値が自動的にランディング ページ URL の末尾に追加されます。

ランディング ページでは、GCLID の場合と同様に、Google タグが DCLID を読み取ってトラッキングします。コンバージョン イベントが発生すると、キャンペーン マネージャー 360 はそれにつながったクリック アクティビティを把握できます。  

場合によっては、アプリケーションの設定が原因で、DCLID を利用できないことがあります。また、パブリッシャーが同意なし(ltd=1)を示し、制限付き広告を配信しているクリックトラッカーでは、DCLID は利用できません。

ランディング ページ URL の例

utm_source=XXXXXX&utm_medium=YYYY&utm_campaign=ZZZZZ&dclid=CJKu8LrQxd4CFQ1qwQodmJIElw

Floodlight 設定の拡張アトリビューションを有効にする

  1. 広告主の画面を開き、[Floodlight] > [設定] に移動します。
  2. 拡張アトリビューションで [Google マーケティング プラットフォーム全体で有効にする] チェックボックスをオンにします。
  3. [保存] をクリックします。

%edclid! マクロで特定の拡張アトリビューションを有効にする

  • 特定の拡張アトリビューションを有効にするには、個別のクリックタグに dclid=%edclid! を追加します。
  • %edclid!(拡張 dclid)マクロを使用することで、上記の説明のように、Floodlight 設定に対して拡張アトリビューションが有効でない場合でも、拡張アトリビューションを有効にできます。マクロの詳細

この情報は役に立ちましたか?

改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

次の手順をお試しください。

検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー