プレースメントを管理する

インストリーム動画の設定

[インストリーム動画の設定] は、インストリーム動画プレースメントで利用できます。この設定では、プレースメントの VAST プリフェッチ タグに、複数の向き、コンパニオン クリエイティブ、スキップボタン、トランスコードを含めるかどうかを指定できます。また、VPAID を使用してプレースメントの測定データを収集するかどうかも選択できます。

[インストリーム動画の設定] 内には、「クリエイティブ要素」と「測定」の 2 つのセクションがあります。これらの設定は、一括編集機能を使って、複数のプレースメント向けにまとめて更新することもできます。

クリエイティブ要素

プレースメント レベルでの制御により、メインのインストリーム動画クリエイティブ 1 つを複数のプレースメントに割り当てることができます。このクリエイティブには、複数の向き、複数のコンパニオン クリエイティブの割り当て、スキップボタンを含めることが可能なほか、すべてのトランスコードを有効にしておくことができます。プレースメントのインストリーム動画の設定によって、プレースメント タグに含まれるクリエイティブ要素が決まります。通常、こうした設定はサイト運営者の仕様に従って行います。

プレースメント クリエイティブ
プレースメント A クリエイティブ A
プレースメント B
プレースメント C

1 つのクリエイティブが複数のプレースメントに割り当てられています。それぞれのプレースメントは、コンパニオン、スキップボタン、トランスコードの設定が異なります。

プレースメント レベルでの設定は、プレースメントに割り当てられているクリエイティブの設定よりも優先されます。将来的には、コンパニオン、スキップ、トランスコードのクリエイティブ レベルでの設定がプレースメント レベルでの設定に置き換わる予定です。

向き

プレースメントのプリフェッチ タグに含めるクリエイティブの向きを指定します。デフォルトでは [すべて] に設定されており、あらゆる向きのクリエイティブがプレースメント タグに含まれます。

[縦] または [横] を選択することで、含める向きを指定できます。その向きを持つクリエイティブを少なくとも 1 つ、プレースメントに関連付ける必要があります。たとえば、縦向きと横向きの両方を含むクリエイティブをプレースメントに割り当てているときに、[向き] の設定で [縦] を選択した場合、プリフェッチ タグには、縦向きのクリエイティブ アセットだけが含まれるようになります。

このフィルタを使用する場合は、割り当てた広告のクリエイティブ ローテーション設定をよくご確認になることをおすすめします。順次ローテーションを使用しているときに、このフィルタで選択した向きを持たないクリエイティブがシーケンス内に 1 つでも存在すると、クリエイティブの配信順序が乱れることがあります。

コンパニオン クリエイティブ

このプレースメントのプリフェッチ タグにコンパニオン クリエイティブを含めるかどうかを指定します。デフォルトではオンに設定されており、プレースメント タグにはあらゆるサイズと種類のコンパニオン クリエイティブが含まれます。

特定のサイズやアセットの種類を選択することで、どのようなコンパニオンを含めるかを指定できます。たとえば、サイト運営者の広告スロットが 300x250 コンパニオン専用になっている場合は、コンパニオン サイズとして 300x250 を設定します。こうすると、このプレースメントに割り当てるすべてのインストリーム動画クリエイティブにおいて、300x250 のコンパニオンのみがタグに含まれるようになります。

プレースメントにコンパニオン クリエイティブを含めないようにする場合は、この設定をオフにします。

スキップボタン

プレースメントのスキップボタン設定を使用するか、プレースメントに割り当てられた各クリエイティブのスキップボタン設定を使用するかを指定します。デフォルトではオフに設定されています。

  • オンに設定した場合、ここでのスキップボタン設定が、割り当てられたクリエイティブの設定よりも優先されます。スキップボタンをプレースメント タグに含めるかどうかを選択し、含める場合は、スキップまでの再生時間と課金までの再生時間を設定します。
  • オフに設定した場合、割り当てられたクリエイティブのスキップボタン設定が使用されます。

OBA アイコン

プレースメントの OBA(オンライン行動ターゲティング広告)アイコンを使用するか、プレースメントに割り当てた各クリエイティブの OBA アイコン設定を使用するかを指定します。デフォルトではオフに設定されています。
  • オンに設定した場合、ここで指定した OBA 設定が、割り当てられたクリエイティブの設定よりも優先されます。OBA アイコンをプレースメント タグに含めるかどうかを選択し、含める場合はアイコンの詳細を入力します。  
  • オフに設定した場合、割り当てられたクリエイティブの OBA 設定が使用されます。

トランスコード

プレースメントのトランスコード設定を使用するか、プレースメントに割り当てられた各クリエイティブのトランスコード設定を使用するかを指定します。デフォルトではオフに設定されています。

  • オンに設定した場合、ここで選択したトランスコード設定が、割り当てられたクリエイティブの設定よりも優先されます。各トランスコードを配信ファイルとしてプレースメント タグに含めるかどうかを選択します。
  • オフに設定した場合、割り当てられたクリエイティブのトランスコード設定が使用されます。

プレースメント レベルのトランスコード設定を使用していて、割り当てられているクリエイティブのトランスコードをキャンペーン マネージャー 360 が生成できない場合は、クリエイティブ レベルで生成されたすべてのトランスコードが含められます。

測定

インストリーム動画広告のアクティブ ビュー データとベリフィケーション データの測定には、HTML5 VPAID アダプターが使用されます。VPAID アダプターの使用を許可するかどうかはプレースメントごとに指定できます。利用可能なオプションは次のとおりです。

  • オン: キャンペーン マネージャー 360 によって常に HTML5 VPAID アダプターが追加されます。サイト運営者が常に VPAID アダプターを許可することがわかっている場合は、この設定を使用してください。
  • オフ: キャンペーン マネージャー 360 によって HTML5 VPAID アダプターは追加されません。VPAID が原因で、サイト運営者側にプレースメント タグ関連の問題が発生する場合は、この設定を使用してタグから VPAID ラッパーを除外してください。
  • キャンペーン マネージャー 360 による選択: サイト運営者がサポートしているかどうかに基づいて、キャンペーン マネージャー 360 によってアダプターが追加されます。これはデフォルトの設定です。

新しいプレースメントでのデフォルト設定は、サイトの設定で制御されます。

インストリーム動画のリダイレクト クリエイティブで測定を有効にするには、アダプターを [オン] に設定する必要があります([キャンペーン マネージャー 360 による選択] は使用できません)。こうすることで、サイト運営者が VPAID をサポートしていない場合にキャンペーン マネージャー 360 から空白タグが送信されることを防げます。

VPAID クリエイティブでこの設定をオフにした場合、クリエイティブは配信されますが測定アダプターは追加されません。

このオプションを有効にしても、インストリーム動画広告が VPAID 広告として請求対象になることはありません。

設定を変更した場合、2~3 時間後にタグに反映されることがあります。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。

検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
true
69192
false