Floodlight アクティビティとタグを作成する

キャンペーン マネージャー 360 では Floodlight の測定にグローバル サイトタグを使用できるようになりました。最新の機能と統合のメリットを活かすため、グローバル サイトタグを使用するように Floodlight タグの実装を更新することをおすすめします。

広告主の Floodlight 設定を指定したら、Floodlight アクティビティを作成できます。

Floodlight アクティビティは、トラッキングする個別のイベント(ウェブサイトでのコンバージョン、オーディエンス リストへのユーザーの追加など)に対応しています。イベントごとに新しい Floodlight アクティビティを作成します。キャンペーン マネージャー 360 は、ウェブサイト管理者が各イベントをトラッキングするためにサイトに直接追加するタグを生成します。

各 Floodlight アクティビティは、Floodlight アクティビティ グループと関連付ける必要があります。レポートでは、この関連付けに基づいてアクティビティがグループ化されます。

アクティビティが設定されている広告主を共有することはできません

広告主に対してアクティビティまたはアクティビティ グループを作成すると、その広告主を共有することはできなくなります。

Floodlight タグの種類

Floodlight アクティビティのタグの形式には主に 3 種類あります。

  • グローバル サイトタグ(推奨): グローバル サイトタグは Google サービス全体に実装できるため、Floodlight の実装が容易になります。このタグは、ウェブサイトのすべてのページに配置する JavaScript タグです。コンバージョン イベントやリマーケティング イベント用にデスクトップ サイトやモバイルサイトで直接 Floodlight タグを使用している場合は、グローバル サイトタグの使用をおすすめします。詳細
  • iframe タグ: グローバル サイトタグを利用できない場合は、iframe タグを使用します。iframe タグは、トラッキングするイベントが発生するページにのみ追加します。詳細
  • イメージタグ: グローバル サイトタグまたは iframe タグを利用できない場合は、イメージタグを使用します。イメージタグは、トラッキングするイベントが発生するページにのみ追加します。詳細

各タグ形式の詳細

タグ形式 複数の Google サービスで機能するかどうか アプリで利用可能かどうか キャンペーン マネージャー 360 でのダイナミック タグのサポート
グローバル サイトタグ はい × あり
iframe タグ いいえ あり
イメージタグ いいえ はい なし

Floodlight アクティビティを作成する

次の手順に沿って、トラッキングするイベントごとに新しい Floodlight アクティビティを作成します。また、一括送信シートを使用して Floodlight アクティビティを作成、編集することもできます。

  1. 広告主の画面で [Floodlight] > [アクティビティ] をクリックします。
  2. [新規] をクリックします。
  3. Floodlight アクティビティに名前を付けます。
  4. (省略可)Floodlight アクティビティを使用して Google Play からのアプリのインストールをトラッキングする場合は、[Play インストールのトラッキング] を選択します。
  5. タグを追加する予定の URL を [想定 URL] に入力します。これによって Floodlight アクティビティのタグを配置した場所を特定できます。
  6. [タイプ] で [カウンタ] または [セールス] のいずれかを選択します。詳細
  7. アクティビティをアクティビティ グループに割り当てるか、新しいアクティビティ グループを作成します。キャンペーン マネージャー 360 では、アクティビティに対して選択したタイプのアクティビティ グループのみが表示されます。
  8. コンバージョンの [カウント方法] を選択します。指定できる方法は、カウンタ アクティビティとセールス アクティビティのどちらを作成するかによって異なります。
    カウンタ アクティビティ セールス アクティビティ
    • 標準: すべてのコンバージョンをカウントします。
    • ユニーク: 24 時間ごとに各ユニーク ユーザーの最初のコンバージョンをカウントします。
    • セッションごと: セッションごとにユーザー 1 人あたり 1 回としてコンバージョンをカウントします。サイトのセッションの長さを定義できます。
    • トランザクション: すべてのコンバージョンに加えて、発生する販売の合計数と関連する収益の合計をカウントします。
    • 販売アイテム: 各コンバージョンに加えて、アイテムの合計販売数と関連する合計収益をカウントします。
  9. 前述の選択肢から [タグ形式] を選択します。Google タグ マネージャーを使用している場合は、この設定により、Google タグ マネージャーにアクティビティを push する際にコンテナに送信されるタグ形式が判別されます。iframe タグまたはグローバル サイトタグを選択した場合、タグマネージャでは iframe タグが使用されます。イメージタグを選択した場合は、イメージタグが使用されます。
  10. Floodlight アクティビティでアトリビューションを有効にするには、[アトリビューションを有効にする] の横にあるチェックボックスをオンにします。無効にした場合は、アクティビティのすべてのアトリビューションが停止します。
  11. (省略可)Google タグ マネージャーを使用して Floodlight アクティビティを管理している場合は、手順に沿ってタグをコンテナに push します。詳細
  12. (省略可)追加する [詳細プロパティ] を設定します。
    • SSL 対応のタグを必須にする: この設定では、Floodlight タグをセキュアサイトに実装する必要があります。また、タグはセキュアでないコンテンツを呼び出さなくなります。これはデフォルトで必須となります。つまり、http で始まる URL を呼び出すコードを追加できなくなります。SSL 対応についての説明、または Floodlight の SSL 対応に関する問題を解決する方法をご覧ください。
    • アクティビティ タグ文字列: Floodlight アクティビティを識別するカスタム Key-Value を追加します。このフィールドを空白のままにした場合は、アクティビティ名に基づくデフォルト値が使用されます。この値は、アクティビティの保存後は変更できません。
    • iframe タグとイメージタグのみの場合:
      • XHTML 準拠タグを作成する: ウェブサイトで XHTML 検証が必要な場合は、この設定を選択します。
      • キャッシュ無効化を使用: このオプションにより、各イメージ リクエスト URL にランダムな文字列が挿入され、ブラウザはキャッシュからページを取得できなくなります。これにより、タグが設定されたページへのアクセスがあるたびに新しいインプレッションが生成されます。
  13. このアクティビティに使用する作成済みの [カスタム Floodlight 変数] を指定します。詳細
  14. アクティビティを保存します。

Floodlight アクティビティを保存したら、[Floodlight タグのプレビュー] をクリックして、タグのプレビューを表示します。タグを保存する前に表示されるプレビューは、あくまでタグのサンプルであるため使用しないでください。保存後は、タグのすべてのフィールドが入力されています。

一括送信シートを使用して Floodlight のアクティビティまたはオーディエンスを作成、編集する

  1. 広告主から、編集またはアップロードしたい対象に応じて [Floodlight] > [アクティビティ] または [オーディエンス] をクリックします。
  2. [一括送信シート] > [ダウンロード] をクリックします。
    1. [オーディエンス]、[Floodlight アクティビティ]、またはその両方を選択します。
  3. シートをダウンロードして編集します。ダウンロードした ZIP ファイルには、Floodlight アクティビティ、オーディエンス、またはその両方のタブを含む Excel ファイル(.xls)が入っています。
  4. キャンペーン マネージャー 360 の広告主に戻り、[Floodlight] > [アクティビティ] または [オーディエンス] をクリックします。
  5. [一括送信シート] > [アップロード] をクリックします。
  6. [参照] をクリックして、送信するスプレッドシートを選択するか、スプレッドシートをページにドラッグ&ドロップします。アップロードが完了したら、ステータス情報が記入されたスプレッドシートをダウンロードして確認できます。

ポイント

  • 新しい Floodlight のアクティビティまたはオーディエンスを作成する場合は、ID フィールドを空白のままにします。
  • 既存の行の「最終更新日時」の列は編集しないでください。新しい行については、この列を空白のままにします。
  • すべてのタブを合計して 10,000 行を超えるデータをエクスポートする場合、ダウンロードは複数のファイルに分割されます。これらのファイルは編集後に個別にアップロードできます。
  • 詳しくは、一括送信シートのデベロッパー向けリソースをご覧ください。
  • 「Floodlight デフォルト タグ」または「Floodlight パブリッシャー タグ」の行をアップロードする場合、対応する親「Floodlight アクティビティ」の行を同じシートでアップロードしてください。
  • 新しい Floodlight アクティビティを作成する場合、「名前」と「アクティビティ タグ文字列」は一意にする必要があります。

Floodlight アクティビティ グループを作成する

Floodlight アクティビティ グループは、新しい Floodlight アクティビティを設定する際に作成することも、次の手順で個別に作成することもできます。

  1. 広告主から [Floodlight] > [アクティビティ グループ] タブをクリックします。
  2. [新規] をクリックします。
  3. 表示された行にグループの名前を入力します。
  4. アクティビティ タイプとして、カウンタまたはセールスを選択します。詳細
  5. タグ文字列を入力します。これはアクティビティ グループを識別するために使用されます。アクティビティ グループのタグ文字列は、Floodlight タグに含められます。
  6. アクティビティ グループに変更を加えた場合は、変更した行以外の場所をクリックした際に自動的に変更が保存されます。

アクティビティ グループの作成後は、編集アイコン をクリックすると、グループ名を更新できます。

Floodlight アクティビティを一括編集する

  1. 広告主から [Floodlight] > [アクティビティ] をクリックします。
  2. 更新するアクティビティを選択します。
  3. 更新するフィールドに関して、ページ上部にあるプルダウンをクリックします。
    1. Floodlight アクティビティのステータスを一括編集するには、[概要] ビューの [ステータス] プルダウンをクリックします。
    2. Floodlight アクティビティのアトリビューションが有効な場合に一括編集するには、アトリビューション ビューで [アトリビューション] プルダウンをクリックします。
  4. 新しい設定を選択します。

留意事項

  • Floodlight アクティビティのタグ形式を編集しても、ウェブサイト上のタグが自動的に更新されるわけではありません。ウェブサイトから既存のタグを削除して新しいタグに置き換えるよう、ウェブサイトの管理者に依頼してください。  
  • アトリビューションのステータスを [無効] に変更しても、ディスプレイ&ビデオ 360 または検索広告 360 で実際に使用されている Floodlight アクティビティは無効になりません。

Floodlight アクティビティ タグをダウンロードする

Floodlight アクティビティを作成した後や、既存のアクティビティを編集するたびに、テキスト形式または Excel 形式のタグをダウンロードして、それをウェブサイト管理者に送信し、実装を依頼する必要があります。Floodlight アクティビティを作成または編集しても、ウェブサイト上のタグは自動的に更新されません。

Floodlight タグを一括してダウンロードする方法は次のとおりです。

  1. 広告主から [Floodlight] > [アクティビティ] をクリックします。
  2. タグをエクスポートする Floodlight アクティビティを選択します。
  3. [タグをダウンロード] をクリックし、テキスト ファイルまたは Excel ファイルを選択します。
  4. タグがダウンロードされます。

タグ形式によって実装方法は異なります。

この情報は役に立ちましたか?

改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

次の手順をお試しください。

検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー
54372363331020261
true
ヘルプセンターを検索
true
true
true
true
true
69192