Google タグ マネージャー コンテナに Floodlight アクティビティを追加する

Floodlight 設定を Google タグ マネージャー コンテナにリンクできるようになりました。Floodlight タグを部分的に Google タグ マネージャー テンプレートにコピーする必要はなくなり、直接 Google タグ マネージャー コンテナにタグをプッシュできます。

すべて展開   すべて折りたたむ

Google タグマネージャの概要

Google タグ マネージャー コンテナについて

Google タグマネージャ コンテナのコードは、サイト全体用のタグであり、指定したルールどおりに他のすべてのタグを呼び出す働きをします。コンテナには、各ウェブサイトのすべてのタグが含まれます。

Google タグ マネージャーでは、サイトで呼び出すタグと、タグの呼び出しのタイミングを規定するルールを管理できます。Google タグマネージャ コンテナのコードが設定されたページが読み込まれると、そのたびに JavaScript の gtm.js がリクエストされ、一連のタグと呼び出しルールで構成される最新のタグ情報がユーザーのブラウザに送信されます。Google タグマネージャ コンテナのコードが設定されたページにユーザーがアクセスして操作を行うと、ルールが評価され、その結果に応じてタグの呼び出しが行われます。詳しくは、Google タグ マネージャーの説明をご確認ください。

Google タグ マネージャーを利用する利点
  • 複数の Floodlight タグを 1 か所で管理でき、ページごとに手動で変更を加える必要がありません。複数のタグを同じコンテナに設定したり、同じタグを複数のコンテナに関連付けたりすることができます。

  • より迅速に、より自動化された方法で実装を行うことができます。Google タグマネージャの管理者にメールでタグを送信する代わりに、入稿画面で実装の手順を確認しながらタグを更新し自動送信できます。タグの承認状況や配信状況を確認できます。

  • コンテナは非同期的に実行されるので、ページ上の他の要素の表示が妨げられることはありません。読み込みに時間がかかるタグがあっても、他のトラッキング タグの妨げにはならないため、ページの読み込みが早くなります。

  • タグをコンテナに追加して運用を開始する前に、タグをテストし更新できます。これにより、タグのコピーや実装によって生じるエラーを減らすことができます。

  • Floodlight と Google タグ マネージャーの権限は別々に管理されます。キャンペーン マネージャー 360 の所有者が Floodlight タグのコンテンツを管理し、サイト所有者や GTM 管理者がタグの承認、送信、配信を行います(実際には同一人物であっても構いません)。

Google タグ マネージャーを Floodlight と組み合わせて使用する

Google タグ マネージャーへのリンク

Google タグマネージャで Floodlight タグの利用を開始するには、Floodlight 設定とコンテナをリンクする必要があります。この作業には、コンテナ ID が必要です。コンテナ ID は次の方法で入手できます:

  • Google タグマネージャ管理者に問い合わせる。
  • Google タグマネージャへのアクセス権がある場合、[概要] ページまたは [ユーザーと設定] > [設定] でコンテナ ID を確認する。
  • タグが設定されたページのソースコードを確認する。

コンテナ ID は名前の先頭に「GTM」という文字が付きます。下記の例をご確認ください(太字部分が ID です)。

<!-- Google Tag Manager -->
<noscript><iframe src='//www.googletagmanager.com/ns.html?id=GTM-7DKC' height='0' width='0' style='display:none;visibility:hidden'></iframe></noscript>
<script>(function(w,d,s,l,i){w[l]=w[l]||[];w[l].push({'gtm.start': new Date().getTime(),event:'gtm.js'});var f=d.getElementsByTagName(s)[0], j=d.createElement(s),dl=l!='dataLayer'?'&l='+l:'';j.async=true;j.src= '//www.googletagmanager.com/gtm.js?id='+i+dl;f.parentNode.insertBefore(j,f);
})(window,document,'script','dataLayer','GTM-7DKC');</script>
<!-- End Google Tag Manager -->

Floodlight 設定とコンテナをリンクするには:

  1. キャンペーン マネージャー 360 で広告主を選択して、[Floodlight] > [設定] をクリックします。

  2. [Google タグ マネージャー] を展開して、[Google タグ マネージャーのコンテナにこの Floodlight 設定をリンクしてください] をクリックします。

  3. 表示される新しい行にコンテナ ID を入力します。

  4. [保存] をクリックします。リンク リクエストが Google タグ マネージャー管理者に送信されます。

管理者が関連付けを承認すると、ステータスが [リンク済み] に変わります。これで、Floodlight タグをコンテナに送信できるようになります。

Floodlight 設定からコンテナのリンクを解除するには、コンテナを選択して [リンク解除] をクリックし、変更を保存します。

Google タグ マネージャーにアクティビティを送信する

Floodlight 設定と Google タグ マネージャー コンテナのリンクを確立したら、Floodlight 設定内のアクティビティからコンテナにタグを送信できます。

  1. 広告主を選択して、[Floodlight] > [アクティビティ] をクリックします。

  2. アクティビティを選択します。

  3. [Google タグマネージャ] セクションを展開します。対象の Floodlight 設定とリンクしたコンテナがすべて表示されます。

    このセクションは、Google タグマネージャにリンクする上記の手順を行った場合にのみ利用可能になります。
  4. コンテナを選択して、[指示] ボックスに、Google タグマネージャ側でタグの実装を行う担当者への指示を入力します。

  5. [Google タグマネージャに送信] をクリックします。

  6. [保存] をクリックして変更内容を保存します。

保存すると、更新されたタグが Google タグマネージャ管理者に送信されます。管理者が更新タグを承認すると、タグのステータスが [承認済み] に変わります。

既存のタグに変更を加えた場合は、変更内容を Google タグマネージャに送信するために、もう一度 [Google タグマネージャに送信]、[保存] の順にクリックする必要があります。
コンバージョン リンカー タグを使用する

タグですべてのコンバージョンを効果的に測定できるようにするには、Google タグ マネージャーでコンバージョン リンカー タグを使用します。

コンバージョン リンカー タグを追加するには:

  1. Google タグ マネージャー コンテナで、[タグ] > [新規] をクリックします。
  2. [タグの設定] で [コンバージョン リンカー] タグタイプを選択します。
  3. [トリガー] で [すべてのページ] を選択します。
  4. タグを保存します。
  5. コンバージョン リンカー タグを公開します。
Google タグ マネージャーを Firebase と併用してアプリをトラッキングする
アプリをトラッキングするには、Google タグ マネージャーを Firebase と連携させる必要があります。Firebase と連携するよう設定すると、アプリの Floodlight タグを Google タグマネージャで管理できるようになります。詳細
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。

検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
true
69192
false
false