広告主を管理する

広告主を作成、管理する

キャンペーン マネージャー 360 内の各広告主には、クリエイティブ アセットや各種設定のほか、固有のキャンペーン グループが含まれています。キャンペーンをどのようにグループ分けするかは自由に決められます。特定のクライアントのすべてのキャンペーンを実施するための広告主を作成することもできますし、製品ライン別や部門別に広告主を作成することもできます。

広告主を検索する

アカウントの広告主を表示するには、キャンペーン マネージャー 360 の左側にあるナビゲーション バーで [すべての広告主] をクリックします。特定の広告主を検索したり、フィルタを使って検索結果を絞り込んだりできます。

広告主を管理する

[広告主] ページで実行できる操作は以下のとおりです。

  • 新しい広告主を作成する: [新規] > [広告主] をクリックします。

  • 既存の広告主をコピーする: 広告主をクリックし、広告主のプロパティで [コピー] をクリックします。コピーした広告主のプロパティは元の広告主と同じですが、キャンペーンやクリエイティブは含まれていません。また、元の広告主の Floodlight 設定も含まれていません。

  • 広告主を削除する: チェックボックスをオンにして [削除] をクリックします。

  • 広告主を保留中(または承認済み)にする: 広告主はデフォルトでは [承認済み] に設定されています。広告主のすべての広告を無効にするには、広告主のチェックボックスをオンにして、[ステータス] > [保留中として設定] をクリックします。広告主が保留中になっていると、その広告主のキャンペーン内の広告は配信されませんが、キャンペーンやプロパティを編集することはできます。
    広告主を保留中として設定する前に、その広告主のキャンペーンを実施していないことを確認してください。また、保留中の広告主を [承認済み] に設定する際には、すべての広告を手動で有効に設定し直す必要があります。
広告主内のキャンペーンを表示するには、ナビゲーション バーで [キャンペーン] をクリックし、[広告主] 列にフィルタを設定してキャンペーンを広告主で絞り込みます。
広告主の設定を編集する

設定とクリエイティブを管理する広告主を選択します。各タブを使って、広告主のさまざまな側面を管理できます。

  • 広告主の設定を管理するには [プロパティ] タブを使用します。

  • すべてのクリエイティブを管理するには [クリエイティブ] タブを使用します。その広告主のキャンペーンで使用するすべてのクリエイティブはここで見つかります。

  • ランディング ページを管理するには、[ランディング ページ] タブを使用します。

  • クリエイティブ フィールド(レポートで使用するクリエイティブのラベル)を管理するには、[クリエイティブ フィールド] タブを使用します。

  • Floodlight を管理するには、Floodlight の設定、アクティビティ、アクティビティ グループの各タブを使用します。

  • オーディエンス リストを管理するには [オーディエンス] タブを使用します。

  • ターゲティング テンプレート(再利用可能なターゲティング条件のセット)を管理するには、[ターゲティング テンプレート] タブを使用します。

広告主を作成したら、Floodlight を設定してキャンペーンを作成します。クリエイティブの作成と管理を広告主の階層で行うこともできます。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。

検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
false
false
true
true
69192
false
false