オフライン レポート

[レポートとアトリビューション] > [レポート ビルダー] > [オフライン レポート] では、既存のレポートをクリックして設定を更新したり、[新しいオフライン レポート] をクリックして新しいレポートを作成したりできます。

レポートの作成と実行

  1. [新しいオフライン レポート] をクリックします。

  2. レポートに名前を付けます。名前を付けると、保存したレポートのリストからレポートが探しやすくなります。

レポートのプロパティ

  1. レポートを作成する対象期間を選択します。

レポートの設定

  1. フィルタ、ディメンション、指標を選択します。

    1. フィルタ: レポートに表示するデータを絞り込む場合に使用します。たとえば、広告主をフィルタとして追加すると、選択した広告主に関するデータのみがレポートに含まれるようになります。

    2. ディメンション: 合計値(クリック数、インプレッション数など)以外の情報を指定するときに使用します。たとえば、特定の広告タイプの掲載状況に関するレポートを作成するには、広告タイプを選択します。

    3. 指標: クリック数、コンバージョン数、インプレッション数などの測定単位です。多くの場合、指標は合計数や割合で表示されます。

定期レポートのスケジュール設定

  1. レポートを定期的に実行するよう設定するには、[有効] チェックボックスをオンにします。
  2. レポートの実行頻度を選択します(毎日、毎週など)。
  3. スケジュールの [開始日] と [終了日] を選択します(スケジュールに基づくレポートは終了日を過ぎると実行されなくなります)。

レポートの共有と配信

  1. レポートのファイル名と形式(CSV、Excel、BigQuery)を選択します。

    BigQuery 形式を有効にする(キャンペーン マネージャー 360 のみ)

    キャンペーン マネージャー 360 アカウントと BigQuery アカウントを別々のチームで管理している場合、このプロセスは複数の管理者が行えます。

    1. キャンペーン マネージャー 360 アカウントで BigQuery Exporter を有効にする
      1. キャンペーン マネージャー 360 入稿システムにログインします。
      2. [アカウント] > [BigQuery Exporter] > [オン] > [保存] に移動して変更を保存し、Google サービス アカウントを生成します。
      3. BigQuery 管理者に Google が生成したサービス アカウントを提供します。
    2. キャンペーン マネージャー 360 サービス アカウントに BigQuery プロジェクトとデータセットへのアクセス権を付与する
      1. BigQuery にログインします。
      2. Google が生成したサービス アカウントに、次のアクセス権を付与します。
        • BigQuery Job User のロールが付与された Google Cloud プロジェクトのメンバー。
        • BigQuery Data Editor のロールが付与された BigQuery データセットのメンバー。
      3. キャンペーン マネージャー 360 管理者に、BigQuery プロジェクト ID とデータセット ID の詳細を提供します。
    3. キャンペーン マネージャー 360 アカウントを BigQuery のプロジェクトとデータセットにリンクする
      1. キャンペーン マネージャー 360 アカウントの [BigQuery Exporter] セクションで、BigQuery プロジェクト ID とデータセット ID の詳細を入力してリンクを完成させます。
      2. データセットの名前を指定して変更を保存します。

    キャンペーン マネージャー 360 アカウントが BigQuery のプロジェクトとデータセットにリンクされると、そのデータセットはオフライン レポートの BigQuery Export で選択できるようになります。

    制限事項

    静的データの再処理を最小限に抑えるため、フォーマット タイプとして BigQuery を選択すると、14 日以上にスケジュール設定されたレポートが無効になります。

  2. (省略可)他のユーザーとレポートを共有するには、[共有] > [ユーザーを追加] をクリックします。レポートのコピーをメールの添付ファイルとして他のユーザーに送信するか、ファイルのダウンロード用リンクを共有することができます。

    1. レポート(共有アイテム)」フィルタを指定した場合は、リンクを使って共有したレポートのみが表示されます。

  3. [保存して実行] をクリックすると、レポート ファイルが生成されます。

  4. このレポートを後で使用または実行できるようにするには、[保存] をクリックします。

制限事項

スケジュールに基づくレポート

  • 生成されたレポート ファイルが 60 日以上ダウンロードされない場合、スケジュールに基づくレポートは無効になります。無効になったレポートはいつでも再開できます。
  • レポートの作成者は、スケジュールに基づくレポートを作成できるよう、このレポートにアクティブ ユーザーを割り当てる必要があります。割り当てたユーザーが退職した場合は、レポートを複製して新しいユーザーに割り当てます。
  • スケジュールに基づくレポートの CSV ファイルは、200 KB を超えると圧縮されます。スケジュールに基づくレポートをメールに添付する場合のサイズ上限は 25 MB です。
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。

検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
true
69192
false