Apple カレンダーに Google カレンダーの予定を表示する

Mac、iPhone、iPad の Apple カレンダーに Google カレンダーの予定を表示することができます。

Apple カレンダーに Google カレンダーの予定を表示する

パソコンの Apple カレンダー

注: ご利用の Apple カレンダーとパソコンの Apple オペレーティング システムが最新バージョンであることをご確認ください。Apple のパソコンのオペレーティング システムの確認方法パソコンのオペレーティング システムの更新方法についての記事をご覧ください。

  1. パソコンでカレンダー Apple カレンダー を開きます。
  2. 画面左上の [カレンダー] 次へ [環境設定] の順にクリックします。
  3. [アカウント] タブをクリックします。
  4. [アカウント] タブの左側にある追加アイコン 追加 をクリックします。
  5. [Google] 次へ [続行] の順に選択します。
  6. Google アカウント情報を追加する場合は、画面に表示される手順を行います。
  7. [アカウント] タブの [カレンダーを更新] で Apple カレンダーと Google カレンダーの同期頻度を選択します。
iPhone、iPad のカレンダー アプリ

Google カレンダーを iPhone や iPad に付属のカレンダー アプリと同期できます。

  1. iPhone または iPad の [設定] アプリを開きます。
  2. [カレンダー] をタップします。
  3. [アカウント] をタップします。
  4. [アカウントを追加] 次へ [Google] の順にタップします。
  5. メールアドレスを入力 次へ [次へ] をタップします。
  6. パスワードを入力します。オペレーティング システムが最新バージョンではなく、2 段階認証を使用している場合は、通常のパスワードではなくアプリのパスワードを入力してください。
  7. [次へ] をタップします。
  8. メール、連絡先、カレンダーの予定が Google アカウントと直接同期されるようになります。カレンダーのみを同期する場合は、他のサービスをオフにします。
  9. iPhone でカレンダー アプリを開くと、Google カレンダーの予定が表示されます。

同期するカレンダーを変更する

自動的に同期されるカレンダー
  • パソコン版 Google カレンダーの [マイカレンダー] セクションに表示されているすべてのカレンダー
  • 誕生日
他のカレンダーの同期
  1. カレンダーの同期ページにアクセスします。
  2. 必要に応じて、カレンダーの名前をオンまたはオフにします。
  3. 右下の [保存] をクリックします。
  4. 最後にカレンダーを更新します。

委任ツール

Apple カレンダーの [委任] ツールを使用して同期していた場合は、このツールをオフにすると Google カレンダーとの同期が動作するようになります。

  1. パソコンで Apple カレンダーを開きます。
  2. 左上の [カレンダー] 次へ [環境設定] の順にクリックします。
  3. [アカウント] タブ 次へ [委任] の順にクリックします。
  4. すべてのカレンダーをオフにします。

Apple カレンダーで利用できない Google カレンダーの機能

  • 予定のメール通知
  • 新しい Google カレンダーの作成
  • 会議室の予約機能

 

この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。