検索
検索をクリア
検索終了
Google アプリ
メインメニュー
true

カレンダーの新しいユーザー インターフェースのご紹介

Google カレンダーのユーザー インターフェースが新しくなり、予定、カレンダー ビュー、設定に関する新機能も追加されました。新しいカレンダーなら、時間をうまく管理して、これまで以上に効率よく予定をこなすことができます。主な改良点は次のとおりです。    

予定の詳細を一目で確認

New event details screen

予定を 1 回クリックするだけで、次のような予定の詳細情報をすべて確認できます。 

  • 出欠確認に対する各自の返答が記載されたゲストリスト
    メモ: このゲストリストでゲストの名前にカーソルを合わせると、そのゲストに関する詳細情報が表示されます。
  • 会議室と場所 
  • 添付ファイル
  • ビデオ通話のリンク
  • その他

ヒント: 予定を右クリックすると、その会議に参加したり、会議を削除したり、色を変更したりすることができます。

新しい予定を簡単に追加

カレンダー上の空き時間をクリックすると、新しい予定を作成できます。

New event settings page

開いたウィンドウで次の詳細情報を追加できます。

  • 予定の名前
  • 予定の日時
  • 予定を追加するカレンダー。[その他のオプション] をクリックすると、ゲストの追加と詳細情報の編集を行えます。

新しい予定は、予定追加アイコン 追加 をクリックして作成することも可能です。 

新しいビュー

 カレンダーのビューに予定の招待ステータスが表示されるようになったほか、表示範囲を選択できるようになりました。カレンダーの設定を変更すると、もう一度変更しないかぎり、次回ログイン時にもその設定が適用されます。

新しいカレンダーでは、予定の招待ステータスを簡単に確認できるようになっています。また、表示範囲を選択することも可能で、選択すると、次回ログイン時にもその設定が適用されます。

New calendar view

招待ステータス

カレンダー上に表示されている予定を見ると、その予定の出欠確認にどのように返答したのかが一目でわかります。 

  • 参加する予定は、一色で塗りつぶされた状態で表示されます。
  • 参加するかどうか未定の予定は、複数の斜線付きで表示されます。
  • 招待にまだ返信していない予定は、枠線のみで表示されます。
  • 参加しない予定は、斜めの取り消し線が付いた枠線のみで表示されます。

予定への招待に返信する方法については、予定の招待状への返信をご参照ください。

カレンダーの表示方法をカスタマイズする

カレンダーを表示する際に、週末の表示と非表示を切り替えられるようになりました。 

  • [年] ビューを選択すると、1 年分のカレンダーを一目で確認できます。
  • [日] ビューでは、他のユーザーまたは場所の複数のカレンダーを横に並べて表示できます。
  • カレンダーのレイアウト密度とカラーセットを変更するには、設定アイコン 設定次へ [密度と色] の順にクリックします。
    密度は [画面に合わせて自動調整] または [最小] のどちらか、カラーセットは [モダン] または [クラシック] のどちらかをそれぞれ選択できます。

メモ: 複数の予定を横に並べて表示する設定は、[設定] ページでオフにできます。

他のカレンダーを表示する

画面左側に表示される他のカレンダーの表示と非表示を切り替えるには、メインメニューのアイコン メニュー をクリックします。 このサイドパネルでは、次の操作を行えます。

  • カレンダーの登録を解除する: 登録解除するカレンダーの名前にカーソルを合わせ、[「カレンダー名」の登録を解除] をクリックします 
  • カレンダーを非表示にする: 非表示にするカレンダーの名前にカーソルを合わせ 次へ その他アイコン その他 次へ [リストに表示しない] の順にクリックします

設定を 1 か所で管理

新しい設定ページを開くには、設定アイコン 設定、[設定] の順にクリックします。 

New settings page

  • カレンダーを共有する、または権限を変更する: [設定] ページの左側で、共有するカレンダーの名前をクリックし、共有設定を選択します。 
  • 削除した予定を 1 か所でまとめて表示する: 右上の設定アイコン 設定 次へ ゴミ箱アイコン 削除 の順にクリックします。 

新しいカレンダーを試してみる

  1. パソコンで Google カレンダーを開きます。
  2. 画面右上にある [新しいカレンダーを試してみる] をクリックします。
  3. 以前のカレンダーに戻すには、設定アイコン 設定 次へ [従来のカレンダー表示に戻す] の順にクリックするだけでいつでも戻せます。

: ご利用のアカウントがまだ新しいカレンダーに対応していない場合は、[新しいカレンダーを試してみる] ボタンは表示されません。 

このページを執筆した Google カレンダーのエキスパートに転送いたしますので、フィードバックをお寄せください。

この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。