予定に添付ファイルを追加する

ゲストが予定を開いたときに必要な情報をすぐに確認できるように、予定に関するドキュメントやスプレッドシートなどのファイルを予定に直接追加できます。

添付ファイルを追加する

Google ドライブからファイルを追加するか、パソコンからファイルをアップロードすることができます。

  1. パソコンで Google カレンダーを開きます。
  2. 予定を作成するか、既存の予定を開きます。
  3. 新しい予定を作成した場合は、[その他のオプション] をクリックします。
  4. 説明のボックスの一番下にある添付ファイル追加アイコン 添付 をクリックします。
  5. Google ドライブに保存されているファイルを選択します。パソコンからファイルを追加するには、[アップロード] をクリックします。
  6. [選択] または [アップロード] をクリックして確定します。

共有オプション

予定に招待したユーザーに添付ファイルへのアクセス権が付与されていない場合は、予定を保存するときに、次の共有オプションから選択するよう求められます。

  • リンクを知っている全員が閲覧、コメント、編集可能: リンクを知っているユーザーなら誰でもファイルにアクセスできます。ゲストもそのファイルを他のユーザーと共有することができ、その共有相手は Google アカウントがなくてもファイルを閲覧できます。
  • この予定のゲストが閲覧、コメント、編集可能: 予定のゲストとファイルが共有されます。ゲストがファイルを閲覧するには Google アカウントが必要になります。ゲストに「編集者」の権限を付与した場合に限り、ゲストもそのファイルを他のユーザーと共有できるようになります。
  • 共有せずに保存: ファイルのアクセス権を付与されていないゲストにはファイルのタイトルのみ表示され、ファイルを開くことはできません。

ヒント:

  • Google ドライブ アプリでファイルを開くと、その他の共有オプションも利用できます。
  • 予定に追加したファイルの名前は、招待済みのゲストと、予定の詳細にアクセスできるユーザー全員に表示されます。

添付ファイルを削除する

  1. パソコンで Google カレンダーを開きます。
  2. 予定を開きます。
  3. 説明のボックスで、削除する添付ファイルにカーソルを合わせます。
  4. 添付ファイル削除アイコン キャンセル をクリックします。
  5. 上部の [保存] をクリックします。

予定に会議メモを追加する

Google カレンダーの予定から会議メモを直接作成して共有できます。

重要: 予定に会議メモを追加するには、パソコンを使用する必要があります。

Google カレンダーから新しい予定に会議メモを追加する
  1. パソコンで Google カレンダーを開きます。
  2. 予定を作成します。
  3. 省略可: タイトル、日時、ゲストなどの詳細を入力します。
  4. [説明または添付ファイルを追加] 次に [会議メモを作成] 次に [保存] をクリックします。
    • 会議の詳細情報が事前入力された会議メモが予定に追加され、ゲスト(組織外のユーザーも含む)と共有されます。

Google カレンダーから既存の予定に添付ファイルや会議メモを追加する

重要: 既存の予定に会議メモを追加するには、その予定を変更する権限が必要です。

  1. パソコンで Google カレンダーを開きます。
  2. 次のどちらかを行います。
    • 目的の予定 次に [会議メモを使用] をクリックする。
      会議の詳細情報が事前入力された会議メモが予定に添付されます。
    • 目的の予定 次に メニュー アイコン 次に [ドキュメントを添付] をクリックする。
      選択した会議メモが予定に添付されます。
  3. 会議メモが新しいウィンドウで開きます。右側の [共有] をクリックします。

Google ドキュメントから予定に会議メモを追加する

  1. パソコンで、予定に追加する新規または既存の Google ドキュメントを開きます。
  2. ドキュメントで「@」と入力します。
  3. ポップアップ メニューで [会議メモ] をクリックします。
  4. 予定を検索します。
    1. ヒント: 「next」と入力すると、カレンダーの次の会議を選択できます。
  5. 予定を選択します。会議メモには会議の詳細情報が事前入力されますが、予定にメモが自動的に追加されることはありません
    • 会議の主催者が自分の場合: メモとして追加したドキュメントを共有して、予定に添付するように促すポップアップが表示されます。アクセスを許可するには、[共有して添付] をクリックします。
    • 会議の主催者が自分ではない場合: メモとして追加したドキュメントを共有するように促すポップアップが表示されます。アクセスを許可するには、[共有] をクリックします。ドキュメントが予定に自動的に添付されることはありません。

詳しくは、会議メモについての記事をご覧ください。

  • 予定に会議メモを追加した場合、変更内容は Google カレンダーに反映されません。その逆も同様です。次に例を示します。
    • 新しいゲストを追加してドキュメントの参加者リストを更新しても、新しいゲストは自動的に予定に招待されません。
    • ドキュメントのタイトルを変更しても、Google カレンダーのタイトルは変更されません。
    • Google カレンダーで予定を変更しても、会議メモは変更されません。
  • 次の場合、予定に会議メモを追加できません。
    • その予定を編集する権限がない。
    • 他のユーザーがすでに会議メモを添付している。

トラブルシューティング

ゲストが添付ファイルを検索する権限を持っていない
添付ファイルは Google ドライブに保管されているため、添付ファイルの閲覧権限がゲストに自動的に付与されることはありません。ゲストがファイルにアクセスできるようにするには、Google ドライブでファイルを共有してください。 
「添付ファイルの追加はドメイン管理者により無効にされています」エラー メッセージ
職場や学校、組織の設定でドライブの共有機能が無効になっている場合、「添付ファイルの追加はドメイン管理者により無効にされています」というエラー メッセージが表示されます。このメッセージが表示された場合は、管理者の方にお問い合わせください。
[添付ファイルを追加] アイコンが見当たらない

ご利用の Google ドライブと予定の作成に使用した Google アカウントがリンクしていないと、添付ファイル追加アイコン Google ドライブ は表示されません。

この問題を修正するには、次の点をご確認ください。

  • 添付するドキュメントが Google ドライブにアップロードされている
  • Google ドライブで使用しているアカウントと同じアカウントでログインしている
 

さらにサポートが必要な場合

次の手順をお試しください。

検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー