カレンダーをパソコン上のプログラムと同期する

Outlook などのパソコン上の他のアプリケーションを使用して Google カレンダーの予定を表示できます。

カレンダーを同期または表示する

Google カレンダーを他のカレンダー アプリケーションで表示する方法は 2 つあります。カレンダーを追加して表示できるほか、一部のアプリケーションでは予定を編集することもできます。

Google カレンダーを同期する(表示と編集)

一部のカレンダー アプリケーションでは、Google アカウントを使用してカレンダーを同期できます。つまり、Google カレンダーまたは他のアプリケーションのいずれかから予定を追加、編集できます。

  1. 他のカレンダー アプリケーションを開きます。
  2. 別のアカウントを追加する設定を見つけます。この設定は通常、[設定] または [基本設定] の項目に含まれています。
  3. Google アカウントでログインします。アカウントで 2 段階認証プロセスを使用している場合は、アプリ パスワードを入力する必要があります。
  4. Google アカウントを追加する手順を行います。
カレンダーを表示する(閲覧のみ)

お使いのカレンダー アプリケーションに完全な同期機能がない場合や、読み取り専用で表示したいカレンダーがある場合は、ICAL リンクを使用してカレンダーをそのアプリケーションと同期できます。

  1. パソコンで Google カレンダーを開きます。
  2. 右上の設定アイコン 設定 次に [設定] の順にクリックします。
  3. [カレンダー] タブを開きます。
  4. 使用するカレンダーの名前をクリックします。
  5. [非公開 URL] セクションで [ICAL] をクリックします。
  6. ウィンドウに表示された ICAL リンクをコピーするか、ICAL リンクをクリックして ICS ファイルとしてダウンロードします。
  7. 同期先のカレンダー アプリケーションの手順に沿って、リンクを貼り付けるか、ファイルをアップロードします。

注: 自分のカレンダーの非公開 URL は誰とも共有しないでください。自分のカレンダーの非公開 URL を誤って共有してしまった場合は、[リセット] をクリックして新しい非公開 URL を作成してください。

「非公開 URL」が表示されない

職場や学校などの組織の Google アカウントを使用している場合は、管理者がカレンダーの共有設定を変更している可能性があります。非公開 URL が表示されない場合は、管理者に問い合わせる方法についての記事をご覧ください。

カレンダーの URL について

非公開 URL

非公開 URL を使用すると、Outlook や Apple カレンダーなどの他のアプリケーションで自分のカレンダーを表示できるようになります。他のユーザーもあなたのカレンダーを閲覧できるようにする場合は、カレンダーを共有してください。

注: 非公開 URL は他のユーザーに教えないでください。自分の非公開 URL を誤って共有してしまった場合は、[リセット] をクリックしてその URL を無効にし、新しい非公開 URL を作成してください。

カレンダーの URL

カレンダーの URL は一般公開で共有できますが、その横にある [非公開 URL] は誰とも共有しないでください。詳しくは、カレンダーの URL についての記事をご覧ください。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。