カレンダーの削除と登録解除

不要になったカレンダーは、完全に削除したり、登録解除したりできます。後で必要になる可能性のあるカレンダーは、非表示にすることもできます。ここでは、不要になったカレンダーやあまり利用していないカレンダーを削除する方法をご紹介します。

カレンダーを削除する方法

カレンダーを非表示にする

この方法は、あまり利用していないカレンダーがある場合におすすめです。

パソコン

  1. パソコンで Google カレンダーを開きます。
  2. 左側にある [マイカレンダー] か [他のカレンダー] で、非表示にするカレンダーを見つけます。
  3. カレンダー名をクリックして、表示と非表示を切り替えます。

カレンダー アプリ

  1. Google カレンダー アプリ を開きます。
  2. 左上のメニュー をタップします。
  3. カレンダーのリストで、カレンダー名の横に表示されている色付きの正方形をタップします。

カレンダーが非表示になると、カレンダー名の横にある正方形が輪郭線 に変わります。

リストからカレンダーを削除する

リストから削除したカレンダーは、[マイカレンダー] や [他のカレンダー] に表示されなくなります。

カレンダーを削除する

  1. パソコンで Google カレンダーを開きます。
  2. 左側にある [マイカレンダー] または [他のカレンダー] から、非表示にするカレンダーを選択します。
  3. カレンダー名の横にある矢印をクリックします。
    カレンダー名にカーソルを合わせるとメニューの矢印が表示されます
  4. [リストにこのカレンダーを表示しない] を選択します。これで、カレンダーが Google カレンダーのリストに表示されなくなります。

削除したカレンダーを再表示する

  1. パソコンで Google カレンダーを開きます。
  2. 右上にある設定アイコン settings gear button > [設定] をクリックします。
  3. [カレンダー] タブをクリックします。
  4. リストに再表示するカレンダーの横にあるチェックボックスをオンにします。
カレンダーをリストから完全に削除する

カレンダーを登録解除すると、そのカレンダーは表示されなくなります。なお、他のユーザーが所有するカレンダーを登録解除した場合は、後でカレンダーを再共有することもできます。

カレンダーを登録解除する

  1. パソコンで Google カレンダーを開きます。
  2. 右上にある歯車アイコン settings gear button > [設定] をクリックします。
  3. ページ上部の [カレンダー] タブをクリックします。
  4. 登録解除するカレンダーを見つけ、右側にある [登録解除] をクリックします。これで、カレンダーや予定にアクセスできなくなります。
登録解除したカレンダーを元に戻す

他のユーザーがカレンダーを所有または共有している場合は、登録解除したカレンダーを元に戻すことができます。

他のユーザーが所有するカレンダー

登録解除したカレンダーを他のユーザーが所有している場合は、もう一度共有してもらうよう依頼します。カレンダーのオーナーは、既存のカレンダーの共有方法で再共有します。

自分で所有し、共有していないカレンダー

この場合、登録解除したカレンダーは元に戻せません。今後はリストからカレンダーを削除する方法(上記参照)を選んでください。

自分で所有し、他のユーザーと共有しているカレンダー

自分が所有していたカレンダーにアクセスできるユーザーがまだいる場合は、登録解除したカレンダーのアドレスをそのユーザーに見つけてもらいます。そのアドレスを使用して、カレンダーを自分のアカウントに再度追加できます。

まず、カレンダーにアクセスできるユーザーに、パソコンで Google カレンダーを開いて次の手順を行うよう依頼します。

  1. 右上にある設定アイコン settings gear button > [設定] をクリックします。
  2. ページ上部の [カレンダー] タブをクリックします。
  3. カレンダー名をクリックします。
  4. [カレンダーのアドレス] までスクロールし、[ICAL] ボタンをクリックします。
  5. リンクをコピーし、あなた宛てに送ります。

次に、自分のパソコンで Google カレンダーを開き、次の手順に従います。

  1. Google カレンダーの左側の [他のカレンダー] の横にある矢印 をクリックします。
  2. [URL で追加] をクリックします。
  3. 受け取ったカレンダーのアドレスのリンクを URL の欄に貼り付けます。
  4. [カレンダーを追加] をクリックします。追加したカレンダーは、Google カレンダーの左側の [マイカレンダー] か [他のカレンダー] に表示されます。
カレンダーを完全に削除する(元に戻せません)

カレンダーを完全に削除した場合

  • 削除したカレンダーに含まれる予定もすべて完全に削除されます。
  • 他のユーザーと共有しているカレンダーを削除すると、他のユーザーもカレンダーや予定にアクセスできなくなります。
  • 完全に削除できるのは、自分が所有するカレンダーだけです。他のユーザーが所有するカレンダーを登録解除することはできます(上記参照)。
  • 既定のメイン カレンダーは削除できませんが、メイン カレンダーの予定はすべて削除できます。

カレンダーを完全に削除する

  1. パソコンで Google カレンダーを開きます。
  2. 右上にある設定アイコン settings gear button > [設定] をクリックします。
  3. ページ上部の [カレンダー] タブをクリックします。
  4. カレンダー名をクリックします。
  5. ページの下部にある [このカレンダーを完全に削除] をクリックします。
メイン カレンダーの予定をすべて削除する

メイン カレンダーは削除できませんが、メイン カレンダーの予定はすべて削除できます。

  1. パソコンで Google カレンダーを開きます。
  2. 右上にある設定アイコン settings gear button > [設定] をクリックします。
  3. ページ上部の [カレンダー] タブをクリックします。
  4. リストの上部にあるメイン カレンダー名をクリックします(通常、自分の氏名)。
  5. ページの下部にある [このカレンダーの予定をすべて削除] をクリックします。

この方法で完全に削除した予定は復元できません。メイン カレンダーの予定を削除すると、Google カレンダーの機能を通常どおり使用できるようになるまでに数分かかる場合があります。

関連記事

page author courtney

このヘルプページを作成した検索のエキスパートに、ページに関するご意見をお送りください。

この記事は役に立ちましたか?