カレンダーの予定にゲストを招待する

招待する相手が Google カレンダーを使っていなくても、メールアドレスで予定に追加することができます。

予定にゲストを追加する

  1. iPhone または iPad で Google カレンダー アプリ カレンダー を開きます。
  2. ユーザーを追加する予定を開くか、新しく作成します。
  3. 編集アイコン 編集 をタップします。
  4. [ゲストを追加] をタップします。
  5. 招待するユーザーの名前またはメールアドレスを入力します。
  6. [完了] をタップします。
  7. [保存] をタップします。

予定を保存すると、ゲストに招待メールが送信されます。

ゲストを招待するその他の方法

Google カレンダーを使用していないユーザーを招待する

Google カレンダーを使用していないユーザーを予定に招待することができます。その場合は、上記の手順でメールアドレスを使用してそのユーザーを招待します。

Google グループを使用してゲストを招待する

ゲストを個別に招待する代わりに、Google グループを予定に招待することができます。その場合は、上記の手順でグループのメールアドレスを追加します。詳しくは、カレンダーの予定にグループを招待するをご覧ください。

予定の参加者を確認する

招待メールを受け取ったゲストは、メールに表示される [はい]、[いいえ]、[未定] のリンクを使って招待に返答することができます。

予定に返答したゲストを確認するには:

  1. Google カレンダー アプリ カレンダー を開きます。
  2. 予定を開きます。
  3. [ゲスト] 欄に参加者が表示されます。

予定の時間を探す

職場や学校、団体の Google アカウントをご利用の場合は、ゲストのスケジュールを表示して、全員にとって都合の良い時間を見つけることができます。

  1. Google カレンダー アプリ カレンダー を開きます。
  2. 予定を作成または編集します。
  3. ゲストを追加します。
  4. [時間を探す] をタップします。
  5. 時間の候補から選択します。

スケジュールを比較する: その他アイコン 展開 をタップし、時間を選択します。

予定の編集: 編集できるのは、自分が作成した予定と、主催者がゲストに編集権限を付与している予定に限られます。

予定の時間を絞り込む: [時間を探す] ページで [変更] をタップします。予定の長さや開催期間を変更することができます。

カレンダーの招待メールを転送する

重要: 招待状を転送すると、転送した相手が会議の最新の詳細情報を確認したり、あなたの出欠確認の返答を変更したりしてしまう可能性があります。

予定にゲストを追加する権限がある場合は、新しいゲストに招待メールを転送できます。招待に返答した新しいゲストは、ゲストリストに追加され、他のユーザーを招待することもできるようになります。

ゲストが他のユーザーを招待できないようにする場合は、予定を編集し、目的のゲストをタップして [ゲストに他のゲストの追加を許可する] をオフにします。

問題を解決する

招待できるゲスト数の制限

各予定に招待できるユーザーは最大 200 人です。

この制限を超えるユーザーを招待する場合は、Google グループを使って招待します。Google グループを使用すると、グループに含まれるユーザーを 10 万人まで招待することができます。詳しくは、カレンダーの予定にグループを招待するをご覧ください。

招待状が届かない

ゲストにあなたの予定の招待状が届かない場合は、次の解決方法を試してみてください。

  • 予定からそのゲストを一旦削除して、もう一度追加してみます。招待メールが再度送信されます。
  • ゲストにメールの迷惑メールフォルダを確認してもらいます。
  • ゲストに新しい予定に関する通知メールの機能をオフにしていないことを確認してもらいます。ゲストが Google カレンダーを使用している場合は、パソコンで通知メールを確認してもらってください。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。