他の人とカレンダーを共有する

カレンダーを家族や友だちと共有できます。たとえば、共有機能によって次の作業を行うことができます。

  • メインのカレンダーを他の人と共有して、スケジュールを確認できるようにする。
  • ハイキング グループのメンバー全員が予定を追加できる「ハイキング」カレンダーなど、複数の人が編集できるカレンダーを新しく作成する。

カレンダーに他のユーザーを追加する場合、予定の表示範囲や予定の変更権限(追加や編集など)を指定できます。

カレンダーを共有する

Google カレンダーでは、予定を追加するカレンダーを複数持つことができます。共有設定はカレンダーごとに変更できます。

既存のカレンダーを共有する

自分のアカウントのメインのカレンダーを共有することも、作成した別のカレンダーを共有することもできます。

: 共有設定を編集できるのはパソコンからのみです。モバイルアプリからは編集できません。

  1. パソコンで Google カレンダーを開きます。
  2. 左側に [マイカレンダー] があります。場合によっては、クリックして展開する必要があります。
  3. 共有するカレンダーの横にある矢印をクリックします。
    カレンダー名にカーソルを合わせるとメニューの矢印が表示されます
  4. [このカレンダーを共有] を選択します。
  5. [特定のユーザーと共有] で、カレンダーを共有する相手のメールアドレスを追加します。
  6. [権限の設定] では、メニューからオプションを選択します。各項目の詳細については、以下をご覧ください。
  7. [ユーザーを追加] をクリックします(まだ追加されていない場合)。
  8. [保存] をクリックします。

[保存] をクリックすると、カレンダーの共有相手に、カレンダーを表示するための招待メールが送信されます。相手がメール内のリンクをクリックすると、その人の [他のカレンダー] リストにあなたのカレンダーが追加されます。

共有するカレンダーを新しく作成する

新しいカレンダーを作成して、そのカレンダーを表示または編集するよう他の人を招待できます。予定の作成時に、その予定をどのカレンダーに追加するかを選択するオプションが表示されます。

: カレンダーを作成して、その共有設定を編集できるのは、パソコンからのみです。モバイルアプリからは操作できません。

  1. パソコンで Google カレンダーを開きます。
  2. 左側の [マイカレンダー] の横にある矢印 をクリックします。
  3. [新しいカレンダーを作成] を選択します。
  4. カレンダー名を入力します。
  5. [特定のユーザーと共有] で、カレンダーを共有する相手のメールアドレスを追加します。
  6. [権限の設定] では、メニューからオプションを選択します。各項目の詳細については、以下をご覧ください。
  7. [ユーザーを追加] をクリックします(まだ追加されていない場合)。
  8. [カレンダーを作成] をクリックします。

重要: 新しいカレンダーを Android 搭載のスマートフォンまたはタブレットに表示するには、そのカレンダーの同期をオンにする必要があります。

[カレンダーを作成] をクリックすると、カレンダーの共有相手に、カレンダーを表示するための招待メールが送信されます。相手がメール内のリンクをクリックすると、その人の [他のカレンダー] リストにあなたのカレンダーが追加されます。

グループと共有する

Google グループを使用する

多数の人とカレンダーを共有する必要がある場合は、Google グループを追加できます。グループのメンバーに変更が生じると、カレンダーの共有設定は自動的に調整されます。詳しくは、Google グループをご覧ください。

  1. 上記のいずれかのセクションの共有方法の手順を行います。
  2. ユーザー個人のメールアドレスを追加する代わりに、Google グループのメールアドレスを入力します。

個人を追加する

個人のメールアドレスを追加して、カレンダーを共有することもできます。

  1. 共有方法に関する上記のセクションのいずれかに従って操作します。
  2. 各ユーザーのメールアドレスを追加します。
Google カレンダーを使用していないユーザーと共有する

カレンダーを一般公開すると、Google カレンダーを使用していないユーザーもあなたのカレンダーを見られるようになります。なお、カレンダーを一般公開すると、一般公開されている検索結果に作成した予定が表示されるようになり、誰でもあなたのカレンダーを見られるようになります。詳しくは、カレンダーを一般公開するをご覧ください。

他のユーザーの閲覧権限を管理する

権限の設定

カレンダーを他のユーザーと共有する場合(上記手順を参照)、予定の表示範囲や予定の変更権限(追加や編集など)を指定できます。

それぞれの共有オプションの権限は次のとおりです。

変更および共有の管理権限

カレンダーの共有設定の変更、予定の追加と編集、限定公開を含むすべての予定の詳細閲覧、タイムゾーン設定の閲覧ができます。

予定の変更権限

カレンダーの予定の追加と編集、限定公開を含むすべての予定の詳細閲覧、タイムゾーン設定の閲覧ができます。

閲覧権限(すべての予定の詳細)

カレンダーの、限定公開を含むすべての予定の詳細閲覧、タイムゾーン設定の閲覧ができます。

予定の時間枠のみを表示(詳細は非表示)

カレンダーで予定が追加されている時間と空いている時間を表示することはできますが、予定の名前や詳細を表示することはできません。

: 公開設定が [自分のみ] になっている Gmail からの予定は、「予定の変更」権限が付与されているカレンダーの共有相手にも表示されません。ただし、その予定の共有設定または Gmail からの予定の既定設定を変更した場合を除きます。

予定ごとに公開設定を変更する

予定の共有設定は、自動的にカレンダーの設定と同じになります。公開設定は予定ごとに編集できますが、その設定の仕組みは、カレンダーの共有方法によって異なります。

詳しくは、予定ごとの公開設定の変更をご覧ください。

カレンダーの共有を停止する

共有設定からユーザーを削除する、または一般公開を停止する
  1. パソコンで Google カレンダーを開きます。
  2. 左側に [マイカレンダー] があります。必要に応じて、クリックして展開してください。
  3. 共有を停止するカレンダーの横にある矢印をクリックします。
    カレンダー名にカーソルを合わせるとメニューの矢印が表示されます
  4. [このカレンダーを共有] を選択します。
  5. 一般公開を停止するには、[このカレンダーを一般公開する] チェックボックスをオフにします。
  6. 特定のユーザーとの共有を停止するには、削除するユーザーの右側にあるゴミ箱アイコン をクリックします。

複数のカレンダーを共有している場合は、共有を停止するカレンダーごとにこの操作を行います。

トラブルシューティング

共有相手がカレンダーを表示できない場合は、次の手順をお試しください。

  1. 追加したメールアドレスが正しいことを確認します。
  2. カレンダーの共有設定からそのユーザーを一旦削除し、追加し直します。上記の手順を参照してください。
  3. 招待メールの受信者が、メール内のリンクをクリックしたことを確認します。メールが見当たらない場合は、[迷惑メール] フォルダに配信されている場合があります。

関連記事

page author courtney

このヘルプページを作成した検索のエキスパートに、ページに関するご意見をお送りください。

この記事は役に立ちましたか?