他のユーザーとカレンダーを共有する

重要: カレンダーを共有して、共有相手に付与する権限を選択する場合は、慎重に行ってください。あなたのカレンダーの完全なアクセス権限を付与されたユーザーは、誰でも次の操作を行えるようになります。

  • 招待に返信する
  • 予定を作成、編集する
  • カレンダーを他のユーザーと共有する
  • カレンダーに変更が加えられると通知メールを受け取る
  • カレンダーを削除する

ヒント: 職場または学校が管理するアカウントを使用している場合、アカウントの管理者の方が、組織外のユーザーと共有する機能を制限または無効にしている可能性があります。詳しくは、管理者の方にお問い合わせください

カレンダーを共有する

作成したカレンダーを共有したり、カレンダーごとに異なるアクセス権を設定したりできます。新しいカレンダーを作成するをご覧ください。

特定のユーザーとカレンダーを共有する

  1. パソコンで Google カレンダーを開きます。Google カレンダー アプリでカレンダーを共有することはできません。
  2. 画面左側に [マイカレンダー] セクションが表示されます。展開するには、下矢印 下矢印 をクリックします。
  3. 共有するカレンダーにカーソルを合わせ、その他アイコン その他 次に [設定と共有] をクリックします。
  4. [特定のユーザーとの共有] セクションで、[ユーザーを追加] をクリックします。
  5. ユーザーまたは Google グループのメールアドレスを追加します。プルダウン メニューを使用して権限設定を変更します。詳しくは、アクセス権限についての記事をご覧ください。
  6. [送信] をクリックします。
  7. メールで送信したリンクを相手がクリックすると、このカレンダーが相手のカレンダー リストに表示されるようになります。詳しくは、他のユーザーの Google カレンダーを追加するをご覧ください。

ヒント: 自分がオーナーではないカレンダーを共有するには、そのカレンダーのオーナーに「変更および共有の管理権限」を付与してもらう必要があります。

個人またはグループとカレンダーを共有する手順についての記事をご覧ください

カレンダーを一般公開で共有する

  1. パソコンで Google カレンダーを開きます。Google カレンダー アプリでカレンダーを共有することはできません。
  2. 画面左側に [マイカレンダー] セクションが表示されます。展開するには、下矢印 下矢印 をクリックします。
  3. 共有するカレンダーにカーソルを合わせ、その他アイコン その他 次に [設定と共有] をクリックします。
  4. [アクセス権限] セクションで、[一般公開して誰でも利用できるようにする] を選択します。
  5. [一般公開して誰でも利用できるようにする] の横にあるプルダウン メニューで、付与するアクセスレベルを選択します。詳しくは、アクセス権限についての記事をご覧ください。

ヒント: Google カレンダーを使用していないユーザーもあなたのカレンダーを表示できるようにするには、カレンダーを一般公開する必要があります。詳しくは、カレンダーを一般公開するをご覧ください。

カレンダーを組織のすべてのユーザーと共有する

職場や学校などの組織のアカウントで Google カレンダーをご利用の場合、カレンダーを組織のすべてのユーザーと共有する設定項目が [アクセス権限] セクションに表示されます。詳しくは、アクセス権限についての記事をご覧ください。

この設定をオンにした場合

  • 組織内のユーザーは、あなたのカレンダーを表示できます。
  • 組織外のユーザーは、あなたのカレンダーを表示できません。
  • 組織外のユーザーを会議に招待した場合、そのユーザーは会議に関する情報を表示できます。

カレンダーと個々の予定へのアクセスを管理する

共有カレンダーの権限の設定

カレンダーを他のユーザーと共有する際に、そのユーザーに許可する予定の表示範囲を選択できるほか、予定の変更権限(追加や編集などを行う権限)を付与するかどうかも指定できます。

アクセス権限

共有相手ができること

予定の表示(時間枠のみ、詳細は非表示)

  • カレンダーで予定が追加されている時間と空いている時間を確認することはできますが、予定の名前や詳細を表示することはできません。

予定の表示(すべての予定の詳細)

  • 限定公開以外のすべての予定の詳細を表示できます。
  • カレンダーのタイムゾーン設定を表示できます。
  • 予定の作成時、変更時、キャンセル時や、出欠確認への返答を受け取ったときと予定の開始日時が迫っているときにメール通知アラートを受け取れます。

予定の変更

  • 限定公開の予定を含むすべての予定の詳細を表示できます。
  • 予定を追加、編集できます。
  • カレンダーの [ゴミ箱] から予定を復元または完全に削除できます。
  • カレンダーのタイムゾーン設定を表示できます。
  • 予定の作成時、変更時、キャンセル時や、出欠確認への返答を受け取ったときと予定の開始日時が迫っているときにメール通知アラートを受け取れます。

変更および共有の管理権限

  • 限定公開の予定を含むすべての予定の詳細を表示できます。
  • 予定を追加、編集できます。
  • カレンダーの [ゴミ箱] から予定を復元または完全に削除できます。
  • カレンダーのタイムゾーン設定を表示できます。
  • 共有設定を変更できます。
  • 予定の作成時、変更時、キャンセル時や、出欠確認への返答を受け取ったときと予定の開始日時が迫っているときにメール通知アラートを受け取れます。
  • カレンダーを完全に削除できます。

ヒント

  • 職場または学校が管理するアカウントを使用している場合、アカウントの管理者の方が、権限の設定を制限または無効にしている可能性があります。詳しくは、管理者の方にお問い合わせください
  • 公開設定が [自分のみ] になっている Gmail からの予定は、「予定の変更」権限が付与されているカレンダーの共有相手にも表示されません。ただし、その予定の共有設定または Gmail からの予定のデフォルト設定を変更した場合を除きます。詳しくは、Gmail からの予定をご覧ください。

「アクセス権限」設定と「特定のユーザーと共有」設定の適用ルール

共有カレンダーの設定では、全般的な「アクセス権限」と「特定のユーザーと共有」の権限を設定できます。両方を設定した場合、特定のユーザーには、より広範な権限が適用されます。

たとえば、カレンダーを一般公開して [予定の表示(すべての予定の詳細)] を有効にした場合、次にそのカレンダーを特定のユーザーと共有して [予定の表示(時間枠のみ、詳細は非表示)] を選択しても、そのユーザーは予定のすべての詳細を表示できるようになります。

予定ごとに公開設定を変更する

予定には、カレンダーと同じアクセス権限が自動的に付与されます。ただし、公開設定は予定ごとに編集できます。詳しくは、予定のプライバシー設定を変更するをご覧ください。

カレンダーの共有をオフにする

一般公開によるカレンダーの共有、および組織や特定のユーザーとのカレンダーの共有を停止する

  1. パソコンで Google カレンダーを開きます。
  2. ページ左側に [マイカレンダー] セクションが表示されます。展開する場合は、下矢印 下矢印 をクリックします。
  3. 共有を停止するカレンダーにカーソルを合わせ、その他アイコン その他 次に [設定と共有] をクリックします。
    • 一般公開による共有を停止するには: [アクセス権限] セクションで [一般公開して誰でも利用できるようにする] をオフにします。
    • 組織との共有を停止するには: [アクセス権限] セクションで、[<組織名> で利用できるようにする] をオフにします。
    • 特定のユーザーとの共有を停止するには: [特定のユーザーとの共有] セクションで、目的のユーザーの名前の横にある削除アイコン 削除 をクリックします。

ヒント: 複数のカレンダーを共有している場合は、共有を停止するカレンダーごとに上記の手順を繰り返します。

共有に関する問題を解決する

カレンダーの共有相手があなたのカレンダーを見つけられない場合

  1. 追加したメールアドレスが正しいことを確認します。
  2. 共有相手が招待メールのリンクをクリックしたことを確認します。メールが見当たらない場合は、[迷惑メール] フォルダに配信されている可能性があります。
  3. カレンダーの共有設定からそのユーザーを一旦削除し、再度追加します。
  4. ご利用のアカウントが、職場または学校によって管理されているかどうかを確認します。職場または学校によって管理されている場合、アカウントの管理者の方が、組織外のユーザーと共有する機能を制限または無効にしている可能性があります。管理者を確認する方法をご覧ください。

関連資料

 

Important: Use caution if you share your calendar. Anyone with full permission will be able to respond to invitations, create and edit events, and share your calendar with others.

You can share your calendar with family, friends, and co-workers.

  • Share your main calendar with someone so they can find your schedule.
  • Create a calendar that multiple people can edit, like a family calendar.
  • Add someone, like an administrative assistant, as a delegate of your calendar to schedule and edit events for you.

Tip: When you create an event with a Google Meet link on someone else’s calendar, the video conferencing policies applicable to that event are also impacted. Learn how transferred Google Calendar event settings apply.

Share your calendar

In Google Calendar, you can have multiple calendars that you add events to. Each calendar can have different sharing settings.

Share an existing Calendar

You can share the main calendar for your account, or another calendar you created. Learn how to create a new calendar.

Tips:

  • If you’d like to share a calendar that you don’t own, you’ll need to ask the owner to turn on the Make changes and manage sharing permission. 
  • If your account is managed through work or school, you might not have access to all of the permissions options. To learn more, contact your admin.
  1. On your computer, open Google Calendar. You can’t share calendars from the Google Calendar app. 
  2. On the left, find the “My calendars" section. You might need to click it to expand it. 
  3. Hover over the calendar you want to share, click More その他 次に Settings and sharing.
    • To broadly share it: Under “Access permissions,” check the boxes of the ways you want to share and choose your options in the drop-down menu. Learn more about these options below.
    • To share with individuals: Under “Share with specific people," click Add people.
  4. Add the person or Google group email address. Use the dropdown menu to adjust their permission settings.
  5. Click Send.
  6. The recipient will need to click the emailed link to add the calendar to their list.

If you share your calendar with a group, it isn’t automatically added to their “Other calendars” list. The calendar sharing settings will automatically adjust to any changes in the group’s membership over time. Learn more about Google Groups.

Delegate your calendar

You can give others full permission to administer your calendar. We don’t recommend that you give full permission to many people or groups.

  1. On your computer, open Google Calendar.
  2. On the left, find the “My calendars” section. You might need to click it to expand it.
  3. Point to the calendar you want to share.
  4. Click More その他 次に Settings and sharing.
  5. Under “Share with specific people,” click Add people.
  6. Enter your new delegate’s email address.
  7. Under “Permissions,” click Make changes and manage sharing.
  8. Click Send.

Tip: Your delegate  must click the emailed link to add your calendar to their list. If they create an event on your calendar, the invitation will come from you. Learn more about permission settings. 

Share with people who don’t have Google Calendar

The only way to let people who don’t have Google Calendar view your calendar is to make it public. Learn more about sharing publicly

Share a calendar with someone in your organization

If you use Google Calendar through your work, school, or other organization, you’ll find the option under “Access permissions” to make your calendar available for everyone in your organization. 

How this setting works

  • People in your organization can find your calendar.
  • People outside your organization won’t be able to find your calendar.
  • If you invite someone outside your organization to a meeting, they can find information about the meeting.

Options

  • Find all event details: People in your organization can find the details of your calendar events unless you mark them as private.
  • Find only free/busy (hide details): People in your organization can find when your time is booked or free, but they can’t find names or details of your events. Unshare your calendar

 Unshare your calendar

Remove people from sharing settings, or stop sharing publicly

  1. On your computer, open Google Calendar.
  2. On the left, find the “My calendars” section. You might need to click it to expand it. 
  3. Point to the calendar you want to unshare, click More その他 次に Settings and sharing.
  4. Under “Access permissions,” turn off Make available to public.
    • To stop sharing with specific people: Under “Share with specific people,” next to the person you want to remove, click Remove 削除.

If you share multiple calendars, repeat these steps for any other calendars that you want to stop sharing.

Stop sharing availability info with other apps

If your calendar is visible to others, and someone tries to contact you while you’re unavailable, they’ll receive a notice in other Google Workspace apps. To remove this notice:

  1. On your computer, open Google Calendar.
  2. On the left, Find the “My calendars” section. You might need to click it to expand the section. 
  3. Point to the calendar you want to unshare, click More その他 次に Settings and sharing.
  4. Under “Access permissions,” turn off Show calendar info in other Google apps, limited by access permissions.

 Control what others can find

Permission settings

Tip: If you use Google Calendar through your work, school, or other organization, you might not find all these sharing options if your admin turned them off. 

When you share your calendar with someone, you can decide how they find your events and whether they can also make changes like adding or editing events.

Here’s what people can do with each sharing option:

Make changes & manage sharing

  • Change sharing settings
  • Add and edit events
  • Find details for all events, including private ones
  • Find the time zone setting for the calendar
  • Permanently delete the calendar 
  • Restore or permanently delete events from the calendar’s Trash
  • Subscribe to email alerts when events are created, changed, cancelled, RSVPed to, or coming up

Make changes to events

  • Add and edit events
  • Find details for all events, including private ones
  • Find the time zone setting for the calendar
  • Restore or permanently delete events from the calendar’s Trash
  • Subscribe to email alerts when events are created, changed, cancelled, RSVPed to, or coming up

Find all event details

  • Find details for all events except those marked as private
  • Find the time zone setting for the calendar
  • Subscribe to email alerts when events are created, changed, cancelled, RSVPed to, or coming up

Find only free/busy (hide details)

Check when your calendar is booked and when it has free time, but not the names or other details of your events.

Tip: Events from Gmail that have the “Only me” visibility setting aren’t visible to anyone you’ve shared your calendar with, even people with “Make changes” access, unless you change the sharing settings for the event or the default setting for events from Gmail.

Change visibility settings for an individual event

Your events automatically have the same sharing settings as your calendar. You can edit the visibility setting for each event, but how visibility settings work depends on how your calendar is shared.

Learn more about changing the visibility setting for an individual event.

Troubleshooting

If the other person is having trouble finding your calendar, try these steps:

  1. Make sure you added the correct email address.
  2. Remove the person from the calendar’s sharing settings and then add them back. Find the directions above.
  3. Make sure they click the link in the email they received. They should check their Spam folder if they can’t find it.

Related articles

 

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。