他のユーザーとカレンダーを共有する

重要: カレンダーを共有して、共有相手に付与する権限を選択する場合は、慎重に行ってください。あなたのカレンダーの完全なアクセス権限を付与されたユーザーは、誰でも次の操作を行えるようになります。

  • 招待に返信する
  • 予定を作成、編集する
  • カレンダーを他のユーザーと共有する
  • カレンダーに変更が加えられると通知メールを受け取る
  • カレンダーを削除する

ヒント: 職場または学校が管理するアカウントを使用している場合、アカウントの管理者の方が、組織外のユーザーと共有する機能を制限または無効にしている可能性があります。詳しくは、管理者の方にお問い合わせください

カレンダーを共有する

作成したカレンダーを共有したり、カレンダーごとに異なるアクセス権を設定したりできます。新しいカレンダーを作成するをご覧ください。

特定のユーザーとカレンダーを共有する

  1. パソコンで Google カレンダーを開きます。Google カレンダー アプリでカレンダーを共有することはできません。
  2. 画面左側に [マイカレンダー] セクションが表示されます。展開するには、下矢印 下矢印 をクリックします。
  3. 共有するカレンダーにカーソルを合わせ、その他アイコン その他 次に [設定と共有] をクリックします。
  4. [特定のユーザーとの共有] セクションで、[ユーザーを追加] をクリックします。
  5. ユーザーまたは Google グループのメールアドレスを追加します。プルダウン メニューを使用して権限設定を変更します。詳しくは、アクセス権限についての記事をご覧ください。
  6. [送信] をクリックします。
  7. メールで送信したリンクを相手がクリックすると、このカレンダーが相手のカレンダー リストに表示されるようになります。詳しくは、他のユーザーの Google カレンダーを追加するをご覧ください。

ヒント: 自分がオーナーではないカレンダーを共有するには、そのカレンダーのオーナーに「変更および共有の管理権限」を付与してもらう必要があります。

カレンダーを一般公開で共有する

  1. パソコンで Google カレンダーを開きます。Google カレンダー アプリでカレンダーを共有することはできません。
  2. 画面左側に [マイカレンダー] セクションが表示されます。展開するには、下矢印 下矢印 をクリックします。
  3. 共有するカレンダーにカーソルを合わせ、その他アイコン その他 次に [設定と共有] をクリックします。
  4. [アクセス権限] セクションで、[一般公開して誰でも利用できるようにする] を選択します。
  5. [一般公開して誰でも利用できるようにする] の横にあるプルダウン メニューで、付与するアクセスレベルを選択します。詳しくは、アクセス権限についての記事をご覧ください。

ヒント: Google カレンダーを使用していないユーザーもあなたのカレンダーを表示できるようにするには、カレンダーを一般公開する必要があります。詳しくは、カレンダーを一般公開するをご覧ください。

カレンダーを組織のすべてのユーザーと共有する

職場や学校などの組織のアカウントで Google カレンダーをご利用の場合、カレンダーを組織のすべてのユーザーと共有する設定項目が [アクセス権限] セクションに表示されます。詳しくは、アクセス権限についての記事をご覧ください。

この設定をオンにした場合

  • 組織内のユーザーは、あなたのカレンダーを表示できます。
  • 組織外のユーザーは、あなたのカレンダーを表示できません。
  • 組織外のユーザーを会議に招待した場合、そのユーザーは会議に関する情報を表示できます。

カレンダーと個々の予定へのアクセスを管理する

共有カレンダーの権限の設定

カレンダーを他のユーザーと共有する際に、そのユーザーに許可する予定の表示範囲を選択できるほか、予定の変更権限(追加や編集などを行う権限)を付与するかどうかも指定できます。

アクセス権限

共有相手ができること

予定の表示(時間枠のみ、詳細は非表示)

  • カレンダーで予定が追加されている時間と空いている時間を確認することはできますが、予定の名前や詳細を表示することはできません。

予定の表示(すべての予定の詳細)

  • 限定公開以外のすべての予定の詳細を表示できます。
  • カレンダーのタイムゾーン設定を表示できます。
  • 予定の作成時、変更時、キャンセル時や、出欠確認への返答を受け取ったときと予定の開始日時が迫っているときにメール通知アラートを受け取れます。

予定の変更

  • 限定公開の予定を含むすべての予定の詳細を表示できます。
  • 予定を追加、編集できます。
  • カレンダーの [ゴミ箱] から予定を復元または完全に削除できます。
  • カレンダーのタイムゾーン設定を表示できます。
  • 予定の作成時、変更時、キャンセル時や、出欠確認への返答を受け取ったときと予定の開始日時が迫っているときにメール通知アラートを受け取れます。

変更および共有の管理権限

  • 限定公開の予定を含むすべての予定の詳細を表示できます。
  • 予定を追加、編集できます。
  • カレンダーの [ゴミ箱] から予定を復元または完全に削除できます。
  • カレンダーのタイムゾーン設定を表示できます。
  • 共有設定を変更できます。
  • 予定の作成時、変更時、キャンセル時や、出欠確認への返答を受け取ったときと予定の開始日時が迫っているときにメール通知アラートを受け取れます。
  • カレンダーを完全に削除できます。

ヒント

  • 職場または学校が管理するアカウントを使用している場合、アカウントの管理者の方が、権限の設定を制限または無効にしている可能性があります。詳しくは、管理者の方にお問い合わせください
  • 公開設定が [自分のみ] になっている Gmail からの予定は、「予定の変更」権限が付与されているカレンダーの共有相手にも表示されません。ただし、その予定の共有設定または Gmail からの予定のデフォルト設定を変更した場合を除きます。詳しくは、Gmail からの予定をご覧ください。

「アクセス権限」設定と「特定のユーザーと共有」設定の適用ルール

共有カレンダーの設定では、全般的な「アクセス権限」と「特定のユーザーと共有」の権限を設定できます。両方を設定した場合、特定のユーザーには、より広範な権限が適用されます。

たとえば、カレンダーを一般公開して [予定の表示(すべての予定の詳細)] を有効にした場合、次にそのカレンダーを特定のユーザーと共有して [予定の表示(時間枠のみ、詳細は非表示)] を選択しても、そのユーザーは予定のすべての詳細を表示できるようになります。

予定ごとに公開設定を変更する

予定には、カレンダーと同じアクセス権限が自動的に付与されます。ただし、公開設定は予定ごとに編集できます。詳しくは、予定のプライバシー設定を変更するをご覧ください。

カレンダーの共有をオフにする

一般公開によるカレンダーの共有、および組織や特定のユーザーとのカレンダーの共有を停止する

  1. パソコンで Google カレンダーを開きます。
  2. ページ左側に [マイカレンダー] セクションが表示されます。展開する場合は、下矢印 下矢印 をクリックします。
  3. 共有を停止するカレンダーにカーソルを合わせ、その他アイコン その他 次に [設定と共有] をクリックします。
    • 一般公開による共有を停止するには: [アクセス権限] セクションで [一般公開して誰でも利用できるようにする] をオフにします。
    • 組織との共有を停止するには: [アクセス権限] セクションで、[<組織名> で利用できるようにする] をオフにします。
    • 特定のユーザーとの共有を停止するには: [特定のユーザーとの共有] セクションで、目的のユーザーの名前の横にある削除アイコン 削除 をクリックします。

ヒント: 複数のカレンダーを共有している場合は、共有を停止するカレンダーごとに上記の手順を繰り返します。

共有に関する問題を解決する

カレンダーの共有相手があなたのカレンダーを見つけられない場合

  1. 追加したメールアドレスが正しいことを確認します。
  2. 共有相手が招待メールのリンクをクリックしたことを確認します。メールが見当たらない場合は、[迷惑メール] フォルダに配信されている可能性があります。
  3. カレンダーの共有設定からそのユーザーを一旦削除し、再度追加します。
  4. ご利用のアカウントが、職場または学校によって管理されているかどうかを確認します。職場または学校によって管理されている場合、アカウントの管理者の方が、組織外のユーザーと共有する機能を制限または無効にしている可能性があります。管理者を確認する方法をご覧ください。

関連資料

 

 

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
false
検索
検索をクリア
検索終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
true
88
false