さまざまなタイムゾーンでの Google カレンダーの使用

タイムゾーンを変更して、特定のタイムゾーンで予定を作成することができます。旅行と予定の期間が重なっている場合や、タイムゾーンが異なる相手との予定を作成する場合などに便利です。

タイムゾーンを変更して、特定のタイムゾーンで予定を作成することができます。なお、どのタイムゾーンで予定を作成しても、他のユーザーには各自のタイムゾーンでその予定が表示されます。このため、旅行の予定や、時差のある国にいるユーザーが参加する予定を作成する際にもタイムゾーンを気にする必要がありません。

タイムゾーンを変更する

旅行や出張など、普段とはちがうタイムゾーンの地域へ移動する場合、カレンダーを現地時間で表示することができます。

: 予定の主催者ではない場合、カレンダーのタイムゾーンを変更することはできません。

すべてのカレンダーのタイムゾーンを変更する

  1. パソコンで Google カレンダーを開きます。
  2. 右上の設定アイコン 設定 次へ [設定] の順にクリックします。
  3. [タイムゾーン] セクションで [メインのタイムゾーン 下矢印] をクリックし 次へ タイムゾーンを選択します。

カレンダーごとにタイムゾーンを変更する

  1. パソコンで Google カレンダーを開きます。
  2. 左側のメニューの [マイカレンダー] をクリックします。
  3. タイムゾーンを変更するカレンダーにカーソルを合わせ、その他アイコン その他 次へ [設定と共有] の順にクリックします。
  4. [カレンダーの設定] セクションで [タイムゾーン 下矢印] をクリックし 次へ タイムゾーンを選択します。

他のタイムゾーンを使用する

他のタイムゾーンを表示する

  1. パソコンで Google カレンダーを開きます。
  2. 右上の設定アイコン 設定 次へ [設定] の順にクリックします。
  3. [タイムゾーン] セクションで [セカンダリ タイムゾーンを表示する] をオンにします。
  4. [セカンダリ タイムゾーン 下矢印] をクリックし 次へ タイムゾーンを選択します。

異なるタイムゾーンで予定を作成する

  1. パソコンで Google カレンダーを開きます。
  2. 右下の作成アイコン 追加 をクリックします。
  3. 予定の日時の横の [タイムゾーン] をクリックし 次へ タイムゾーンを選択します。
  4. 予定の詳細情報を入力します。
  5. [保存] をクリックします。

予定のタイムゾーンを変更する

  1. パソコンで Google カレンダーを開きます。
  2. タイムゾーンを変更する予定 次へ 編集アイコン 編集 の順にクリックします。
  3. 予定の日時の横の [タイムゾーン] をクリックし 次へ タイムゾーンを選択します。
  4. [保存] をクリックします。 

世界時計をオンにする

  1. パソコンで Google カレンダーを開きます。
  2. 右上の設定アイコン 設定 次へ [設定] の順にクリックします。
  3. [世界時計] セクションで [世界時計を表示する] をクリックします。
  4. [タイムゾーンを追加] をクリックし 次へ 表示させるタイムゾーンを選択します。 

 

夏時間

Google カレンダーでは、夏時間による問題を回避するため、協定世界時(UTC)を採用しています。

作成した予定は UTC に変換されますが、常にそのユーザーの現地時刻で表示されます。

地域のタイムゾーンが切り替えられた場合、変更が反映される前に作成された予定は誤ったタイムゾーンで表示されることがあります。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。